ハロウィン特集 やらずにはいられない

ハロウィン特集 やらずにはいられない
ハロウィン特集 やらずにはいられない
ハロウィン特集 やらずにはいられない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

イントロダクション

放送予定

番組表
  • 10月31日(木) 11:00~

イントロダクション

  • もうこの季節「ハロウィン」と聞いたら、編成せずにはいられないホラー特集。他のチャンネルさんがバタバタと特集を諦めている中、FOXムービーだけはやり続けます!

    やっぱりハロウィンは、仮装じゃなくて、ホラー映画特集!
  • ミミック

    未知の生命体“ミミック”の敵…、それは人類。遺伝子組み替えやクローン羊など、神の領域を侵し始めた現代科学。その警告とも取れる恐怖に満ちた近未来SFスリラー。

    近未来のニューヨーク。子供たちの命を奪う伝染病が蔓延。美貌の女性科学者スーザンは遺伝子の組み換えにより<ユダの血統>という新しい生物を創り上げる。<ユダの血統>は伝染病のウィルスの媒介となる虫たちを死に至らしめ、全ては成功したかのように見えた。だが遺伝子操作によって生み出された<ユダの血統>はいつしか独自の進化を開始、敵である人間に擬態する未知なる生命体"ミミック"へと変化し人類に牙を剥き始めた…。
    【放送日時】10月31日(木)16:50
  • ザ・ボーイ~人形少年の館~

    ルールを破ったベビーシッターに襲い掛るまさかの恐怖とは!?人形がもたらす恐怖を描いたホラーサスペンス。

    過去と決別のために新天地に来たグレタは、老夫婦と暮らす8歳の男の子のベビーシッターとして仕事に就いた。しかし、その少年は人間サイズの人形だった…。冗談かと思い笑うグレタを前に、老夫婦はその人形を「ブラームス」と呼び人間として溺愛し、グレタを驚愕させる。 さらにその人形を世話するときの「必ず守らなくてはいけない」10のルールを知らされ、グレタは衝撃を受ける。やがて老夫婦が旅行に出かけ不在になった屋敷でグレタがルールを無視し始めた時から人形に奇妙な現象がおき始める。それは想像を絶する惨劇の始まりだった…。
    【放送日時】10月31日(木) 11:00
  • BATS 蝙蝠地獄

    闇が訪れ、地獄が始まる。CGを駆使したSFXパニック・ホラー。

    アメリカの片田舎の町で発見された若いカップルの惨殺死体。検死の結果、発見されたのはコウモリの爪痕だった。決して人を襲うはずのないコウモリが、何者かの手により人工知能が植え付けられ殺人兵器に変えられていたのだ。闇の訪れとともに増殖してゆく殺人コウモリ。平和だった町は何万匹もの黒い翼に覆い尽くされ、人々は次々と殺されていった…。
    【放送日時】10月31日(木) 13:00
  • キャビン ※R-15

    あなたの想像力なんて、たかが知れている―。

    夏休みに山奥へとバカンスへ出かけた大学生5人。 古ぼけた山小屋の地下で見つけた謎の日記を読んだ時、何者かが目覚め、一人、また一人と殺されていく。 しかし、そこには彼らが「定番のシナリオ通り」死んでいくよう、すべてをコントロールしている謎の組織があった。 その組織の目的は?若者たちの命は?その先には、世界を揺るがす秘密が隠されていた―。
    【放送日時】10月31日(木) 14:55
  • THAT/ザット

    招待状が届いたら、“それ”じゃなくて、“あれ”が来る…。呪われたアプリの恐怖、トラウマ必至のショッキング・ホラー。

    親友のニッキが原因不明の突然死を遂げた。アリスはニッキの恋人コーディや同級生たちと悲しみに暮れていた。ニッキは死ぬ数日前から様子がおかしかったという…。アリスたちは高校卒業を間近に控え、それぞれの進路に向かい日々を過ごす中、死んだはずのニッキの携帯から皆にアプリの招待状が届く。そのナビAIアプリ「ビー・デビル」は、アリスたちの哀しい心の隙間を埋めてくれた。しかし、アプリは次第に暴走しはじめ、それと同時にアリスたちの前に得体の知れない何者かが現れるようになる。一人、また一人と消えていく同級生たち。アリスはコーディと共に、ニッキにアプリを招待した者を探すが…。
    【放送日時】10月31日(木) 18:55
  • ポルターガイスト

    驚異的な不気味さ、まるで楽しくて仕方ない悪夢のようだ―。スティーヴン・スピルバーグ製作、トビー・フーパー監督によるホラー・シリーズ第1弾。

    フリーリング一家は、平凡な中流家庭。ある夜、末娘のキャロル・アンが放送終了後のテレビ画面に話しかけ始める。この日を境に、一家の生活は徐々に恐怖に変わっていく。長男は動き出した庭木に襲われ、末娘はテレビの向こうの超常世界に引き込まれてしまい…。
    【放送日時】10月31日(木) 20:55
  • バタリアン

    怖いもの知らずのあなたへ…。日本で社会現象を巻き起こした80年代を代表するオカルト・ゾンビ傑作。

    1969年、軍人病院の薬品事故が原因で、こともあろうに死体が次々に蘇生。そのゾンビはケンタッキー州のとある医療品倉庫に長年ミイラ状態で極秘保管されていた。しかしある日、そこで働くフランクとバイトのフレディが恐る恐る中を覗いてその箱を叩いてみると、突然謎のガスが噴出し、不老不死のゾンビ“バタリアン”が蘇ってしまう。ガスはどんどん充満し、医療倉庫に保管されていた解剖用の死体の数々が動き出す。近隣の墓地の死体までどんどん蘇り、人間の脳みそを求めてゾンビが街中で暴れだした…。上半身裸のオバンバ、全身ネバネバのタールマンといった人気者(?)が続々登場。
    【放送日時】10月31日(木) 23:10
  • ゾンビ・ストリッパーズ ※R-15相当

    ゾンビ+ストリッパー、衝撃の融合で贈るサブカルチャーファン感涙の傑作。

    そう遠くない未来。第4期目に突入したブッシュ政権は各国で継続する戦闘活動によって慢性的な兵力不足に陥っていた。この状況を打開する為、米国とW産業は死んだ兵士を甦らせる伝染力の強い極めて危険なウイルスを共同開発。ところが、そのウイルスは研究所で蔓延してしまい、次々と感染者が増殖し手の施しようの無い状況になり、掃討作戦で乗り込んだ兵士にも感染。抹殺を恐れた兵士が逃げ込んだ先はなんと場末の違法ストリップ・クラブだった。その後、人気No.1ストリッパーへの感染をきっかけにクラブの様子は一変。連日、ゾンビ・ストリッパーズの大胆でセクシーなポールダンスに釘付けになる男達でクラブは大盛況。怪しい館主はステージ後の惨劇をひた隠し荒稼ぎしていたが、ついにゾンビ化した男達が暴走し、場末のクラブは“ゾンビ・クラブ”と化す。
    【放送日時】10月31日(木) 25:00