白夜姫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

イントロダクション

放送予定

番組表
  • 2019/08/22(木) 11:00 第94話 離れたくない [字]
  • 2019/08/23(金) 08:30 第94話 離れたくない [字]
  • 2019/08/23(金) 11:00 第95話 運命の2人の結婚式 [字]
  • 2019/08/26(月) 08:30 第95話 運命の2人の結婚式 [字]
  • 2019/08/26(月) 11:00 第96話 亡き父の後押し [字]

イントロダクション

  • 刺激のたりないアナタへ。大胆な伏線とツッコミどころが満載!母への復讐を誓うヒロインと二人の男…愛憎が交差するドロ沼の愛憎劇。韓国ドラマの鬼才とよばれた脚本家=イム・ソンハン降臨!

    早くに両親を亡くし、兄夫婦と同居するペク・ヤ(パク・ハナ)は、遊びに行ったクラブでチャン・ムオム(ソン・ウォングン)と些細なトラブルを起こす。その後、ムオムと何度か顔を合わすことになったヤは、ムオムがかつて自分が居候していた家の息子であったことに気づき、奇跡的な再会に二人は喜び合う。ヤを歓迎するチャン家の面々だったが、中でもムオムの兄ファオム(カン・ウンタク)は誰よりも優しくヤを見つめていた。そんな中、ヤの兄ヨンジュンは、事故で他界したと聞かされていた母ウナ(イ・ボヒ)と偶然再会する。ヤに会って欲しいと懇願するヨンジュンを冷たく突き放すウナ。「もう連絡しないで」という母の言葉にショックを受けたヨンジュンは、その直後に車にはねられ帰らぬ人となってしまう。事故当時の状況を聞いたヤは、現場に母の影があったことを知り、ウナの住所を突き止める。そこでヤが見たものは、裕福な家で家族に囲まれ幸せそうに笑うウナの姿。怒りを抑えきれないヤは母への復讐を決意、ジリジリとウナに近づき始める…。
  • 見どころ1 すべてが想像を超えた奇抜な展開!脚本家イム・ソンハンが手掛けた引退作にして集大成!

    日本でも多くの視聴者を虜にした『芙蓉閣の女たち~新妓生伝』や『オーロラ姫』の脚本家、イム・ソンハンの新作ということで放送前から話題となった本作。通常行われる制作発表会さえ行わずに放送がスタートしたことも相まって、謎に包まれたストーリー展開に韓国中が熱い視線を注いだ。放送開始後は、『オーロラ姫』のさらに上を行く奇想天外かつ前代未聞な展開の連続で視聴率はみるみる上昇。話題性の高さから29話の延長が決定したほどの、最高にスリリングで個性的なマクチャン(※ありえない展開の)ドラマとなった!2015MBC演技大賞にて、ベスト助演賞(連続ドラマ部門:イ・ボヒ)、新人賞(連続ドラマ部門:カン・ウンタク、パク・ハナ)受賞。
  • 見どころ2 若手俳優を発掘することでも定評あるイム・ソンハン、本作の注目株は!?

    新人を主要キャストに起用することでも有名なイム・ソンハン。本作では撮影後にヒロイン役を交代させるという役者泣かせの行動に踏み切った。改めて主役に選ばれたのは実力派女優パク・ハナ。キャスティングされてから10日後に撮影というハードなスケジュールに臆することなく、ヒロインのキャラクターを完璧に表現した。特に前半では小姑としての側面が強く描かれたため、ふてぶてしい態度を毎話披露!視聴者をことごとく苛立たせた結果、ドラマ中毒者が続出するという異色のブームに!
  • 見どころ3 役者として大きく羽ばたいた個性溢れるイケメン俳優たち!

    ヒロインを囲む男性陣には、モデル出身のカン・ウンタクや、演技派俳優キム・ミンス、ミュージカル俳優として活躍するソン・ウォングンなどイケメン俳優が起用され、ラブラインを大いに盛り上げた。そして彼らは本作を経て注目度をさらに高め、その後の出演作ではいずれもメインキャストに抜擢、役者としてのキャリアアップを果たした!