2019 HAWKS BASEBALL PARK プロ野球ウエスタン・リーグ公式戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

イントロダクション

放送予定

番組表
  • 2019/07/21(日) 14:00 ソフトバンク 対 阪神 [※放送内容は変更になる場合があります。]
  • 2019/07/21(日) 17:55 ソフトバンク 対 阪神 [※放送内容は変更になる場合があります。] [生]
  • 2019/07/21(日) 23:00 ソフトバンク 対 阪神 [※放送内容は変更になる場合があります。]
  • 2019/07/27(土) 22:00   [※放送内容は変更になる場合があります。]
  • 2019/07/28(日) 17:55   [※放送内容は変更になる場合があります。] [生]

イントロダクション

  • 昨季はウエスタン・リーグで最後まで優勝争いを繰り広げた福岡ソフトバンクホークス。九州移転30周年で1軍とのアベック優勝を果たすために躍動する若鷹たちの活躍をお見逃しなく!

    九州移転30周年を迎えた福岡ソフトバンクホークスは1軍と共にアベック優勝を目指して2019年シーズンに挑む!

    2012年~2013年に若鷹たちを2連覇に導いた小川一夫が監督になって2年目となる今季は、層が厚いと定評のあるホークスに多くいる将来有望な若鷹たちを率いて3年ぶりのウエスタン・リーグ優勝を狙います。1軍昇格を目指しつつも3年ぶりとなるウエスタン・リーグ優勝に挑んでいく若鷹たちの活躍をお見逃しなく!!
  • 注目ポイント1 3年ぶりのウエスタン・リーグ優勝へ向けて若鷹たちが突っ走る!

    覇権奪還を目指した昨季のホークスは、タイガースと激しく優勝を争っていたものの2ゲーム差で優勝を逃す悔しい結果となってしまった。昨季は大竹耕太郎が最多勝、周東佑京が盗塁王とタイトルを獲得し、川瀬晃が打率2位など多くの選手が飛躍の年を過ごすことが出来た。チームとしても全チームから勝ち越したものの、終盤の競り合いでタイガースに優勝を譲ってしまう悔しいシーズンとなった。今季はホークスが九州移転30周年を迎え、昨季果たせなかった1軍とのアベック優勝を成し遂げるため、若鷹たちは3年ぶりのリーグ優勝を目指して戦います!
  • 注目ポイント2 ドラフトで獲得した即戦力揃いの選手たちの成長に注目!

    2018年はドラフト会議で支配下7人、育成で4人の計11名を指名したホークス。ドラフト1位の甲斐野央、2位の杉山一樹、4位の板東湧悟ら即戦力ルーキーの活躍、3位の野村大樹、5位の水谷瞬など将来性豊かな選手の成長も見どころとなる。特に支配下の7人はその内5人が投手ということもあり、12球団随一の戦力を誇るホークス投手陣の壁に挑み、乗り越えていかなければならない…。新たな戦力として期待がかかるルーキーたちは先輩選手たちとのハイレベルな競争を勝ち抜くことが出来るのか?
  • 注目ポイント3 来シーズンに向けた支配下登録に向けて活躍する選手は?

    支配下登録期限が7月末で締め切られ、育成選手たちは来季こそは支配下登録を勝ち取るために心機一転アピールを続けていくことになる。シーズン中にはアメリカの有望株である19歳のカーター・スチュワート・ジュニアとの契約が発表されたことで刺激を受けて選手たちは更に切磋琢磨していく。昨季は大竹耕太郎が、今季は開幕を前に周東佑京、川原弘之、シーズン途中にオスカー・コラスが支配下登録され、毎年育成から支配下への登録を続けているホークス。狭き門をこじ開けて念願の支配下登録を来期勝ち取るためのサバイバルゲームで好スタートを切るのは果たして…!?