2019 HAWKS BASEBALL PARK プロ野球セ・パ交流戦/2019 HAWKS BASEBALL PARK プロ野球公式戦

2019 HAWKS BASEBALL PARK プロ野球セ・パ交流戦/2019 HAWKS BASEBALL PARK プロ野球公式戦
2019 HAWKS BASEBALL PARK プロ野球セ・パ交流戦/2019 HAWKS BASEBALL PARK プロ野球公式戦
2019 HAWKS BASEBALL PARK プロ野球セ・パ交流戦/2019 HAWKS BASEBALL PARK プロ野球公式戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

イントロダクション

放送予定

番組表
  • 2019/05/31(金) 23:00 ソフトバンク 対 楽天 [※放送内容は変更になる場合があります。]
  • 2019/06/01(土) 13:45 ソフトバンク 対 楽天 [※放送内容は変更になる場合があります。] [生]
  • 2019/06/01(土) 19:00 ソフトバンク 対 楽天 [※放送内容は変更になる場合があります。]
  • 2019/06/02(日) 12:45 ソフトバンク 対 楽天 [※放送内容は変更になる場合があります。] [生]
  • 2019/06/02(日) 23:00 ソフトバンク 対 楽天 [※放送内容は変更になる場合があります。]

イントロダクション

  • 福岡移転30周年を迎えた福岡ソフトバンクホークスはペナント奪還、3年連続日本一の栄冠を目指す!6月からはホークスが毎年得意としているセ・パ交流戦がスタート!完全優勝に向けてセ・パ交流戦最高勝率を目指すホークスナインの激闘をお見逃しなく!!

    九州移転30周年というメモリアルイヤーでペナント「奪Sh!」、球団史上初の3年連続日本一「奪Sh!」に向けてセ・パ交流戦を戦う福岡ソフトバンクホークス。昨季はパ・リーグでは2位に終わったものの、クライマックスシリーズで2位からの下剋上を果たして日本シリーズに進出し、カープを破って2年連続日本一を達成した。そして迎えた今季、目指すはセ・パ交流戦、ペナントレース、そして日本一と全てのタイトルを「奪Sh!」して"完全優勝"することを目指して戦っている。

    その最初のタイトルがかかるセ・パ交流戦が6月からいよいよスタート!毎年得意としている交流戦では過去14回で1位を7度、2位を2度、3位を1度で優勝した確率は.500と圧倒的な強さを誇っている。完全優勝しての3年連続日本一に向けて、まずはセ・パ交流戦での最高勝率を目指すホークスナインの激闘をお見逃しなく!
  • 注目ポイント1 セ・パ交流戦で2年ぶり8回目の最高勝率を狙う!

    九州移転30周年のメモリアルイヤーで完全優勝を果たすためにも、まず交流戦で最高勝率「奪Sh!」を狙うホークスナイン。過去の交流戦の成績はこれまでの14年で1位が7度と脅威の"優勝率".500を誇り、優勝を逃した年でも2位が2回、3位が1回、4位が1回とほとんどが上位をキープ。昨季は4位だったが最高勝率を獲得したスワローズまではわずか1ゲーム差と最後まで頂点を争い、変わらぬ強さを発揮した。今季は2年ぶりの最高勝率の座を「奪Sh!」して、完全優勝に向けてタイトルを獲得することが出来るのかに注目が集まります!
  • 注目ポイント2 これまで7度のセ・パ交流戦MVPを排出してきたホークスで、今季の"交流戦男"となるのは誰だ!?

    過去14回の歴史で7度の1位を誇るホークスで、交流戦で1位に輝いた時に必ずいたのが"交流戦男"の存在だった。初優勝の2008年の川﨑宗則に始まり、杉内俊哉、内川聖一、長谷川勇也、柳田悠岐(2度)、城所龍磨と6人が受賞し、12球団No.1の獲得数を積み上げてきた。今季も交流戦最高勝率のタイトルを獲得するためには、MVPを受賞するような活躍をする選手が必要となってくる。球界唯一となるMVP複数回受賞選手の柳田悠岐が3度目の受賞を果たすのか?それとも他の選手が受賞するのか?
  • 注目ポイント3 し烈なレギュラー争い、先発ローテーション、1軍ブルペン争いを制するのは誰だ?

    キャンプからし烈な1軍生き残り、レギュラーを争ってきた選手たちだが、勝負の夏場に向かってレギュラーが固まってくる。ケガなどで開幕1軍に間に合わなかった選手たちも続々と帰ってくる時期に入り、1軍争いやレギュラー争いが一層熱くなる時期なだけに個人の成績にも注目が集まる。投手陣ではデニス・サファテ、石川柊太、リック・バンデンハークら実績のある選手たちのカムバックが予想され、先発ローテーションや1軍ブルペン入りが期待される。野手陣では腰を手術した明石健志、開幕1軍を外れながらウエスタン・リーグで結果を出し続けている長谷川勇也らも1軍復帰を狙っている。開幕1軍、開幕スタメンを「奪Sh!」したメンバーと復活を目指すメンバーとの熱い争いも見逃せません!!