バスケットボール Bリーグ2018-19

バスケットボール Bリーグ2018-19
バスケットボール Bリーグ2018-19
バスケットボール Bリーグ2018-19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

イントロダクション

放送予定

番組表
  • 2018/12/12(水) 19:00 第13節 ライジングゼファー福岡 vs 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ [※放送内容は変更になる場合があります。] [生]
  • 2018/12/13(木) 18:00 第13節 ライジングゼファー福岡 vs 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ [※放送内容は変更になる場合があります。]
  • 2018/12/15(土) 12:30 第13節 ライジングゼファー福岡 vs 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ [※放送内容は変更になる場合があります。]
  • 2018/12/15(土) 15:00 第14節 アルバルク東京 vs 千葉ジェッツ [※放送内容は変更になる場合があります。] [生]
  • 2018/12/16(日) 14:00 第14節 ライジングゼファー福岡 vs 滋賀レイクスターズ [※放送内容は変更になる場合があります。] [生]

イントロダクション

  • Bリーグ3シーズン目となる2018-19シーズンは優勝の行方を左右する中盤戦へ突入!東京オリンピック出場を狙う男子バスケ代表選手も多く活躍するBリーグを、栃木ブレックス、千葉ジェッツ、ライジングゼファー福岡の試合を中心に生放送でお届けします。3代目王者の座をかけて繰り広げられる熱い試合をお見逃しなく!!

  • リーグ概要

    チーム数/地区

    B1…18チーム、B2…18チーム、B3…9チームの45チームが所属。B1、B2は各6チームずつが東地区、中地区、西地区の3地区に別れ、年間60試合のリーグ戦を戦い勝率でリーグ順位を決定する。

    チャンピオンシップ

    B1優勝チームは各地区1位、2位とワイルドカード2チームを加えた8チームによるトーナメント方式のチャンピオンシップで争われる。

    入替え戦

    B1は下位4チームが残留プレーオフを戦い、下位2チームがB2上位2チームと入替え、3位は入替え決定戦を行う。
  • 2017-18 → 2018-19 昇格/降格

    ↑B1昇格↑ライジングゼファー福岡秋田ノーザンハピネッツ
    ↓B2降格↓西宮ストークス島根スサノオマジック
  • 2018-19シーズン

    3シーズン目の2018-19シーズンはいよいよ10月4日に開幕戦を迎える。

    東地区は昨季同様にシーズン終盤までの激戦が予想される厳しい地区となった。ディフェンディングチャンピオンのアルバルク東京、初代王者の栃木ブレックス、昨季地区優勝を飾り天皇杯を連覇した千葉ジェッツ。そこに昇格した秋田ノーザンハピネッツが入り、昨季一時は勝率.500を超えていたレバンガ北海道とサンロッカーズ渋谷も侮れない。

    中地区は何と言っても2年連続チャンピオンシップに進出した川崎ブレイブサンダースが中地区へ帰ってきたことで、シーホース三河1強となった昨季の構図が大きく変わっていくことが予想される。両者の一騎打ちとなるのか?それとも他の4チームの巻き返しがあるのかが注目される。

    西地区は中地区から移ってきた名古屋ダイヤモンドドルフィンズ、B2優勝を飾って昇格を果たしたライジングゼファー福岡が加わった。昨季悲願の地区優勝を果たした琉球ゴールデンキングス中心の展開が予想されるが、2チームが入れ替わった地区だけに混戦の可能性も十分。

    過去2シーズンの王者はいずれも東地区から出ているが、今季も最激戦区の東地区から3代目の王者が出てくるのか?それとも中地区、西地区のチームが意地を見せ、東地区の3年連続優勝を止めることが出来るのか?東京オリンピック出場を目指すバスケ日本代表の中心選手も多く所属することで注目の集まる3シーズン目のBリーグは必見です!
  • B1チーム 一覧

    東地区中地区西地区
    レバンガ北海道川崎ブレイブサンダース名古屋ダイヤモンドドルフィンズ
    秋田ノーザンハピネッツ横浜ビー・コルセアーズ滋賀レイクスターズ
    栃木ブレックス新潟アルビレックスBB京都ハンナリーズ
    千葉ジェッツ富山グラウジーズ大阪エヴェッサ
    アルバルク東京三遠ネオフェニックスライジングゼファー福岡
    サンロッカーズ渋谷シーホース三河琉球ゴールデンキングス
  • みどころ

    第11節

    ライジングゼファー福岡 vs 新潟アルビレックスBB
    B3スタートだった初年度から最短でB1に駆け上がってきた福岡と、悲願のチャンピオンシップ進出を狙う新潟が激突!福岡は相手の新潟から遥天翼、城宝匡史らを補強して"大人のチーム"を作り上げ、昇格初年度から西地区で上位を目指していく。新潟も昨季得点王のダバンテ・ガードナー、PGとしてチームを引っ張る五十嵐圭に加えて補強もしっかり行ってきた。移籍した福岡の選手たちが古巣を相手に活躍するのか?それとも新潟が意地を見せて敵地で勝利をもぎ取るのか?

    三遠ネオフェニックス vs 千葉ジェッツ
    昨季は残留争いを戦いB1に残った三遠と、激戦の東地区で2年連続地区優勝、天皇杯3連覇、そしてB1制覇を目論む千葉が対戦!三遠はB1の荒波を勝ち抜くためにも滋賀から長谷川智伸、横浜からウィリアム・マクドナルドらを補強して3シーズン目に挑む。対する千葉は何と言っても秋田の主将を務めていた田口成浩を獲得して、昨季以上に戦力を整えてきた。2年ぶりのチャンピオンシップ進出を目指す三遠と、悲願のBリーグ優勝トロフィーを獲得したい千葉の激突をお届けします!

    第12節

    名古屋ダイヤモンドドルフィンズ vs 千葉ジェッツ
    2年連続でのチャンピオンシップ進出を目指して西地区で上位争いを繰り広げる名古屋Dが、昨季の東地区王者千葉を迎える一戦。序盤で西地区のライバルたちを次々と倒して上位をキープしてきた名古屋Dが、昨季の東地区王者千葉の攻撃をどう防いでくるのか?千葉は開幕でまさかの連敗を喫したが、その後は得意の攻撃的なバスケで白星を積み重ね続け、敵地へと乗り込んでくる。昨季は2戦とも千葉が勝利をあげたが、ホームで名古屋Dがリベンジを果たすのか?それとも千葉がアウェイでも勝つのか!?

    第13節

    ライジングゼファー福岡 vs 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ
    今季からB1の舞台で戦う福岡と2年連続でチャンピオンシップ進出を目指す名古屋Dの同地区対戦!福岡は開幕からなかなか白星をあげられずにHCが解任されるなど序盤で苦しい戦いをしてきたが、新体制で勝利を積み重ねていきたい。一方の名古屋Dは昨季から指揮を執る梶山信吾HCの"走るバスケット"で今季から戻った西地区でも好成績を残している。白星をあげるのは、ボブ・ナッシュ新体制となって巻き返しを図る福岡と目指してきたバスケが浸透してきた名古屋Dのどちらだ?

    第14節

    アルバルク東京 vs 千葉ジェッツ
    昨季のチャンピオンシップ 決勝戦のカードとなるA東京と千葉の東地区ゴールデンカードが今季いよいよTip off!A東京は昨季からほとんどメンバーを変えずにメンバー間の連携を高めてチーム力を上げ、今季も東地区首位争いを堂々と展開している。対する千葉はベースは大きく変えずに補強ポイントをしっかりカバーする形での底上げを図り、しっかり上位争いを繰り広げている。昨季東地区2位のA東京と東地区王者に輝いた千葉のライバル対戦は必見!!

    第14節

    ライジングゼファー福岡 vs 滋賀レイクスターズ
    今季B1へ初昇格を果たしたものの開幕から苦しんだ福岡が、同じ西地区のライバル滋賀を迎える一戦。B3からB1へ最短で昇格した福岡だったが、B1の壁は厚く、なかなか勝利に恵まれないままの序盤戦となってしまい巻き返しを図っている。滋賀も昨季からロースターを大幅に変えてスタートした序盤戦で苦しみ、同じ西地区同士の対戦で負けられない状況が続いている。B1生き残り、上位進出をかけてどちらも負けられない一戦となるが、勝利の女神が微笑むのはどちらだ!?

    第15節

    秋田ノーザンハピネッツ vs 千葉ジェッツ
    今季から再度B1の舞台へと上がってきた秋田が、昨季の東地区王者・千葉を迎える一戦をオンエア!秋田はB1初年度に悔しいB2降格を味わったものの、1年でしっかりとB1へ再昇格を果たして最激戦区とも言われる東地区へ挑戦している。敵地へと乗り込む千葉は富樫勇樹、田口成浩は相手が古巣の秋田とあり、心待ちにしていた古巣との対戦へ挑む。東地区で上位に食い込むためにも白星をあげたい秋田と、昨季地区王者の千葉の戦いの結末は果たして…。

    第15節

    大阪エヴェッサ vs 栃木ブレックス
    西地区で上位進出を目指す大阪と、初代王者で東地区首位争いを繰り広げる栃木が激突!大阪は33歳と若手の穂坂健祐HCが今季から昇格して指揮を執り、一戦必勝でタフなチームを目指して初代王者から勝利を狙う。一方の栃木も昨季から昇格した安齋竜三HCが今季もチームを引っ張り、東地区首位を争って序盤から白星を積み重ねている。新進気鋭の若きHC対戦を制し、白星を手に入れるのはどちらだ?

    第16節

    京都ハンナリーズ vs ライジングゼファー福岡
    西地区同士の対戦となるのは、今季もチャンピオンシップ出場を狙う京都と、B1初昇格で躍進を遂げたい福岡の一戦。京都は2011年からチームを率いる浜口炎HCの元、昨季からのメンバーが多くロースターに残りコンビネーションを高めている。対する福岡は序盤の連敗が響いてHCが変更になってボブ・ナッシュが新しく指揮を執り、ロースターも昨季と変わっているフレッシュな布陣。同じ地区に所属する両チームだがチームの状況が真逆の両チーム…。勝利をあげるのは果たして…?

    第17節

    千葉ジェッツ vs 京都ハンナリーズ
    "最激戦区"東地区で首位を争う千葉と、2年連続チャンピオンシップ進出を目指す京都が激突! 千葉は"千葉ジェッツを変えた男"大野篤史HCの元、今季もアグレッシブなバスケで白星を重ねて悲願のBリーグ制覇を目指している。京都は長く指揮を執る浜口炎HCが目指すチームを作るべく、ロースターが入れ替わったのは3名で3シーズン目を戦う。観客動員数No.1を誇る千葉が熱いブースターを背に勝利するのか?それとも京都が敵地で白星を持ち帰るのか?

    第17節

    名古屋ダイヤモンドドルフィンズ vs 栃木ブレックス
    2年ぶりに西地区に移り首位争いを繰り広げている名古屋Dと、2年ぶりのBリーグ制覇を目指して東地区首位争いを引っ張る栃木が対戦。名古屋Dは昨季所属していた中地区から地区再編により1年目と同じ西地区に入り、琉球との激しく首位を争っている。栃木は初年度から最もタフな地区との呼び声が高い東地区で2年連続チャンピオンシップに出場していて今季も東地区を引っ張っている。互いに優勝争いを戦うだけに負けられない一戦!勝利を手にするのはどちらだ!?