SEAL Team/シール・チーム シーズン1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

イントロダクション

放送予定

番組表
  • 2020/04/20(月) 22:00 第1話 エリートチーム(原題: Tip of the Spear) [新][字]
  • 2020/04/20(月) 24:00 第1話 エリートチーム(原題: Tip of the Spear) [新][字]
  • 2020/04/23(木) 24:00 第1話 エリートチーム(原題: Tip of the Spear) [新][字]
  • 2020/04/24(金) 04:00 第1話 エリートチーム(原題: Tip of the Spear) [新][字]
  • 2020/04/25(土) 07:30 第1話 エリートチーム(原題: Tip of the Spear) [新][字]

イントロダクション

  • 体感せよ、男たちの最前線。

    ネイビーシールズの精鋭部隊、“ブラボー・チーム”。彼らは世界各地を回り、命がけで与えられた任務を遂行していた。そんな中、チームの頼れるリーダー、ジェイソン・ヘイズは海軍からPTSDの症状を疑われてしまう。ある任務でチームメンバーのネイトを亡くしたことが、本人が思う以上に大きなトラウマとなってしまっていたのだ。それでもジェイソンは、祖国と国民を守るため、強い絆で結ばれた仲間たちとともに危険な任務に挑んでいく…。

  • ★見どころ1★「BONES」のデヴィッド・ボレアナズ主演!

    「BONES」デヴィッド・ボレアナズの新境地!
    1997年、「バフィー・恋する十字架」のエンジェル役で一躍有名となり、スピンオフドラマ「エンジェル」で主役を務めたデヴィッド・ボレアナズは、大ヒットドラマ「BONES」のシーリー・ブース役でもおなじみ。米国People誌の「最も美しい50人」にも選出され、日本でも熱烈ファンの多いデヴィッドが、本作では精鋭部隊で尊敬される頼もしいリーダーを熱演。本格的に体を鍛えて挑む彼の新しい姿に要注目!
  • ★見どころ2★ 実在する米国特殊部隊をモデルに、前線で戦う男たちの活躍と、それを支える人々を描いたヒューマンドラマ。

    突然の呼び出しにより、妊娠中の妻を残して任務に向かうことも…。
    毎話、世界各地へ飛び回るチームの極秘任務がメインで描かれる1話完結型の本作品。普段は冗談を言い合い茶化しあっている隊員たちが、戦場の緊迫した場面では目で合図を送りながら“あうんの呼吸”で任務を進めていく姿に、男たちの絆の強さが感じられ、胸が熱くなる。一方で、隊員たちのプライベートや恋愛要素も漏れなく網羅され、思わず見続けたくなる展開に!

    また、主演のデヴィッド・ボレアナズがインタビューで「このドラマのテーマは“葛藤”なんだ」と語っている通り、国に命をささげる者たちの苦悩や葛藤が色濃く映し出される。多くを犠牲にしながら戦地に挑む英雄たちも、家に帰ればひとりの人間に過ぎない。ミリタリーアクションでありながら、ヒューマンドラマとしても重厚なストーリーとなっている。
  • ★見どころ3★ アメリカ海軍の全面的なバックアップにより、まるで戦場にいるかのような臨場感を実現。

    映画さながらの迫力ある戦闘シーンは見ごたえ十分。
    これまでも様々な映画やテレビシリーズの俳優指導などを惜しみなく支援しているネイビーシールズ。今作でも元隊員たちが軍事顧問を務めるなど、その協力体制は健在し、リアリティある仕上がりに。制作費も莫大にかけられており、通常400万ドル~500万ドルが相場と言われる新番組パイロット版の製作費と比べ、今作はその約2倍、およそ900万ドル(日本円にして約9億9000万円!)が使われている。さらに、暗視カメラや隊員が胸に装備しているカメラの映像も利用するなどカメラワークにもこだわり、映画さながらの臨場感ある戦闘シーンが味わえる!
  • Navy SEALs とは?

    Navy SEALs(ネイビーシールズ)はアメリカ海軍特殊部隊で、2つの特殊戦グループ、8つのチームに分かれて編成されている。本作は、“チーム6”と呼ばれる実在の対テロ特殊部隊をモデルに、ネイビーシールズの中でもエリートばかりを集めた“ブラボー・チーム”(=Bチーム)の活躍を描く。

    現実の“チーム6”は、オサマ・ビンラディン殺害や、映画「ブラックホーム・ダウン」(2001年)で描かれたソマリアモガディッシュの戦闘などに参加している。
  • 原題:SEAL Team Season1