HOMELAND シーズン8

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

イントロダクション

放送予定

番組表
  • 2020/03/24(火) 22:00   [新][字]
  • 2020/03/25(水) 15:30   [新][字]
  • 2020/03/25(水) 23:00   [新][字]
  • 2020/03/26(木) 07:30   [新][字]
  • 2020/03/28(土) 06:30   [新][字]

イントロダクション

  • 珠玉のサスペンス、緊迫のファイナル・シーズン!

    双極性障害を持ちながらも、テロ対策のスペシャリストとして優れた能力を持つ元CIA特殊部員キャリー・マティソンの終わりなき戦いを描いた、衝撃の社会派ドラマ。 “テロ撲滅”という大義の下に動かされる、アメリカ社会の表と裏、真実と嘘、そして人間の本質をリアルに描写。今、アメリカに問われている「真の正義とは何なのか?」 。9.11以降、次々と露呈していく国家間の歪み、狭間で揺れ動く人間達の苦悩や葛藤が、繊細に映し出される。全米賞レースを総なめにする近年稀に見る傑作との呼び声高い大ヒット作!
  • シーズン7では…

    新たな大統領として就任したエリザベス・キーンは、自身の襲撃事件に関し、疑いがある人々の身柄を強引に拘束。その横暴さをきっかけに、国内では政権に対する不信感が強まり、政治活動家オキーフも過激さを増していく。そんな中、反キーン政権のヒーロー的存在といえるマクレンドン将軍が無期懲役の刑に処されるが、収監手続き中に暗殺されてしまう。刑務所側は心臓発作で死んだと発表し、暗殺を隠蔽。将軍の不自然な死に、国民の不満はさらに募っていく。

    キャリーは、キーン政権から国を守るべく、単独で行動を開始。本当の黒幕は大統領首席補佐官ウェリントンなのではと踏んだキャリーは、かつての同僚であるダンテと共に密かに調査を進める。しかし、真の首謀者はウェリントンの恋人シモーヌと、一緒に調査を進めていたはずのダンテだった。シモーヌはGRU(ロシア連邦軍参謀本部情報総局)の大尉で、ウェリントンを利用してキーン大統領の失脚を目論んでいたのだ…。

    真相を掴んだキャリーたちは、マクレンドン将軍暗殺の真相を証言させようと画策するが、シモーヌはロシアに連れ戻され、ダンテは尋問中に死んでしまう。八方塞がりとなったソールとキャリー、アントンたちはモスクワに出向き、シモーヌ奪還作戦を実行することに。キャリーがシモーヌに変装し欺き続けたことで作戦は成功するが、キャリー自身はロシアに捕まってしまう。一方、シモーヌは無事アメリカに到着。法廷で証言したことで真相がアメリカ国民に明かされ、キーン大統領の信頼は回復していく。

    数ヵ月後、ロシアで監禁生活を送っていたキャリーが遂に解放されるが、迎えに行ったソールのことを覚えておらず、明らかに様子がおかしい。拘留期間中に必要な薬を与えてもらえず、精神錯乱状態に陥ってしまっていのだった…。
  • シーズン8では…

    キャリーの精神状態は!?
    あれから時が経ち、キャリーは通常の生活を戻取りしつつも、ロシアでの監禁生活による精神的ダメージから、未だ不安定な状態が続いていた。一方、自ら退位することを決意したキール大統領の後任にはワーナー元副大統領が就任。アフガニスタンとの“終わらない戦い(=Forever War)”終結を目指すワーナー政権下で、ソールはタリバンとの和平交渉のために現地へ派遣される。しかし、彼の力だけでは解決に至らず、キャリーが持つコネや知識が必要になってしまう。ソールは医師からのアドバイスを無視し、キャリーにもう一度だけ一緒に働いてくれるよう頼むことにするが…。
  • ★見どころ1★ 世界情勢をリアルに反映した緊迫のサスペンス・ドラマ

    和平交渉のためアフガニスタンに向かうソールだが…
    本作の最大の魅力とも言えるのが、9.11のアメリカ同時多発テロから10余年の時を経た米国社会の様子が、多角的な視点から描かれていく骨太なストーリー。派手なアクションや過剰な演出に頼ることなく、“テロ組織vs正当な戦争”という、現在のアメリカ、そして世界が抱える終わりなき問題が、そこに生きる人々の等身大の目線を通し、リアルに描き出される。
  • ★見どころ2★ 「24」製作陣 × 実力派キャストが集結!

    世界的ヒット作「24」での活躍を始め、これまで数々の大ヒットドラマを生み出してきたベテラン・プロデューサー、アレックス・ガンザとハワード・ゴードンがタッグを組んで制作に踏み切った「HOMELAND」。テロ問題というそのテーマこそ「24」と通じるものはありながらも、本作では本格的な社会派ドラマとしてアメリカの対テロ戦争に焦点を当てた、よりリアルで厳粛な世界観を構築。劇中では、戦地や諜報活動の前線の様子のみならず、日常生活を通してそれぞれの心情を表現した繊細な人物描写とスリリングな心理的攻防戦を効果的に配置。そして、現代の国際情勢に潜む問題に鋭く切り込んだ見応えのあるストーリーで、アメリカドラマ界に新たな金字塔を打ち立てるヒット作を誕生させた。

    また、キャリー役で主演のクレア・デインズ(映画『ロミオ&ジュリエット』)は、双極性障害に悩む優秀なCIA諜報員という難しい役どころを見事に演じ切り、本作でエミー賞&ゴールデン・グローブ賞を2年連続受賞!自身の新たな代表作となるべく、卓越した演技力を披露している。

    ファイナル・シーズンでは、主人公キャリーを演じるクレアの実生活の夫で俳優のヒュー・ダンシー(『ハンニバル』)が、外交政策コンサルタントのジョン・ザベル役で出演することが決定!
  • ★見どころ3★ 批評家大絶賛!エミー賞&ゴールデン・グローブ賞、2大アワード主要部門を総なめ!

    【元CIA特殊部員 キャリー役 クレア・デインズ】キャリー役では体当たりの演技が話題に。
    2011年のシリーズ開始当初より賞レースを総なめにし、アメリカドラマ界に旋風を巻き起こしてきた本作。これまでエミー賞&ゴールデン・グローブ賞双方での作品賞・主演男優賞・主演女優賞の3冠達成という快挙を始め、全米監督協会賞、全米映画俳優組合賞、アメリカ映画編集者協会など各種の賞を受賞。さらに、批評家協会TV賞やピープルズ・チョイス・アワードなど、厳しい批評家から一般視聴者に至るまで、あらゆる方面からずば抜けた高評価を獲得している。

    主な受賞歴

    エミー賞
    最優秀ドラマ賞 受賞1回、ノミネート3回
    最優秀脚本賞 受賞2回
    最優秀主演女優賞 “クレア・デインズ (キャリー・マティソン役)” 受賞2回、ノミネート3回
    最優秀主演男優賞 “ダミアン・ルイス (ニコラス・ブロディ役)” 受賞1回、ノミネート1回
    助演男優賞 “マンディ・パティンキン (ソール・ベレンソン役)” ノミネート4回
    助演女優賞 “モリーナ・バッカリン (ジェシカ・ブロディ役)” ノミネート1回
    ゲスト男優賞 “ルパート・フレンド (ピーター・クイン役)” ノミネート1回
    ゲスト男優賞 “F・マーリー・エイブラハム (ダール・アダール役)” ノミネート2回
    ほか、2012年の6冠をはじめ、最優秀キャスティング賞、撮影賞、音響賞など受賞・ノミネート多数

    ゴールデン・グローブ賞
    最優秀ドラマ賞 受賞2回
    最優秀主演女優賞 “クレア・デインズ (キャリー・マティソン役)” 受賞2回、ノミネート1回
    最優秀主演男優賞 “ダミアン・ルイス (ニコラス・ブロディ役)” 受賞1回、ノミネート1回
    最優秀助演男優賞 “マンディ・パティンキン (ソール・ベレンソン役)” ノミネート1回
  • 製作総指揮

    アレックス・ガンサ

    ドラマ「24-TWENTY FOUR-」プロデューサーで知られるハリウッドドラマ界の巨匠 “A・ガンサ”は「24」とは全く違う切り口で本作に全精力を注ぎ込む。ほか人気作「NUMBERS ~天才数学者の事件ファイル」、「ドーソンズ・クリーク」では製作総指揮を務め、「アントラージュ★オレたちのハリウッド」、「X-ファイル」、「Sisters」などのドラマの制作にも携わっているヒットメイカー。

    ハワード・ゴードン

    ドラマ「24-TWENTY FOUR-」の統括監督・製作総指揮を務めたベテランプロデューサー。「X-ファイル」でゴールデン・グローブ賞を受賞し、注目を集める。他に、映画『エンジェル』、ドラマ「バフィー ~恋する十字架~」、「私立探偵スペンサー」、「Strange World」、「The Inside」などを手掛けている。また、小説も出版している。
  • 原題:HOMELAND Season8