ブルーブラッド ~NYPD家族の絆~ シーズン1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

イントロダクション

放送予定

番組表
  • 2020/08/17(月) 04:00 第9話 戦慄のアヴェ・マリア(原題: Re-Do) [二]
  • 2020/08/24(月) 04:00 第10話 眠らない街(原題: After Hours) [二]
  • 2020/08/31(月) 04:00 第11話 刑事の執念(原題: Little Fish) [二]

ニュース

イントロダクション

  • 警察一家のレーガン家が、巨大都市ニューヨークで巻き起こる様々な事件に挑む。

    正義、伝統、誇り―。それが、家族の絆。

    欲望が渦巻く巨大都市ニューヨーク。テロ、誘拐、麻薬事件―次々と起こる難事件にニューヨーク市警察(NYPD)が立ち向かう。NYPDの血を受け継ぐレーガン家も、親子3代にわたりこの巨大都市で市民の安全を守り続けてきた。父フランクは市警本部長として凶悪犯罪から市民の安全を守る指揮を執り、型破りな長男のダニー刑事は正義のためにルールを超えて突進していく。弁護士志望だった末息子ジェイミーも、あることから警察を志し、街をパトロールする新米警官に。だが刑事だった次男ジョーの死に絡んで、ジェイミーがNYPD内の秘密結社を追い始めてから、疑惑と危険が一家を襲う…。
  • ★見どころ1★ 巨大都市に続発する凶悪犯罪とNYPDの死闘!リアリティ重視の正統派クライム・ドラマ。

    洗練されたNYの街並みも見どころのひとつ!
    マンハッタンを襲う自爆テロの恐怖、地下鉄の車両を占拠し乗客を恐怖に陥れるギャング団、 麻薬との闘い、そして拉致事件など、ニューヨークで続発する凶悪犯罪とNYPDの死闘を描く。ストーリーもビジュアルも過激化が進む犯罪ドラマ・ジャンルの中で、本作では現実味のある事件が愚直に映し出される。巨大都市で実際にあり得そうな事件が描かれるからこそ、よりスリリングなストーリー展開となっている。一方で、先輩にダメ出しされながらのパトロールや夫婦ゲンカの仲裁など、「こんな毎日のほうがメインなんだろうな」と想像させられるところにも現実味がある。また、ほとんどのシーンをニューヨークの街角やスタジオで撮影されているため、季節ごとに様々な顔を持つニューヨークの空気がリアルに伝わってくるのも魅力のひとつ!

    犯罪捜査の最前線がドラマティックに描かれる本作は、毎話ひとつの事件に焦点を置く1話完結型。一方で、NYPDを内部から闇にさらす謎の組織「青の騎士団」の存在も明らかになり…。果たしてこの組織の正体とは?作品全体の軸となるミステリー要素にも注目!
  • ★見どころ2★ NYPDの血を受け継ぐレーガン一家。個性豊かな家族が紡ぐ人間ドラマが胸に迫る!

    三男ジェイミーは「青の騎士団」の調査を依頼されるが…。
    親子3代にわたりニューヨーク市警察官としての伝統を培うレーガン一家。祖父のヘンリーは元NYPDの本部長、父フランクは現職本部長という超エリート。息子たちももちろんサラブレッドで、長男ダニーは優秀な刑事。同じく刑事だった次男ジョーは殉職してしまったが、その死を受け、法律家を目指していた三男のジェイミーも警官としての人生を歩み出すことに。さらに、フランクの孫まで早くも警官に憧れている。唯一の例外は長女エリンだが、彼女も、法と秩序を維持する側の検事補として働いている。
  • 週末は家族みんなで集まってディナーがお約束。
    絆が強く完璧に見えるレーガン家の面々だが、性格や考え方はバラバラ。昔気質だったり、冷静な理想主義者だったり、暴走気味の熱血漢だったりと、警官のタイプにも違いが。祖父からひ孫までが集い、家族の結束を象徴する週末のディナーでも、警官哲学や正義観がぶつかり合う。また、パートナーとの関係性や子育ての悩みなど、等身大の家族の姿が描かれ、共感してしまう。家族間の世代差が絶妙なファミリー・ドラマとしての見どころも満載!
  • ★見どころ3★ TVドラマ界のベテラン製作陣と新旧最高キャストのアンサンブル!

    製作総指揮は、映画版・TV版「チャーリーズ・エンジェル」シリーズや映画「アンノウン」の巨匠レナード・ゴールドバーグ。 製作陣もTV「ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア」を手掛けたロビン・グリーンなどエミー賞の常連だけに、彼らが描く犯罪サスペンスはリアルかつスリリング!シーズン1は全米新作視聴者数No.1を獲得した。(2010年9月〜2011年3月プライムタイムドラマ 2010〜2011年秋の新作シーズン平均視聴者数ランキング/ニールセン調べ) 本国アメリカでは、毎週金曜22時の激戦区を10年間も制している看板番組のひとつ!

    さらに、実力派俳優らが迫真演技で魅せる。主演のフランクを演じるのは、大ヒットドラマ「私立探偵マグナム」で人気を博たエミー賞俳優トム・セレック。彼は、コメディドラマ「フレンズ」でモニカと恋に落ちるリチャードも演じている。ダニー役には、俳優マーク・ウォールバーグの実兄で、映画「シックスセンス」、「ソウ」シリーズのドニー・ウォールバーグ。エリン役のブリジット・モイナハンも映画「ジョン・ウィック」やドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」に出演した実力派女優。硬派な刑事ドラマの中で、それぞれがチャーミングで人間らしいキャラクターを見事に演じている!
  • NYPDとは?

    ニューヨーク市警察(New York City Police Department)の略称。ニューヨーク州ニューヨーク市に本部をおく全米最大の警察組織である。「世界の首都」、「人種のるつぼ」と言われる大都市ニューヨークの治安維持のため、航空隊、湾岸隊、高速道路隊をはじめ、ESUなどの特殊部隊も擁している。ESUとは緊急出動部隊(Emergency Service Unit)のことで、SWATとレスキューの機能を備えている。
  • レーガン家とNYPD

    レーガン家はアイルランド系アメリカ人一家。もともとアイルランド系移民はアメリカ大陸に遅く来たこともあり、職業の選択肢が少なかった。そんな中、危険な仕事として敬遠されていた警察や消防をかってでたという歴史があり、その血が脈々と受け継がれている。 タイトルの“Blue Bloods”には「名家の生まれ」という意味があり、レーガン家のことを指す。また、“Blue”という単語はアメリカで「警察」を意味するスラングでもある。
  • 原題:Blue Bloods Season1