ウォーキング・デッド シーズン10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

イントロダクション

放送予定

番組表
  • この番組の放送予定は現時点で未定です。

ニュース

イントロダクション

  • 全世界を虜にしてきたサバイバル・ヒューマン・ドラマ

    ベストセラーのアメコミ“The Walking Dead”を原作とし、“ウォーカー”と呼ばれるゾンビがはびこるアメリカを舞台に、人間たちが時にぶつかりあいながらも生き抜く術を模索していく革新的ドラマ。

    映画『ターミネーター』や『エイリアン』で有名な制作総指揮のゲイル・アン・ハードを筆頭に、強力な制作陣が集結した本作は、映画さながらの劇的なストーリーとハイレベルな映像クオリティーで視聴者を魅了。企画は映画『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』の監督フランク・ダラボン、また、コミック原作者の人気作家ロバート・カークマンは、脚本や制作にも参加し、原作の別バージョンとも呼べるようなドラマならではのストーリーを紡ぎ出す。極限に追い込まれた人間の心理描写も高く評価され、全米ケーブルTVでの史上最高視聴者数を記録*!世界中が注目する驚異の大人気シリーズ!!

    *S5第1話1,730万人を獲得(米ニールセン調べ)
  • 第17話~第22話を追加!今までと違うTWDを体感せよ。

    “ウォーカー”と呼ばれるゾンビがはびこるアメリカを舞台に、人間たちが時にぶつかりあいながらも生き抜く術を模索していく本作は、シリーズ開始以来、異例の高視聴率を獲得。極限に追い込まれた人間の心理を見事に描いた心揺さぶるストーリーは、世界中の人々を魅了してきた。

    最新シーズンとなるシーズン10では、囁く者を率いるアルファが最期を迎え、アルファの意志を受け継いだベータがウォーカーの大群を率いて生存者の施設を襲撃。“王国”は陥落し、ヒルトップやアレクサンドリアも壊滅状態となり、生き残った者たちは閉じ込められ、互いに離れ離れとなった。そんな死に直面した状況の中でも生存者たちは団結して戦い、シーズン10の第16話では、生存者と囁く者の直接対決が描かれ、ベータの死を以って⾧きにわたる生存者と囁く者との戦いがついに終焉を迎えることとなった。

    追加の6話は特定のキャラクターや集団にフォーカスしたアンソロジー形式のエピソードとなり、シーズン10第16話で生存者のグループに帰還したマギーの空白の時間や、ニーガン、さらにプリンセスの過去が掘り下げられる。なお第17話でマギー、第20話でプリンセス、第22話でニーガンにスポットが当てられる。加えて追加エピソードでは囁く者が残した傷跡から自らの力で立ち直ろうとする生存者たちの姿が描かれる。⾧年の苦闘が重くのしかかり、主人公たちは過去のトラウマから脆弱な側面が露呈。人類のあり方、自分たちの共同体のあり方、そして自分の心の状態に疑問を抱くなかで、生存者たちは果たして自身の人生、友情、仲間との絆を守るための内なる強さを見出すことができるのだろうか?

    そして、この追加エピソードには豪華ゲストも登場! メイズ役にロバート・パトリック(『ターミネーター2』『ペリー・メイソン』『SCORPION/スコーピオン』)、ニーガンの亡き妻であるルシール役にヒラリー・バートン(『ワン・トゥリー・ヒル』『ホワイトカラー』)、そしてイライジャ役にオケア・エメ・アクワリ(『グリーンランド』『コブラ会』)が出演!

    『ウォーキング・デッド』シリーズは作品世界も拡大を続け、『トーキング・デッド』、『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』、『ウォーキング・デッド:ワールド・ビヨンド』、そしてリック・グリムス(アンドリュー・リンカーン)のキャラクターに焦点をあてた⾧編映画も製作中。さらに人気キャラクターのダリル・ディクソン(ノーマン・リーダス)とキャロル・ペルティエ(メリッサ・マクブライド)に焦点をあてた新しいスピンオフ作品や、新たなアンソロジー・シリーズ『Tales of The Walking Dead』まで予定されている。
  • 追加エピソードの見どころ

    今回追加される6話はニーガンの過去やマギーがいなくなっていた数年間のこと、ロバート・パトリック演じる新キャラクターの登場など盛りだくさんな内容になっている。

    ニーガンの妻であるルシールは、ウォーカーの発生より前の段階でがんを患っていた。その後、彼女が命を落としたあとに、ニーガンは有刺鉄線が巻かれたあのバットにルシールと名づけている。ニーガンとルシールの過去についは、ニーガンがメインの単独コミック『Here's Negan(原題)』で描かれており、この時代をもとに描かれる。
  • なお、このルシールを演じたのが、ジェフリーの実際の妻で俳優であるヒラリー・バートンであるということ。これまでヒラリーが撮影現場に遊びにきた写真がインスタグラムなどで公開されてきたことから、ヒラリーもウォーキング・デッド・ファミリーのようなものだったが、ついにドラマに出演! しかもジェフリーと夫婦役という粋なキャスティングとなった。

    またマギーとグレンの息子であるハーシェルの成⾧した姿も必見。ハーシェルが最後に姿を現したのはシーズン9の第4話で、当時は1歳前後。そして彼が、母であるマギーとともにシーズン9の第5話で出て行ってから6年の月日が経っている。
  • ★見どころ1★ 心に迫る究極のヒューマンドラマ。

    トラウマに悩まされる仲間たち。
    ただのゾンビ・ドラマと思うなかれ!“ウォーカー”と呼ばれるゾンビと戦うスリル感だけでなく、本作の中核となっているのが、生き残った人間同士の心揺さぶられるストーリー。秩序を失った世界で、生存者たちは人間性を保てるのか?極限の状況の中、理性や道徳心に対する大きな疑問が投じられる。過酷な生活や様々な葛藤を通して、生きるための「愛、強さ、責任感、自制心」をしっかりと描写し、着実にファンの心を掴んでいく。

    “囁く者”の報復を受け、衝撃的な仲間の死を目の当たりにしたダリルたち。シーズン10では、彼らのトラウマに焦点が当てられる。最愛の娘に続き、息子同然として育てていたヘンリーを亡くしたキャロル、そして自らの裏切りのせいで多くの命を犠牲にしてしまったリディア。彼女や仲間たちは心の傷を乗り越えることができるのか?
  • ★見どころ2★ 新たな展開が盛りだくさん!ハラハラドキドキがとまらない

    ミショーンはバージルの故郷へ向かうことに。
    【再び脱獄したニーガンの狙いとは!?】

    シーズン9で脱獄を果たすも、結局アレクサンドリアに戻っていたニーガンだったが、シーズン10でも隙を見て脱獄に成功。お決まりの革ジャンとルシールを手に入れ、囁く者の拠点へ。アルファに気に入られようと、囁く者の試練を乗り越えたニーガンは、遂にアルファに跪き、忠誠を誓う…。ニーガンは囁く者の一員となり、再びダリルたちの脅威となってしまうのか?

    【無線の声の主は?】

    シーズン9のラスト、エゼキエルとジュディスがラジオでの交信を終えると、「もしもし、誰か聞いてる?」と遠くから呼びかける声が入ってきた。果たしてこの声の主は一体…?さらに、シーズン10の前半ではユージーンは衛星の機材を送信機に利用した無線を完成させるが、これにより新たなコミュニティとの接触が生まれることに!リックが連れて行かれたヘリや、マギーが暮らしているという街コモンウェルスと関係しているのか…?果たして、このコミュニティの詳細は明かされるのか!?
  • アルファの嘘を知ってしまったガンマだが…。
    【“囁く者”との対立は本格化…?】

    シーズン10では、囁く者側のストーリーが更に描かれ、アルファとベータの関係について掘り下げられるほか、グループ内の問題にも焦点が置かれる。前半のストーリーでは、アルファが囁く者たちに「リディアを殺した」と嘘をついていたことが明らかに。自分たちのため、娘の命をも手にかけたアルファを絶対的リーダーとして崇めていた囁く者たちだが、この事実を知ったとき、彼らはどのような反応を示すのか?

    一方、「境界線」も引き続き争点となる。シーズン9の最後でダリルたちがやむを得ず境界線を越えた時、そこに囁く者たちはいなかった。少なくとも、いないと思っていたのだが…。この「境界線」をめぐり、囁く者とダリルたちの対決が本格化していく予感!

    アンジェラ・カンは、「今までは重火器などでの戦争を描いてきたけれど、これからはそういったものはなくなる」とコメント。一体どのような戦い方が描かれるのか? お互いに子供を奪われた、アルファとキャロルの戦いにも注目!
  • ★見どころ3★ ハリウッド豪華制作メンバー&キャストが集結した圧巻のクオリティー!

    第4話の監督を務めたのは、エイブラハム役で出演していたマイケル・カドリッツ !
    映画『ターミネーター』や『エイリアン』で有名な制作総指揮のゲイル・アン・ハードを筆頭に、強力な制作陣が集結した本作は、映画さながらの劇的なストーリーとハイレベルな映像クオリティーで視聴者を魅了。コミック原作者の人気作家ロバート・カークマンは、脚本や制作にも参加し、原作の別バージョンとも呼べるようなドラマならではのストーリーを紡ぎ出す。そして、ゾンビメイクの第一人者グレッグ・ニコテロの技術で作られたリアルすぎるほどの“ウォーカー”たちが、モノクロで描かれたアメコミ特有の世界を、色彩と躍動感あふれる映像へと昇華させる!

    ロングセラーコミックである原作とのリンクは保ちながらも、「ウォーキング・デッド」はドラマシリーズとしての独創的な世界観を確立。シーズンを追うごとにそのスケールは広がり続け、常にファンを引き付けて止まない卓越した物語が創り上げられている!残念ながら原作コミックは2019年7月に最終話を迎えてしまったが、映画版や新たなスピンオフ・ドラマの制作も決定している。16年間、193巻にわたって紡がれてきた壮大な原作ストーリーは幕を閉じたものの、「ウォーキング・デッド」ユニバースは今後も拡大していくだろう。

    また、主要メンバーで仲間の用心棒的存在でもあるダリル役の人気俳優ノーマン・リーダス(『処刑人』)をはじめ、アレクサンドリアのリーダー、ミショーン役のダナイ・グリラ(『ブラックパンサー』)や、シーズン9から新しく加わったルーク役の人気俳優ダン・フォグラー(『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』)、そしてアルファ役のサマンサ・モートン(『マイノリティ・リポート』)など、キャスト陣にも演技力に定評のある俳優が顔を揃える。「ウォーキング・デッド」が世界的ヒット作となった今、キャストたちは本作の出演をきっかけにさらなるスター俳優へと成長を遂げている。

    一方、シーズン10からの新キャストも続々と発表されている。囁く者の一員でアルファに心酔する女性、ガンマ役にソーラ・バーチ(『アメリカン・ビューティー』)、新たにアトランタの共同体と接触する生存者、バージル役にケビン・キャロル(『スノーフォール』)が抜擢された。さらに、原作でマギーの相手役となる存在のダンテも登場!原作コミックの設定とは異なり、アレクサンドリアで重要な役割を果たす役になるということだが、マギー役ローレン・コーハンのカムバックも気になるところ…。

    さらに、エイブラハム役を演じた俳優マイケル・カドリッツが、シーズン9に引き続き、シーズン10でもディレクターとして参加している。
  • 原題:The Walking Dead