フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

イントロダクション

放送予定

番組表
  • 2019/11/24(日) 20:00 第7話 間違った認識(原題: The Wrong Side of Where You Are Now ) [字]
  • 2019/12/01(日) 20:00 第8話 生きていればそれでいい(原題: No One's Gone ) [字]
  • 2019/12/08(日) 20:00 第9話 繰り返すだけ(原題: People Like Us ) [字]
  • 2019/12/15(日) 20:00 第10話 目を閉じて(原題: Close Your Eyes ) [字]
  • 2019/12/22(日) 20:00 第11話 合言葉(原題: The Code ) [字]

イントロダクション

  • 終末世界での生き残りを懸けた、もう一つのサバイバル・ドラマ

    全米ケーブルTV史上最高視聴率を記録した大ヒット作「ウォーキング・デッド」から誕生したスピンオフ作品、第4章!ベストセラー・アメコミ“The Walking Dead”原作者の人気作家ロバート・カークマンらが贈る、もう一つのサバイバル・ヒューマン・ドラマ。

    今シーズンでは、本家「ウォーキング・デッド」のモーガン・ジョーンズが登場!彼の目を通して、マディソン・クラークと彼女の家族の世界を描いていく。
  • シーズン4では…

    ダム爆発後、マディソンやニック、アリソンに一体何が起こったのか…?
    ダムの爆破から数年…。「ウォーキング・デッド」シーズン8でリックらのグループから別れたモーガンは、放浪の旅を続け、テキサスに辿り着いていた。独りになりたいと願うモーガンだったが、旅の途中で恋人を探すガンマンのジョン、そしてビデオジャーナリストのアルシアと出会い仲間になる。歩みを進めるうち、ニック、アリシア、ストランド、ルシアナのグループと遭遇。果たしてこの数年間で、マディソンたちに何が起こったのか…!?
  • ★見どころ1★ 全米で歴史的視聴率を記録! 奇才ロバート・カークマン驚異のスピンオフ作品。

    「ウォーキング・デッド」のスピンオフとして放送開始前から大きな話題を集めていた本作。そのデビューは華々しく、アメリカでのシーズン1第1話放送時には、なんと視聴者数1,000万人を獲得!* 「ウォーキング・デッド シーズン1」が記録した当時の米ケーブルTV最高視聴者数600万人を大きく上回り、米ケーブルTVの新作における最高視聴率記録を更新、アメリカTV界に新たな金字塔を打ち立てた。その後も人気は留まることなく、アメリカの放送局AMCでは「ウォーキング・デッド」に続くもうひとつの看板番組へと成長を果たしている。

    製作陣には、「ウォーキング・デッド」の原作者ロバート・カークマンを筆頭に、特殊メイクのグレッグ・ニコテロや大物プロデューサー、ゲイル・アン・ハードといった同作の主要スタッフも多く参加。さらには「サン・オブ・アナーキー」のデイヴ・エリクソンや、短編映画「ランチデート」でアカデミー賞・カンヌ国際映画賞を受賞後、「FRINGE/フリンジ」や「ザ・フォロイング」など多くの人気ドラマを監督したアダム・デヴィッドソンなど、実力派スタッフが参戦している。シーズン4では、これまで「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」シリーズで脚本家を務めていたアンドリュー・チャンブリスとイアン・ゴールドバーグがショーランナー(製作総指揮)に抜擢され、新たな世界観を作りあげている!

    また、スピンオフ作品でありながらも“ウォーキング・デッドの原点”を思わせる骨太なストーリーは圧巻!本家のファンはもちろんのこと、単体の作品としても成立する物語は、これまで同作を見たことがない視聴者も入り込める力強い魅力に溢れ、「ウォーキング・デッド」の入門編としても最適。ゾンビの発生を皮切りに、予測のつかない展開を見せる物語が今後どのような盛り上がりを見せていくのか、まさに見逃せない作品となっている。

    *視聴者数1,010万人(うち18~49歳 約630万人)を記録。米ニールセン調べ。
  • ★見どころ2★ 本家「ウォーキング・デッド」のキャラクターも登場!前作から数年後の世界へタイムジャンプ。

    孤高の棒術師、モーガン・ジョーンズ。主要キャラクターとして「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」に登場!
    シーズン4では、本家「ウォーキング・デッド」とのクロスオーバーが実現!物語は、救世主との全面戦争が終わった直後、モーガンがゴミ山にいるところからスタート。まるで本家の続きを見ているようなデジャブ感でシーズン4が幕を開ける。リック、キャロル、ジーザスの説得も虚しく、モーガンは、彼らのコミュニティから離れることを決意。本家から姿を消し、「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」に登場する形となる。
  • 後半では、ハリケーンが襲来。ゾンビが空を飛ぶ?!
    毎シーズン新たなコミュニティが登場する本作品だが、シーズン4でも新しいキャラクターが続々と登場。モーガンが旅の途中で出会うのは、恋人を探すガンマンのジョン(ギャレット・ディラハント)とビデオジャーナリストのアルシア(マギー・グレイス)。やがて仲間となり、共に歩みを進める。一方で、これまで物語で中心となってきたマディソンたちは、ダムの爆破によりバラバラになってしまったが、あれから数年が経ち、野球場でチャーリー(アレクサ ニセンソン)という少女らと共に新たなコミュニティを確立していた。そんなマディソンたちに、「ハゲタカ」と呼ばれる新たなコミュニティが近づく。果たして彼らは、どのような人間関係を築いていくのか…?
  • 原作者・製作総指揮・脚本

    ロバート・カークマン

    漫画家として知られるロバート・カークマンは「ウォーキング・デッド」の原作者であるほか、「アルティメット X-MEN」や「マーベル・ゾンビーズ」、「Invincible」など、数々の有名作品を生み出してきた。多くのマーベル・コミックに携わり、ほかにも「キャプテン・アメリカ」や「ファンタスティック・フォー」を手がけるなど、アメリカを代表するヒットメーカー。また、本作を始め、ドラマ版「ウォーキング・デッド」、「アウトキャスト」でも製作総指揮として番組に名を連ね、映像制作のフィールドでも幅広く活動している。
  • 原題:Fear the Walking Dead