マーズ 火星移住計画 シーズン1 全話一挙放送 + シーズン2 第1話 特別放送

マーズ 火星移住計画 シーズン1 全話一挙放送 + シーズン2 第1話 特別放送
マーズ 火星移住計画 シーズン1 全話一挙放送 + シーズン2 第1話 特別放送
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

イントロダクション

放送予定

番組表
  • 2月10日(日) 12:00~19:00 マーズ 火星移住計画 <二> 第1話~第6話(最終話) + ボーナス・エピソード <字>
    2月12日(火) 21:00~22:00 マーズ 火星移住計画2 <二> 第1話

イントロダクション

  • ナショナル ジオグラフィック「マーズ 火星移住計画」最新シーズン放送開始を記念してシーズン1全話と最新シーズンの第1話をFOXでも特別放送!

  • マーズ 火星移住計画 <二> 第1話~第6話(最終話)

    それは凶星か、人類の新天地か。

    太陽系の惑星の中でも、火星ほど人類の想像力を刺激するものはない。2033年、初の火星有人ミッションとして6人のクルーが飛び立つ。近未来ドラマに専門家のインタビューなどを交えつつ、火星への居住を目指す人類の壮大なる挑戦を描く。

    ※最終話の後にはボーナス・エピソード <字>も合わせて放送。
  • マーズ 火星移住計画 2 <二> 第1話

    移住から10年、遥かなる新天地は幻か―

    火星ー西暦2042年。第1の火星移住クルーはコロニーでの生活に順応し、さらなる研究を進めるべく模索していた。しかし民間企業の新たなる人員が到着すると資源をめぐる対立など、違う目的を持った相手との共存の難しさが浮き彫りとなる。現代の宇宙開発を語るドキュメンタリーパートでは火星移住に向けた課題、宇宙開発と地球環境汚染の対比などを紐解いていく。

    ※第2話は、特別放送の直下22:00よりナショナル ジオグラフィックでご覧いただけます。
  • ★見どころ1★ ハリウッド豪華製作メンバーが集結!

    アカデミー賞&エミー賞受賞の監督 ロン・ハワード(『アポロ13』、『ビューティフル・マインド』)と映画プロデューサー ブライアン・グレイザー(『ビューティフル・マインド』、『24』)が製作総指揮を務め、ロン・ハワードが信頼を置く、洞察力に優れたメキシコ人映画製作者エベラルド・ゴウト(『クライム・シティ』)がドラマ部分の監督を務める。
  • ★見どころ2★ ドラマとドキュメンタリーの融合と親和性の高さ

    各エピソードでは近未来ドラマと現在のドキュメンタリーを行き来する構成で描かれる。ドラマ部分では各エピソードでは、登場人物達に様々な試練と難題が降りかかる。それぞれの専門知識を活かし、力を合わせて乗り越えていく姿はドラマチックな脚本と映画使用の視覚効果で見ている者を飽きさせない。またドキュメンタリー部分では火星で登場人物の身に降りかかる問題に沿うように、現在の地球や宇宙開発の問題点を有識者や研究者達のインタビューなどで浮き彫りにしていく。