LAW & ORDER: 性犯罪特捜班 シーズン22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

エピソード

各エピソードには「ネタバレ」が含まれている場合がございます。
注意してご覧ください。

  • 第1話 無自覚な差別(GUARDIANS AND GLADIATORS)

    セントラルパークでエリックという青年が頭部と下半身から血を流し倒れていた。現場にいた白人女性コリーンはジェイボンという黒人男性が犯人と指摘。野次馬が集まる中、ベンソンとフィンは騒ぎが大きくなることを恐れジェイボンを連行する。
    その様子を撮影するビデオが流出したことでSVUは市民の非難にさらされる。その後、潔白が証明されたジェイボンがSVUを訴えたことがエリックの事件にも影響を及ぼすのだった。
  • 第2話 ドワイトとアイリーナのバラード(BALLAD OF DWIGHT AND IRENA)

    ある日SVUの捜査官たちは、通報を受けて駆けつけた先でアイリーナという女性が倒れているのを発見する。アイリーナの恋人ドワイトは粗暴な男で、アイリーナの息子ウィルを虐待しているという疑いも浮上していた。
    しかしアイリーナもウィルもドワイトの暴力を否定。証拠不十分でドワイトは野放しのままとなる。その夜、アイリーナ宅の近所から再び通報が。アイリーナを案じたSVUが駆けつけると倒れていたのはドワイトだった。
  • 第3話 藪の中(REMEMBER ME IN QUARANTINE)

    1ヵ月ほど前から行方不明だという、イタリア人留学生マリアを探してほしいと、ロッシ警部補から協力を求められたベンソン。マリアがルームシェアしていたアパートを訪ね、同居人から話を聞くと、彼女は感染を恐れて皆と距離を取っていたが、突然いなくなったという。
    部屋を調べると、漂白剤で血を拭きとった跡が見つかる。さらに近くのレストランの冷凍庫で彼女の遺体を発見。同居人たちから話を聞くが、次々にウソが発覚する。
  • 第4話 法と自警のはざまで(SIGHTLESS IN A SAVAGE LAND)

    SVUにアンバー警報が通達される。13歳の少女ニディアがトラックに押し込まれるのを見たと養父のエイジェイ・シャーマが通報したのだ。
    彼は児童保護局に勤務のベテランで何人もの養子を受け入れている。彼はニディアとケンカし、彼女が家を飛び出したと証言するが、発見され病院へ運ばれたニディアは妊娠しており、赤ん坊の父親は養父だと主張する。
    レイプで逮捕されたエイジェイの罪状認否に、実父のミッキーが現れる。
  • 第5話 幻の恋人(TURN ME ON TAKE ME PRIVATE)

    性的なネット配信で利益を得ているゾーイ・カレラがレイプされた。配信を観ていたユーザーが通報したことで事件が発覚。
    素姓を隠して配信しているゾーイは起訴に消極的だったが、ベンソンたちに説得され捜査に協力する。配信を装ったおとり捜査でファンの1人ゲイブ・ミラーの犯行と分かった。
    しかし逮捕されたゲイブは演出の一環だったと主張。最終的には司法取引の内容に納得せず、自らが弁護士として裁判に臨むのだった。
  • 第6話 証言の力(THE LONG ARM OF THE WITNESS)

    あるレイプ事件の裁判がサフォーク郡で開かれた。判事のギャラガーは被告人に同情的な態度を示して公訴を棄却し、直後にニューヨーク州検事総長への立候補を表明する。
    その支援者の中には被告人のおじであるトムの顔があった。トムとギャラガーは大学時代からの友人だったのだ。
    SVUはサフォーク郡での判決を覆すためにギャラガーの過去を探り、ギャラガー自身が大学時代にレイプの疑いを掛けられていたことを突き止める。
  • 第7話 落ちた信頼(HUNT, TRAP, RAPE, AND RELEASE)

    窓から侵入した男にレイプされる事件が発生。被害者は両手を祈るようなポーズで縛られ、“いい子にしろ”と脅されていた。
    ブロンクスでも同様の手口での事件が、この1年で6件起きていたことが判明。元重要事件捜査班のバレク警部補が指揮を執るブロンクスのSVUと共同捜査することになるが、担当刑事のモルドバンは気に食わない。
    何の手掛かりもないため再度、被害者に話を聞くことにするが、新たな被害者が出てしまう。