ブリティッシュ ベイクオフ シーズン4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

エピソード

各エピソードには「ネタバレ」が含まれている場合がございます。
注意してご覧ください。

  • 第1話 ケーキ(Cakes)

    ベイクオフテントに全国から選び抜かれた個性豊かな13人の"ベイカー"が集結する。ベイキング界の重鎮で審査員のポールとメアリーが厳しい目で見守る中、司会のメルとスーがベイカーたちの気持ちを和らげ、応援する。「オリジナルチャレンジ」はサンドイッチケーキ、「テクニカルチャレンジ」はエンジェルフードケーキ、「マスターピースチャレンジ」はチョコレートケーキ。3つの課題に挑み、脱落した1名がテントを後にする。
  • 第2話 パン(Bread)

    2週目に勝ち進んだベイカーたちが挑戦するのは、ポールの専門分野でもあるパン作り。ポール自身、一番難しい料理だと認めるほど知識や技術を要する課題に、お菓子は作り慣れている彼らも、普段作らないパン作りに苦労する。「オリジナルチャレンジ」はブレッドスティック、「テクニカルチャレンジ」はイングリッシュ・マフィン、「マスターピースチャレンジ」は装飾を施した独創的な外見と味のパンに挑戦する。
  • 第3話 デザート(Desserts)

    3週目の課題は「デザート」。「オリジナルチャレンジ」はイギリス伝統のデザート、トライフル。それぞれが思い思いのトライフルを作る中、デボラが間違えて他の挑戦者の材料を使ってしまうアクシデントが発生。「テクニカルチャレンジ」はカスタードソースにメレンゲを浮かべたイル・フロッタント。簡単な説明しか書いてないレシピを頼りに、ベイカーたちは試行錯誤する。「マスターピースチャレンジ」は24個のプティ・フール。
  • 第4話 パイとタルト(Pies and Tarts)

    4週目の課題は「パイとタルト」。「オリジナルチャレンジ」はフルーツパイ。ベイカーたちは思い思いのパイを作るが、フルーツから水分が出てしまい、底までパリッと焼けているパイという条件を満たすのに苦戦。「テクニカルチャレンジ」はカスタード・タルト。シンプルながらも難しいカスタード・タルトにベイカーたちは四苦八苦。「マスターピースチャレンジ」はフィロ生地のパイ。ベイカーたちはそれぞれの方法で取り組む。
  • 第5話 ビスケットとトレイベイク(Biscuits and Traybakes)

    5週目の課題は「ビスケットとトレイベイク」。「オリジナルチャレンジ」はイギリスの定番のお菓子、トレイベイク。四角い型に材料を入れて焼き上げた後、小さく切り分ける。「テクニカルチャレンジ」はメアリーのレシピに基づき、チュイールを作る。薄く美しい曲線を描くお菓子で技術力が試される。「マスターピースチャレンジ」はビスケット・タワー。大量のビスケットを焼き、30センチ以上に積み上げるチャレンジ。
  • 第6話 菓子パン(Sweet Dough)

    第6週目の課題は「菓子パン」。「オリジナルチャレンジ」はティーローフ。具が多いこのパンは、なかなか発酵が進まず生地が膨らまないため、思い通りにいかないベイカーたちは苦戦する。「テクニカルチャレンジ」はポールのレシピで作るアプリコット・クーロンヌ。「マスターピースチャレンジ」はヨーロッパのパン2種類。菓子パンの生地は発酵に時間がかかるため、30分で生地を作り、翌日4時間でパンを焼き上げることに。
  • 第7話 ペストリー(Pastry)

    7週目は「ペイストリー」。「オリジナルチャレンジ」は伝統料理スエット・プディングを、ベイカーたちの手によって新たに蘇らせる。「テクニカルチャレンジ」はフランスのお菓子、8人の修道女。メアリーのレシピで完璧なシュー・ペイストリーの修道女を作り出せるかどうか審査される。 ペイストリー・マラソンの最後の難関「マスターピースチャレンジ」でベイカーたちに課せられた課題は、3種のパフ・ペイストリー。
  • 第8話 準々決勝(Quarter Final)

    準々決勝を迎えた5人が挑戦するのは、日頃使わない粉で究極のパンやデザートを作ること。「オリジナルチャレンジ」はスペルやライ麦等、昔ながらの粉を小麦粉代わりに使った個性豊かなパン作り。「テクニカルチャレンジ」はヘーゼルナッツを混ぜ込んだメレンゲとコーヒーカスタードで作るダックワーズ。「マスターピースチャレンジ」は乳製品フリー。乳製品を一切使わず焼き上げた野菜3Dノベルティケーキで審査員をうならせる。
  • 第9話 準決勝(Semi- Final)

    準決勝に挑む4人のベイカーに与えられた課題はフランス菓子。「オリジナルチャレンジ」は3種類のカナッペを各12個。それぞれ工夫を凝らしたカナッペを作る。「テクニカルチャレンジ」はシャルロット・ロワイヤルというケーキ。なじみも薄く、作業も多いケーキにベイカーたちは苦労する。そして、「マスターピースチャレンジ」はオペラケーキ。繊細かつ複雑なオペラケーキに、ポールたちの審査も厳しくなる。
  • 第10話 決勝(The Final)

    いよいよ決勝の日を迎え、9週間の闘いを勝ち進んだ3人のベイカーが最後の戦いに挑む。「オリジナルチャレンジ」は高度な技術が求められるピクニック・パイ。「テクニカルチャレンジ」はポールのレシピで作るプレッツェル2種。「マスターピースチャレンジ」はウェディングケーキ。完成品がガーデン・パーティー会場に運ばれ、これまで彼らを支えてきた家族や友人、共に戦ったベイカーたちが温かく見守る中、優勝者が発表される。