グッド・ワイフ シーズン1

グッド・ワイフ シーズン1
グッド・ワイフ シーズン1
グッド・ワイフ シーズン1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

エピソード

各エピソードには「ネタバレ」が含まれている場合がございます。
注意してご覧ください。

  • 第1話 夫の裏切り(Pilot)

    シカゴのクック郡。娼婦との密会映像をリークされ、州検事を辞任したピーター・フロリックは会見に臨む。半年後、妻アリシアは法律事務所に就職し、弁護士として復帰する。
  • 第2話 正義のかたち(Stripped)

    アリシアはレイプされたストリッパーの民事訴訟で、ウィルのサブにつく。訴える相手は、マッキーオン家。ウィルは勝ち目がないと見て、直接先方の弁護士と交渉することに。
  • 第3話 過去との決別(Home)

    新しい学校になじめず、以前住んでいたハイランドパークを懐かしがるグレース。仕事量が多いケイリーに比べ、アリシアや他のアソシエイトは努力が足りないと釘を刺される。
  • 第4話 疑惑の陪審員(Fixed)

    アリシアとケイリーは、ダイアンが担当の薬物被害訴訟に駆り出される。原告は、元トライアスロン選手のレイ・デモリー。彼は医師に処方された薬を飲んで、脳卒中を起こす。
  • 第5話 苦渋の選択(Crash)

    列車事故で犠牲となった運転士三名の遺族が、会社側のクロスナショナル輸送を訴えた。ウィルは、会社側が運転士三名を酷使していたことが列車事故につながったと主張する。
  • 第6話 冤罪(Conjugal)

    六年前の強盗殺人事件で、死刑判決を受けたクラレンス・ウィルコックス。一審を担当したリーガルエイドには、控訴審を扱えるスタッフがおらず、アリシアの事務所が担当に。
  • 第7話 安息日の罠(Unorthodox)

    事務所はリストラを敢行。対象になりそうなアリシアは、事務所のパートナーの娘の共同弁護をすることに。彼女はユダヤ教に改宗しており、事件はその安息日に発生していた。
  • 第8話 放火犯(Unprepared)

    自分の研究室に放火した容疑で科学者が逮捕される。証人を探し、無実を訴える科学者の弁護の準備を進める一方で、アリシアは夫ピーターの保釈聴聞手続きで、証言台に立つ。
  • 第9話 三人目のパートナー(Threesome)

    事務所のパートナーが飲酒運転で逮捕され、彼はアリシアに弁護させる。訴訟の準備が進められる一方で、コールガールがトークショーに出演し、アリシアの夫との情事を暴露。
  • 第10話 Lifeguard(判事の器)

    少年裁判を任されたアリシアは、人種差別と偏見による裁決が疑われる、バクスター判事と対決する。一方で、アリシアの上司のダイアンは、判事に立候補しないかと誘われる。
  • 第11話 言論の自由(Infamy)

    州検事の妻が離婚協議の代理人にアリシアを指名。意外にも、夫の政治スキャンダルの謎を解く鍵が。一方、事務所は誘拐事件で母親を中傷した、辛辣なコメンテーターと争う。
  • 第12話 突然死の謎(Painkiller)

    高校生のクォーターバックが薬物の過剰摂取で死亡。そしてアリシアの調査が、医師のキャリアを脅かしてしまう結果に。州検事のチャイルズはピーターの控訴審を控え…。
  • 第13話 悪夢の弁護(Bad)

    アリシアは民事訴訟を担当する。依頼人は妻殺しで無罪判決を受けてはいたが、不気味な男。アリシアの上司ダイアンは刑務所に送り込んだ殺人犯が釈放され、自衛手段に出る。
  • 第14話 48時間(Hi)

    ベビーシッターが殺害され、48時間でその家の夫の無実を証明する必要がある。だが、出てくる証拠は夫の犯行だと思わせるものばかり。一方、ピーターの帰宅を控え…。
  • 第15話 夫の帰宅(Bang)

    企業の投資詐欺事件が殺人に発展した訴訟。夫に不利な証言を妻にさせようと、アリシアは法の抜け穴を探す。ダイアンは、威張ってはいるが魅力的な弾道解析の専門家を雇う。
  • 第16話 堕ちた正義(Fleas)

    アリシアとウィルは殺人容疑で連行された弁護士を弁護。何者かがアリシアとピーターの夫婦生活についてツイッターでつぶやき、ピーターの公職復帰キャンペーンに水を差す。
  • 第17話 出張法廷(Heart)

    アリシアとウィルは依頼人の胎児を救うため、保険会社と闘う。保険会社は子宮内手術は適用外だと支払いを拒んでいた。公職復帰を図るため、ピーターは宗教に救いを求める。
  • 第18話 十二人の善良な市民(Doubt)

    アリシアとウィルの今回の依頼人は女子大学生のビアンカ。彼女には同じ学生寮に住む友人の胸を銃で撃ち、殺害した疑いがかかる。だが真実は?そして陪審員の評決は…。
  • 第19話 風刺画の波紋(Boom)

    報道の自由とイスラム過激派が絡む訴訟で、アリシアは事務所の元パートナーと闘うことに。だがアリシアには秘策があった。一方、アリシアを失うことを恐れたピーターは…。
  • 第20話 ヘンゼルとグレーテル(Mock)

    アリシアを追い、ピーターは自宅拘留の境界線を越え、電子監視装置を作動させてしまう。一方、アリシアが弁護する大家の女性。インドへの強制送還の危機にさらされていた。
  • 第21話 最終宣告(Unplugged)

    ロックスターの離婚調停で妻の代理人を事務所が担当。だが夫は事故で意識不明、妻と若い婚約者が代理権を巡り争うことに。一方、アリシアとケイリーの競争に決着がつく。
  • 第22話 よみがえる悪夢(Hybristophilia)

    アリシアは、妻殺しを疑われた依頼人が自宅で女性の死体と手錠で繋がれたまま立ちつくす現場に居合わせる。正当防衛か計画的犯行か…。解雇されたケイリーは進退を決める。
  • 第23話 決断のとき(Running)

    同僚たちの銃の隠匿を証言した捜査官が殺される。事務所は不法行為と捉え、その妻の代理人となり訴訟を起こそうとする。一方、アリシアは夫かウィルか決断のときを迎える。