アメリカズ・ネクスト・トップ・モデル シーズン24

アメリカズ・ネクスト・トップ・モデル シーズン24
アメリカズ・ネクスト・トップ・モデル シーズン24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

エピソード

各エピソードには「ネタバレ」が含まれている場合がございます。
注意してご覧ください。

  • 第1話 無限の美(The Boss Is Back)

    番組発起人、タイラ・バンクスがついにカムバック。審査員には前シーズンからアシュリーとドリュー、ロウが続投。美しさには年齢も体形も肌の色も関係ない。最年長42歳を含む候補者たちは、各自で用意した写真で審査に挑む。通過者はアバンギャルドな衣装で写真撮影へ。残った18人は共同生活を送る豪邸に移動するが、目にしたのは14人分のベッド。いつ誰が脱落するか分からない状況の中、不安を抱えたまま審査の結果を待つ。
  • 第2話 美しきL.A.(Beauty Is Los Angeles)

    最初の課題の舞台はベニスビーチにあるスケートパーク。スケートボーダーたちが滑る中、コンクリートの狭いスペースをウォーキングする。前シーズンから引き続きステイシーがランウェーコーチを務め、候補者たちに厳しくも温かいアドバイスを送る。2つ目の課題は特殊メイクを使い、セレブの間でブームになっているマタニティフォトに挑戦。最初の脱落者になるのは誰なのか?そして豪邸での共同生活は早くも波乱の予感が。
  • 第3話 美の再定義(Beauty Is A Trademark )

    個性を引き出すため、タイラが候補者たちにイメチェンを命じる。大胆な変化を喜ぶ者もいれば戸惑う者もいる。汎発性脱毛症のジーナの勇気ある決断が、ロウとドリューに感銘を与えて、ある決断をさせる。トレードマークを手に入れた候補者たちは、新たな魅力を発揮すべく、ディレクター・Xが監督を務めるビデオ撮影に臨む。一方、クリスティーナがサンドラやブレンディ・Kと揉めて、共同生活を送る豪邸は険悪なムードに包まれる。
  • 第4話 美しさと表現力(Beauty Is Drama)

    一流モデルには表現力も不可欠。そこで今回の課題ではセリフを覚え、ケヴィン・フィリップスを相手役に迎えて、アンソニー・ヘミングウェイ監督のスクリーンテストに臨む。2つ目の課題は、さらに表現力を磨くべく、B・アカーランドにスタイリングしてもらい、恐怖と美しさをテーマに写真撮影を行う。一方、あることを機に、リズと一部の候補者たちとの関係が急激に悪化。リズは共同生活への我慢が限界に達し、ある決断をする。
  • 第5話 型破りな美しさ(Beauty is Unconvential)

    今回のテーマは“型にはまらない美しさ”。人気ビューティー・ブロガーのパトリック・スターをゲストに迎え、グループに分かれて、変わったアイテムを使ったメイク動画に挑戦する。リオにはどうしても勝ちたい理由があったが、結果は果たして…。その夜、候補者たちは初めて皆で外食に出かけるが、とある騒動が勃発する。2つ目の課題は、3人一組で作った“美のサンドイッチ”を撮影する。グループ写真での協調性が試される。
  • 第6話 プライドの美(Beauty is Pride )

    ゲイ・パレードが開催されているウェスト・ハリウッドを舞台に、候補者たちは自分でメイクして衣装を選び、特設ランウェーを歩く。さらに、翌日はヴァレンティーナやカーチャなど伝説的なドラァグ・クイーンたちがセットに登場。ドラァグ・クイーンが女王で候補者たちがその娘のプリンセスという設定で、2人一組での写真撮影に臨む。美しきクイーンに圧倒されず、存在感のある写真でベストショットに選ばれるのは誰なのか?
  • 第7話 ありのままの美しさ(Beauty is Raw )

    ヌード撮影を覚悟していた候補者たちだが、マニキュアを施しノーメイクでの写真撮影だとわかり安心する。タイラがカメラマンとなり、皆は“ありのままの姿”をさらけ出して撮影に臨む。さらに、3人一組でイジメに反対するキャンペーン動画を撮影。いじめられた過去や子ども時代のつらい記憶を呼び起こし、リアルな感情を表現することを求められる、過酷な挑戦となる。一方、クリスティーナは心を開いて皆に話をするのだが…
  • 第8話 自撮りを美しく(Beauty is Social )

    今やモデルはSNSを活用して人気を集めるのが当たり前の時代。タイラが候補者たちに自撮りの秘訣を伝授する。最初の課題では、スーパーモデルのジョーダン・ダンが手掛けるブランドの服を着て、タイラのアドバイスを生かし自撮りする。さらに、ネットで注目を集めるため、プラスサイズの男性モデルをオーディションで選び、全身をゴールドに塗って写真撮影に臨む。共同生活では、今度はリオとカイラの間にモメごとが勃発する。
  • 第9話 美しき躍動(Beauty is Movement )

    今回の課題はムーブメント。全身を使った、躍動感のある表現を求められる。まずは振付を覚えて、スポーツウェアのモデルに挑戦。動く姿が審査される。勝者はスパに行きトリートメントを受けられるため、候補者たちは奮起するが、ブレンディだけは撮影に集中できずにいる。さらに、その後は砂漠に行き、パラシュートを背にした写真撮影。視界の外にあるパラシュートの動きに合わせ、一体感を保ちながらも美しさを表現できるのは?
  • 第10話 美の現実(Beauty is Real )

    候補者6人は現実世界へ飛び出し、3人のデザイナーのもとを訪れる。各デザイナーに選ばれた1名は、本物のランウェーショーに出演することができるのだ。何としてでもショーに出たい候補者たち。エリンは審査員の気を引こうと個性を前面に出す。次に向かった先では、ペーパー誌の表紙写真を撮影することに。ドリューが考えたテーマに沿ってイメチェンをする6人。スタイリストに注文をつけるシャニースに、ドリューの顔が曇る。
  • 第11話 個性の美しさ(Beauty is Personality )

    今回の課題は、モデルをするうえで最も重要な個性がテーマ。トップ5に残った候補者たちは、まずは番組アプリに登場するアバターの作成に挑戦する。15分間で自分のアバターを作り、発表することに。後半では、再びディレクター・Xが登場。ミュージックビデオを撮影する。最近絶好調だったリオは自信満々で臨むが、思うようにいかず、焦りだす。一方、課題でイマイチな評価を得たジーナは、名誉挽回のために驚きの行動に出る。
  • 第12話 復活する美女(Beauty is a Comeback )

    今回はファンが選んだ過去の課題に挑戦する。敗者復活戦であることが判明し、トップ4に選ばれた候補者たちは憤る。4人の中から1人が脱落し、入れ替わりで1人が復活するのだ。1つ目の課題は巨大なバブルボールに入って細いランウェーを歩くというもの。既に脱落した候補者たちも参戦。出来のよかった4人が一時的に共同生活に戻ってくる。2つ目の課題はタランチュラを身につけての写真撮影。敗者復活を果たすのは誰なのか?
  • 第13話 美髪の条件(Beauty is Commercial )

    最初の課題では、番組のスポンサーであるパンテーンの商品をPRする写真を撮影。髪質に応じた商品を与えられた4人は、パンテーンの広報担当者を前に、セルフ・プロデュースしてアピールする。2つ目の課題では、同じ商品の広告用写真を撮影。ブランドのイメージに合ったハイファッションな写真を撮るべく奮闘する。今回は特別審査員としてデザイナーのフィリップ・プレインが加わり、ファイナリストの発表は驚きの展開に。
  • 第14話 頂点に立つ美女(Next Level Fierce )

    ついにシーズンフィナーレ。まずペーパー誌の特集用の写真撮影を行う。最後の決戦は、フィリップ・プレインのショーでのランウェー対決。ジーナはウォーキングに自信があるが、モデルとしての経験がないシャニースとカイラは不安を抱え、クリスティアナは自信をなくしていた。最後まで、いつ脱落するかわからない緊張感を抱えたまま、4人は負けられない戦いに臨む。さらなる激情を示して、トップモデルに選ばれるのは誰なのか?