レギオン シーズン2

レギオン シーズン2
レギオン シーズン2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

エピソード

各エピソードには「ネタバレ」が含まれている場合がございます。
注意してご覧ください。

  • 第1話 帰還(Chapter 9 )

    球体に連れ去られたデヴィッドが、あるクラブでプノトミーたちに保護される。椅子に体を縛り付けられた状態のデヴィッドは衰弱した様子で、不可解な言葉を発するのだった。その後、ディビジョン3へと移送され、自らが置かれている状況についてプノトミーから説明を受ける。そして恋人のシドニーとも再会するが、連れ去られた日が前日だと思い込んでいた彼は、約1年前に姿を消したとシドニーに告げられ、あぜんとするのだった。
  • 第2話 砂漠の水晶(Chapter 10)

    未来にいるシドニーと会ったデヴィッド。彼はシドニーから、あるメッセージを受け取る。その内容は、ファルークの体を捜すのを手伝えというもの。はっきりとした理由は分からないものの、シドニーを愛するデヴィッドは彼女のメッセージに従おうと決意するのだった。ファルークの心が体から分離し、オリバーの体に潜んでいると考えたデヴィッドは、オリバーの居所を突き止めるためにケリーたちのもとを訪れ、彼らに協力を要請する。
  • 第3話 反偽薬効果(Chapter 11)

    ファルークの体を捜すのを手伝うべきとシドニーに言われたデヴィッドは、まずその手始めとして、体の在りかを知っていると思われる僧の居場所を探ろうとする。
  • 第4話 未来を握る過去(Chapter 12 )

    謎の病に感染したシドニーを救うために、彼女の心を読もうとするデヴィッド。その結果、デヴィッドは彼女の過去までも知ってしまうことになる。人に触れられるのが嫌いだったシドニーは、幼い頃から他者との関わりを拒んでいた。そのせいで学校ではいじめを受け、母親との関係もうまくいかず、孤独な幼少期を送っていた。そんな過去に同情しつつ、デヴィッドは自らの彼女の対する愛情で、必死にシドニーを現実に引き戻そうとする。
  • 第5話 現在の姿(Chapter 13 )

    ディビジョン3の取調室でクラークから質問を受けるレニー。しかしレニーは質問にまともに答えず、自らの過去や祖母について話したり、自身が悪人でないことを主張したりする。レニーの態度にしびれを切らしたクラークが部屋を出ようとすると、レニーはデヴィッドに会わせるようクラークに懇願するのだった。その頃、ファルークはオリバーと共にいた。死体について語る2人は車を走らせ、その死体があると思われる場所へと向かう。
  • 第6話 起点(Chapter 14)

    スーツ姿のデヴィッドが、大人数分のコーヒーを抱えて建物に入る。そこは投資顧問会社のビルで、デヴィッドはその会社の新入社員だった。会議室では、ある企業同士の合併の話し合いが進められており、デヴィッドは会議に出席している両社の代表者の心を読んでしまう。そして彼は、1社の代表者が自社にとって不利益となる情報を隠蔽していることを悟り、他社の代表者へとその情報を伝える。その結果、合併は中止となるのだった。
  • 第7話 懐疑心(Chapter 15)

    ファルークと対峙するデヴィッド。2人は宮殿の中にあるような華やかな部屋で、食卓につきつつ会話を始める。姉のエイミーをファルークに殺されたデヴィッドは、その怒りを彼にぶつける。一方ファルークは、そもそも姉が苦しむことをデヴィッドが望んでいたと指摘し、これまで隠していた自らの本性を世の中にさらすべきと助言する。その結果、意見を衝突させ互いが仲間ではないと悟った2人は、協力体制を解消するのだった。
  • 第8話 過去探し(Chapter 16)

    僧が死に、デヴィッドとシドニーはファルークの体をどう捜すか模索していた。未来の自分が何かを知っているかもしれないと思ったシドニーは、その旨をデヴィッドに伝えるが、未来のシドニーに不信感を抱いているデヴィッドは彼女の発言に動揺してしまう。一方、ファルークはある老人ホームを訪れる。そこには、彼の葬儀の際に運転手を務めていた女性が入所しており、ファルークは彼女に体をどこに運んだのか尋ねるのだった。
  • 第9話 メランコリー(Chapter 17 )

    オリバーと再会したメラニー。愛し合い共に過ごした日々を語るオリバーだが、彼に捨てられたと思っているメラニーは、自分を置き去りにしたとオリバーを責める。そして、自らの年老いた姿を彼に見られることを恐れていたと告白するのだった。ラボにいた2人のケリーたちは、断片的なイメージを同時に思い浮かべる。デヴィッドによるメッセージだと感じた彼らは、そのイメージを手がかりに使命を果たそうと奮闘する。
  • 第10話 暗黒生物(Chapter 18 )

    デヴィッドとシドニーが荒野のテントで夜を明かして朝を迎える。目を覚ましたシドニーがテントの外へ出てみると、地面に1つの大きな穴があった。のぞいてみると、かなり深い様子。その穴から地面へと伸びていたヒモに手を引っ張られ、シドニーは穴へと落ちてしまう。その頃、テントにいたデヴィッドも目を覚まし、彼女が姿を消したことに気がつく。そして、シドニーを捜すうちに、デヴィッドもその大きな穴を見つけるのだった。
  • 第11話 真実の所在(Chapter 19 )

    荒野でファルークを殴り殺そうとしているデヴィッド。そこにシドニーが現れ、自らを善人と主張する彼の行為を残酷だと非難する。これまでは彼のことを、世界を救う英雄だと思っていたシドニーだったが、メラニーと話したことで考え方が大きく変わり、デヴィッドを、世界を終わらせる危険な存在だと信じるようになったのだった。デヴィッドにだまされたと強く感じるシドニーは、彼に銃口を向け引き金を引こうとする。