彗星特集 衝撃に備えよ

彗星特集 衝撃に備えよ
彗星特集 衝撃に備えよ
彗星特集 衝撃に備えよ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

イントロダクション

放送予定

番組表
  • 7月21日(土) 13:30~

イントロダクション

  • 彗星衝突…それは架空話でなく、実際に起こりうる宇宙の悲劇。その衝撃は、惑星すべての生き物を死滅させ、星ごと消し去ってしまう実例もあるといいます。

    …そんな、そんな破滅を感じさせるインパクトのある映画は、FOXムービーにはちょっとしかないのですが、そう、そこにあるのは、恐怖や絶望ではなく…愛に満ちあふれた人間ドラマなのです。というか、しっかり当たるので、衝撃に備えてください。
  • ディープ・インパクト

    地球は今、滅亡へのカウントダウンに入った。

    ホワイトハウスの女性スキャンダルを追っていたテレビ局のジェニーは、「エリー」という名に行き当たる。だがそれは女性の名ではなく、「Extinction Level Event(種の絶滅を引き起こす事象)」の略だった。大統領は、1年後に未知の彗星が地球に衝突する可能性があることを公表。彗星を核爆発させて軌道修正するプロジェクトを進める一方、アメリカ政府は万が一のために100万人が避難できる地下シェルターを建設していた…。
    【放送日時】7月21日(土) 20:55
  • アースフォール

    隕石の嵐が降り注ぐ地上で、決死のサバイバルに挑む!

    小惑星の接近により、未曾有の危機を迎えた地球。軌道を外れた地球は、アステロイドベルト(小惑星帯)に向け暴走を開始した。自転を停止した地球の半分は闇に包まれ極寒の嵐が、残りの半分では灼熱の嵐が吹き荒れる。作家のスティーヴン、妻で科学者のナンシー、娘のレイチェル。バラバラになってしまった3人の家族は、互いの行方を探しながら壮絶なサバイバルに挑む。その頃、政府は核弾頭により地球の軌道を変える最終計画、SAFE作戦を発動していた…。
    【放送日時】7月21日(土) 15:20
  • ディープ・インパクト2016

    地球最大の危機、再び。人類滅亡の危機に立ち向かう衝撃のパニック・アクション。

    未知の物質を含む隕石が各地に墜落し、中国、ロシア、ドイツ、イギリス、イタリアと被害は拡大していた。世界中が衝撃に揺れる中、天体物理学者のトーマスは隕石の破片を分析し、衛星では観測不能なアステロイド(小惑星)がアメリカに接近している可能性を政府に指摘する。しかし、その存在を政府は認めようとしなかった。そのアステロイドは直径1.2キロ、時速30,000キロのスピードで地球に接近。衝突すれば確実に地球を壊滅させる。衝突まで残り時間はわずか。終焉へのカウントダウンの中、残された手段は核ロケットでアステロイドを迎撃し、その軌道を変えるしかないように思われたが…。
    【放送日時】7月21日(土) 17:10
  • 地球が燃えつきる日

    そして人類は 最期の瞬間を迎える

    地球を直撃した隕石により“ホワイトホール”が発生し、地球の自転が停止した。世界を襲う、太陽フレア・ビームの猛威。このままでは地球の半分は燃えつき、半分は凍結してしまう。情報機関エージェントのジョンと科学捜査部のクロエは、ロスマン博士が提唱した“共鳴装置プロジェクト”の存在を知る。それは衛星システムにより人工の磁場を発生させ、地球の自転を再開させる計画だった。選ばれた人間だけを救おうとする政府高官の陰謀と戦いながら、装置の再起動を目指す2人だが…。
    【放送日時】7月21日(土) 19:00
  • ウォー・オブ・ザ・ワールド

    人類よ 衝撃に備えよ

    20XX年、地球に小惑星が接近。爆破命令を受けたウィーラー大尉とゴードン博士たちは宇宙に飛んだ。だがそれは小惑星ではなく、未知のエイリアンが地球侵略のために送り込んだ巨大母船だった。無数のUFOが地球に飛来し、人類は瞬く間に滅亡の危機を迎える。ウィーラーは敵の時空転送装置を使い、エイリアンの母星に移動。そこで彼らは敵の恐るべき正体と、真の目的を知ることになる。人類の反撃は成功するのか?最後の決戦がはじまる!!
    【放送日時】7月21日(土) 13:30