放送番組の編集の基準

当社は、民主主義の精神及び放送法第一条の精神に従い、基本的人権、法と秩序を尊重して、言論・表現の自由を守り、優れた文化の発展・向上及び産業・経済の繁栄に寄与する放送を行う。放送の編集基準として次の点に考慮しながら、内容の充実に努める。

1. 人権・人格・名誉
(1) 基本的人権を尊重する。
(2) 人命を重視し、個人・団体の名誉、プライバシーを尊重する。
2. 政治
政治上の諸問題は、できるだけ多くの視点から論点を明らかにし、公正に取り扱う。
3. 宗教
宗教に関する放送は、信仰の自由を尊重し公正に取り扱う。
4. 家庭と社会
家庭生活、社会秩序や公序良俗を乱すような思想や言動を肯定的に取り扱わない。
5. 犯罪
犯罪については、法律を尊重し、犯罪行為を正当化したり、不当に煽ることのないように注意する。
6. 性表現
性に関する事柄は、視聴者に困惑・嫌悪の感じを抱かせることなく、また青少年に有害な影響を与えることのないように注意する。
7. 表現
(1) 下品な言葉使いはできるだけ避け、また卑猥な言葉や動作による表現はしない。
(2) 人心に恐怖や不安又は不快の念を起こさせるような表現はしない。
8. 広告
(1) 広告はわかりやすく適正な表現を用い、視聴者に錯覚をおこさせるような表現をしない。
(2) 広告の内容、表現、取り扱い等については関係法令を遵守する。
9. その他
(1) 放送内容は、放送時刻に応じて視聴者の生活状況に考慮し、不快な感じを与えないようにする。
(2) 外国作品を取り上げたり海外取材を行うに当たり、時代、国情、伝統、習慣等の相違を考慮する。
(3) その他可能な限り「日本民間放送連盟放送基準」に準拠するよう努める。