内川聖一2000本安打記念 ~さらなる聖域へ 踏み出したその一歩~

内川聖一2000本安打記念 ~さらなる聖域へ 踏み出したその一歩~
内川聖一2000本安打記念 ~さらなる聖域へ 踏み出したその一歩~
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

イントロダクション

放送予定

番組表
  • 2018/07/21(土) 23:00  

イントロダクション

  • 福岡ソフトバンクホークス内川聖一がプロ野球史上51人目となる通算2000本安打を達成!その金字塔を記念して内川と日本代表U-12監督の仁志敏久がその道のりを振り返ります。また、昨季から2000本安打達成の直前までを追った内川のインタビューもお届け!偉大な記録を達成した内川が語る記念特番をどうぞお見逃しなく!!

    2018年5月9日、埼玉西武ライオンズ戦で福岡ソフトバンクホークスの内川聖一がプロ野球史上51人目となる2000本を達成した。しかし、プロ18年目で達成したその道のりは決して平坦ではなかった…。

    横浜ベイスターズ時代の2年目でプロ初ヒットを放ってから2008年には右打者最高となる打率.378での首位打者を獲得するなど活躍し、2011年にFAでホークスに移籍すると移籍初年度に打率.338で2度目の首位打者を獲得して史上2人目の両リーグでの首位打者となった。2015年、キャプテンに就任し4番を任されてチームは日本一に輝くも7年連続で続けていた打率.300が途切れてしまう。昨季はクライマックスシリーズ、日本シリーズで大活躍したものの、ケガもありシーズンでは10年続けていた規定打席到達を逃してしまった。そして2000本安打まで残り25本に迫ってスタートした今季は本来の調子を取り戻せない苦しいスタートで、2000本にリーチをかけてから15打席目での記録達成。苦しんで苦しんで生み出すことが出来た2000本安打達成となった。

    その2000本安打までの軌跡を内川と横浜時代にチームメイトで現在は日本代表U-12の監督を務める仁志敏久と振り返る。また、昨季終盤から今季の自主トレ、開幕前などのインタビューもたっぷりとお届け。2000本安打達成までの長い道のりを振り返る内川がその想いを熱く語ります!
  • プロフィール

    仁志敏久

    内野手 / 読売ジャイアンツ (1996~2006)、横浜ベイスターズ(2007~2009) / 1971年10月4日生まれ / 身長171cm 体重80kg / 右投右打 / 背番号 8(巨)、7(横)
    通算成績: 1587試合 5933打数 1591安打 154本塁打 541打点 打率.268 出塁率 .317
    表彰: 新人王 (1996年) ゴールデングラブ賞4回 (1999年~2002年)

    読売ジャイアンツ時代ではシュアな打撃で長く不動の1番として活躍する一方で、守備の名手としても知られ、4年連続ゴールデングラブ賞の偉業を成し遂げた。引退してからは卓越した理論と奥の深い指導力で侍ジャパンの12U日本代表監督やトップチームのコーチを務めるなど多岐にわたって活躍している。

    内川聖一

    内野手・外野手 / 横浜ベイスターズ(2001~2010)、福岡ソフトバンクホークス (2011~) / 1982年8月4日生まれ / 身長185cm 体重93kg / 右投右打 / 背番号1
    通算成績: 1696試合 6114打数 1896安打 164本塁打 836打点 打率.310 出塁率 .357
    個人タイトル:首位打者2回(2008年、2011年)、最多安打2回(2008年、2012年)、最高出塁率(2008年)
    表彰: MVP (2011年) ベストナイン5回 (2008年~2009年、2011年~2013年)

    2010年にFAで福岡ソフトバンクホークスに移籍してから、2011年、2014年、2015年と打者として3度のリーグ優勝に貢献し、2015年からは4番キャプテンとしてチームを引っ張っている。球界屈指の安打製造機として、7年連続3割、史上2人しか成し遂げていない両リーグでの首位打者など多くの記録を樹立し、2018年5月9日にプロ野球史上51人目となる通算2,000本安打を達成した。