バスケットボール Bリーグ2017-18 チャンピオンシップ 決勝

バスケットボール Bリーグ2017-18  チャンピオンシップ 決勝
バスケットボール Bリーグ2017-18  チャンピオンシップ 決勝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

イントロダクション

放送予定

番組表
  • この番組の放送予定は現時点で未定です。

イントロダクション

  • Bリーグ2017-18はいよいよチャンピオンシップで今季の王者が決まる!横浜アリーナで開催される決勝の舞台は激戦を勝ち抜いてきたアルバルク東京と千葉ジェッツが激突!最後にコートの上でトロフィーを掲げることが出来るのは唯一のチームはどちらになるのか?そう…ここから先は、結果こそすべて!今季のBリーグの集大成となる試合をお見逃しなく!!

    B1優勝チームは各地区1位、2位とワイルドカード2チームを加えた8チームによるトーナメント方式のチャンピオンシップで争われ、準々決勝と準決勝はそれぞれ2試合、決勝は1試合行う。

    【準々決勝と準決勝】
    ・チャンピオンシップ出場順位の上位クラブがホーム
    ・2試合が終了した時点で1勝1敗となった場合、10分間(前後半各5分)の3試合目を行う
    それでも勝敗が決定しなかった時は1回5分の延長戦を勝敗が決定するまで行う

    【決勝】
    ・中立地で開催
    ・試合終了時に同点の場合は1回5分の延長時限を勝敗が決まるまで行う
  • 見どころ

    横浜アリーナで開催されるチャンピオンシップ 決勝は東地区の上位2チーム、2位のアルバルク東京と東地区優勝の千葉ジェッツが勝ち上がった。

    一時は全チームが勝率5割を超え、地区優勝の決定も最後までもつれる最激戦区を勝ち抜いてきた2チームはやはり強かった。A東京は地区2位から準々決勝では西地区2位の京都、準決勝では中地区王者の三河を倒して決勝の切符を手にし、一方の千葉は準々決勝で同地区の強豪川崎を、準決勝では西地区王者の琉球を退け天皇杯との二冠を目指して堂々の決勝進出。リーグ戦ではA東京が4勝、千葉が2勝とA東京がリードしたが、リーグ終盤で勝利を重ねて優勝を勝ち取った千葉には勢いがある。

    地区最小失点で堅守を誇るA東京は相手にノーマークを作ることなく戦えるディフェンスで相手のオフェンスを封じ切ってきた。そのディフェンスから馬場、田中を中心とした速攻で点を獲り、オフェンスリバウンドでも強さを発揮するなどチームとしての完成度が高い。

    逆に千葉は地区最多得点で速攻、ハーフコートオフェンス共に得点力が高く富樫、小野、エドワーズ、パーカーら得点力の高い選手がズラリ。また、今季限りでの引退を発表し、チームを精神的に支えてきた伊藤を優勝して送り出すというモチベーションも高くチームがまとまっている。

    どちらも昨季はチャンピオンシップで決勝まで進めず涙を呑み、今季の逆襲に燃えてきただけに決勝戦は激戦となることは間違いない。第2代Bリーグ王者の座をかけた決戦の舞台をどうぞお見逃しなく!