2017 HAWKS BASEBALL PARK プロ野球 ウエスタン・リーグ公式戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

イントロダクション

放送予定

番組表
  • 2017/05/02(火) 12:55   [※放送内容は変更になる場合があります。] [生]
  • 2017/05/03(水) 17:00   [※放送内容は変更になる場合があります。]
  • 2017/05/04(木) 17:00   [※放送内容は変更になる場合があります。]
  • 2017/05/05(金) 12:55   [※放送内容は変更になる場合があります。] [生]
  • 2017/05/06(土) 12:55   [※放送内容は変更になる場合があります。] [生]

イントロダクション

  • 昨季ウエスタン・リーグで前人未到の5連覇を達成した福岡ソフトバンクホークスの若鷹たちは、
    1軍昇格を目指すため、そして今季も優勝して更なる高みへ進むために6連覇の偉業へ挑みます!

    1軍は昨季パ・リーグ3連覇を逃してしまったが、若鷹を中心とした2軍選手たちはその裏で前人未到の5連覇の偉業を達成!
    水上善雄2軍監督率いるチームは最終的に2位に6ゲーム差をつけて優勝を果たし、またも選手層の厚さを証明した。

    選手層の厚い福岡ソフトバンクホークスには有望株の多い2軍選手たちが多く、昨季も優勝しただけでなくウエスタン・リーグ個人タイトルをほぼ独占。

    若鷹たちは昨季から移転したファーム施設である「HAWKSベースボールパーク筑後」で研鑽を磨き、1軍で活躍するためにも、ウエスタン・リーグ記録を更新する6連覇を達成し、更なる飛躍が求められます。

    新たに成長し1軍昇格を目指しつつも6連覇の高みへと挑んでいく若鷹たちの活躍をお見逃しなく!!
  • 注目ポイント1 昨季輝いた選手たちの更なる飛躍は?

    打者では昨季のウエスタン・リーグ首位打者、最多安打、出塁率の三冠に輝いた塚田正義、盗塁王を獲得した釜本豪、投手では最多勝、最高勝率、最優秀防御率の三冠と大活躍した山田大樹、最多勝、奪三振王を取った笠原大芽らが個人タイトルを獲得した。
    また、侍ジャパンU-23代表を優勝に導いた真砂勇介が大会MVPを獲得するなど活躍した若鷹たちは更なる飛躍の予感を感じさせる。
    この中から1軍の舞台に羽ばたいていく選手が出るのか?それともウエスタン・リーグで更なる研鑽を磨いていくのか?
    今季も若鷹たちの活躍に期待がかかります!
  • 注目ポイント2 ドラフトで獲得した10名の新入団選手たちの活躍の行方は?

    2016年のドラフト会議で5球団競合の末に引き当てた大学No.1投手のドラフト1位ルーキー田中正義を中心に有望株を多く獲得したホークス。
    その田中は最速156kmのストレートやスライダー、フォークを武器とした本格派右腕。
    その他にも高校生ながら最速154kmのストレートを投げる古谷優人、U-18全日本で捕手として活躍した九鬼隆平、大型ショートとして期待のかかる三森大貴など多くの有望株たちのウエスタン・リーグデビューはいつになるのか?
    期待のルーキーたちにも注目が集まります!
  • 注目ポイント3 目指せ!前人未到の6連覇!

    日本球界で早くから3軍制を始め、ファーム施設も充実させるなど高い育成力を誇るホークスは、もちろん2軍でも質の高い選手が勢揃いしている。
    その力を活かして選手が入れ替わっていっても変わらない強さを維持し続けている若鷹たちが挑むのは前人未到のウエスタン・リーグ6連覇。
    今季もその強さでウエスタン・リーグを制覇し、昨季果たせなかったファーム日本選手権制覇を達成するために飛躍する若鷹たちの戦いをお見逃しなく!