2017 HAWKS BASEBALL PARK プロ野球 公式戦

2017 HAWKS BASEBALL PARK プロ野球 公式戦
2017 HAWKS BASEBALL PARK プロ野球 公式戦
2017 HAWKS BASEBALL PARK プロ野球 公式戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

イントロダクション

放送予定

番組表
  • 2017/06/24(土) 13:45 ソフトバンク 対 西武 [※放送内容は変更になる場合があります。] [生]
  • 2017/06/24(土) 19:00 ソフトバンク 対 西武 [※放送内容は変更になる場合があります。]
  • 2017/06/25(日) 12:45 ソフトバンク 対 西武 [※放送内容は変更になる場合があります。] [生]
  • 2017/06/26(月) 18:00 ソフトバンク 対 西武 [※放送内容は変更になる場合があります。]
  • 2017/06/26(月) 23:00 ソフトバンク 対 西武 [※放送内容は変更になる場合があります。]

イントロダクション

  • ※各試合の解説・実況・球場情報に関しては番組表をご確認下さい。

    早くも前半戦が終わり、オールスターブレイクを経て後半戦に突入する福岡ソフトバンクホークス!
    ペナント奪還を果たすためにも前半戦を首位で終えることが出来るのか?
    そして、後半戦はホークス最大のイベント「鷹の祭典 2017」で幕を開ける!
    選手も観客も「1(ワン)ダホー!ストライプ2017」のユニフォームをまとい勝利を目指す!

  • みどころ

    早くも前半戦の戦いを終えて、オールスターブレイクを挟み後半戦へと突入していく福岡ソフトバンクホークス。
    昨季失ったペナントを取り戻し日本一を奪還するためにも、前半戦を首位でターンし後半戦へと進むことが期待されます。

    そして後半戦のスタートは毎年大盛況を収め、年々進化を遂げている「鷹の祭典 2017」3連戦から始まります。
    今季は例年通り東京ドームからはなく、本拠地ヤフオクドームでの埼玉西武ライオンズ戦からスタート。
    1週間のうちに地元九州で3連戦を2回戦う6戦を一挙に開催し、東京、大阪につなげていきます。

    今季は「ホークスの伝統を繋ぎ、日本一へと続く道」を意味するカチドキレッドのストライプを配した「1(ワン)ダホー!ストライプ2017」をまとい、優勝に向けて心をひとつにしたファンと選手が一体となり勝利を目指していきます!

    前半戦の締めくくりと鷹の祭典から始まる後半戦を戦い優勝に向けて走っていくホークスナインの活躍をお見逃しなく!!
  • 注目ポイント1 今季も開催!恒例となる「鷹の祭典 2017」が遂に始動!

    今季は東京ドームから始まっていた例年の日程とは違い、地元福岡から「鷹の祭典 2017」がスタート!
    7月17日から始まる埼玉西武ライオンズ3連戦と、1日休みを挟んでからの千葉ロッテマリーンズ3連戦でヤフオクドーム5試合、北九州1試合を九州の地で一挙に開催!
    7月31日の東京ドーム、8月14日の京セラドームへとつなげていきます。
    恒例となっているユニフォームは、白をベースに「ホークスの伝統を繋ぎ、日本一へと続く道」を表すカチドキレッドのストライプを配した「1ダホー!ストライプ2017」を採用。
    スローガンとなっている1ダホー!が意味する「日本一」「一致団結」「一体感」をファンと共に表現し、勝利を目指します!
  • 注目ポイント2 パ・リーグは前半戦を終え、オールスターブレイクを挟みいよいよ後半戦に突入!

    早くも前半戦が終わり、オールスター開催後に優勝の行方を大きく左右する後半戦と入っていく福岡ソフトバンクホークス。
    ペナントを奪還し、2年ぶりのパ・リーグ優勝と日本一を勝ち取るために、いよいよ舞台は勝負をかけた真夏の決戦が待ち受ける。
    惜しくも2位に終わってしまった昨季は後半戦から調子を崩してしまったが、連覇を果たした2015年は後半戦から圧巻の強さを見せ付け史上最短優勝を果たした。
    2015年の再現をすべく、地元のファンと一体となって圧倒的なホーム感を作ることが出来る鷹の祭典から白星を重ね、1ダホー!のカチドキをあげることが出来るか?
  • 注目ポイント3 チームを優勝に導く選手は誰だ?

    ベテランや中堅ら脂の乗った主力選手だけでなく、多くの若手有望株が揃う層の厚い選手層から今季も数多く優勝候補にあげられたホークス。
    投手陣では昨季投手二冠王の和田毅、WBCベストナインに輝いた千賀滉大を筆頭に、ブルペン陣はサファテを中心に磐石の安定感を誇り、野手陣では主将内川聖一、2015年トリプルスリーを達成した柳田悠岐、今季からホークスに電撃復帰した川﨑宗則らがチームを引っ張っている。
    そして、若鷹からは4年目で開幕スタメンを勝ち取った上林誠知、育成から開幕1軍を掴み取った甲斐拓也らも主力に負けず活躍中。
    ペナント奪還のため、勝利に導く活躍をする選手が多く出ることが期待されます!