Queen of the South ~女王への階段~ シーズン2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

エピソード

各エピソードには「ネタバレ」が含まれている場合がございます。
注意してご覧ください。

  • 第1話 すべての代償(El Cuerpo De Cristo)

    テレサはエピファニオにブレンダを殺され、カミラはエピファニオにビジネスを奪われた。テレサはカミラと手を組むために、エピファニオが血眼になって捜すノートを見せ忠誠を誓うが、信用できないカミラはテレサを試すために、ある取り引きを任せる。一方、州知事になったエピファニオの前にコルテス大佐が現れカルテルとの関係についてエピファニオを脅迫する。怒ったエピファニオはバットマンにコルテス大佐の排除を命令する。
  • 第2話 再会(Dios Y el Abogado)

    カミラは品物を手に入れられない状態が続いていた。そこでジェームスがヒメネスに仕入れの交渉に行くが、取引は現金のみと宣言される。そこでカミラは弁護士のテオに預金の引き出しを命じるが、目立つ動きはマズいと止められ大量の現金が動くカルテルの競馬に目をつける。ただし参加料として百万ドルが必要で、その金をどう工面するかが問題となる。カミラと行動を共にしパーティーに出席したテレサはグエロに似た人影を見つけ…
  • 第3話 悪魔との協定(Un Pacto Con el Diablo)

    テレサの前に死んだはずのグエロが現れた。麻薬取締局に命を助けられ、今まで彼らに協力していたのだ。麻薬取締局はテレサにも接近。カミラを売るように迫り48時間の猶予を与える。カミラは、エピファニオがテキサスでコカインを売ろうとしている動きを察知。巻き返しを画策する中での夫の進出を絶対に容認できないカミラは、ジェームスとテレサに輸送ルートの排除を命令。だが国境に向かった2人の前に新たな敵が現れる。
  • 第4話 裏切り者のキス(El Beso De Judas)

    マヌエルと取り引きを開始したカミラは誘いを受け、シナロアで開かれるマヌエルの名付け子の結婚式に行くことになった。ちょうどその頃、エピファニオは車で移動中に襲撃される。無事だったエピファニオは突然、結婚式に現れカミラと久しぶりの対面を果たす。一方、カミラは麻薬取締局に倉庫の場所を教えた密告者を突き止めて殺すようジェームスに命じた。それを聞いたテレサはグエロの元に向かうがそこにグエロの姿はなかった。
  • 第5話 ボリビアの誕生(El Nacimiento De Bolivia)

    カミラは起死回生を図り、ボリビアのエル・サントという麻薬王との取り引きを試みる。そこで提案者のグエロを案内役にテレサとジェームスの3人が現地に赴く。麻薬王につながる人物が待っていたのは観光客がパーティーをしに集まるコカイン・バーで、現れたのは若い女性だった。一方、ボアスの裏切りに気づいたカミラは、エピファニオとヒメネス・カルテルにメッセージを送るため、ポテにある首を狩り持ってくるように命じる。
  • 第6話 死の道(El Camino De la Muerte)

    テレサは鉄格子の中で目を覚ました。目の前には悪魔のお面を着けた少女がいて、そこを“信仰と祈りの場”と言った。テレサの守護者だと名乗るその少女に手を引かれ、信者たちが集う中庭に出たテレサは、同様に少女に手を引かれたグエロとジェームスに再会。少女の手を離して逃げようとした途端、信者らが束になって追いかけてくる。知事になり父親が変わったと信じていたイサベラは自分が間違っていたと感じカミラの元に向かう。
  • 第7話 脅迫(El Precio De Fe)

    テレサはエル・サントから1トンのコカインを調達することに成功。だがカミラにさばき切れる量を超えていた。販売先の確保はジェームスが右腕になり進めると思われたがカミラが選んだのはテレサだった。エピファニオは、エル・サントのカルトの印がついたペンダントがイサベラに届いたことで、娘の身の危険と最初の支払いまで1週間しかないことを知る。娘を案じ、カミラに支払いの肩代わりを申し出てコカインの渡すよう命じる。
  • 第8話 新参者(Sacar Con Sifon el Mar)

    フィンチとの取り引きを切望するカミラは、その実現のためにテレサたちをシカゴへ派遣した。カミラの指示どおりデボンの客が集まるパーティーに潜入し、彼の得意客に接触するテレサ。ジェームスも他の客の確保に動いていた。グエロもシカゴ入りし指示に忠実に従っていたが、カミラはこの仕事が終わったらグエロを切るつもりで指示を出していた。その頃、エピファニオが立ち上げたアメリカとメキシコの合同特捜部が動き出す。
  • 第9話 母の愛(Solo el Amor De Una Madre)

    ジェームスはコルテス大佐にやられた傷が回復せず、カミラはテレサだけを連れてデボンとの取り引きの場に臨むことに。失敗すればエル・サントから命を狙われることは間違いない。デボンはコカインの単価が上がることを理由に難色を示すが、テレサが説明することで納得。だがそれを自分の売り込みだととったカミラを怒らせてしまう。一方で、コルテスがエピファニオの命令に逆らって放った殺し屋がカミラの目前に迫っていた。
  • 第10話 ピエロ(Que Manden a Los Payasos)

    勾留中のカミラはテレサに自分の穴を埋めてジェームスと共にビジネスを継続させるよう指示するが、ジェームスはテレサと対等以下に扱われることに不満を覚えていた。それに気づかずテレサは独自に動き始める。そんな中、キング・ジョージの船が襲撃され、積んであったエル・サントのブツがすべて奪われ、ジェームスとテレサはそれぞれに対処しようとする。その頃、エピファニオは約束どおりビジネスをボアスに売り渡していた。
  • 第11話 逃避行(La Noche Oscura Del Alma)

    自分がコリブリ輸送の所有者にでっちあげられていたことを知ったテレサは、弁護士のコールを射殺した妻のケリー・アンと共に逃げることに。ポテに連れられたトニーと合流し4人はケリー・アンの山荘に潜伏する。カミラは電話でテレサの懐柔を試すがうまくいかずジェームスに行方を追うよう命じ、殺し屋を手配する。一方、麻薬取締局のロヤは、コールが欠勤したことから妻の内通がバレたと察し、ケリー・アンの捜索を開始する。
  • 第12話 誘拐(Todas Las Horas Hieren)

    カミラから独立することを決めたテレサは、デボンとキング・ジョージに取り引きの継続を持ちかけ、さらにギャングのビッグTに協力を求める。そしてエル・サントから仕入れたコカインをカミラから取り戻すべく、またビッグTとの取り引きに必要な大量の武器を手に入れるべく動き出す。最高警備刑務所に移送されることになったカミラはジェームスに移送中の救出を指示。イサベラは母の救出をエピファニオに願うも断られ家を出るが…。
  • 第13話 決別(La Ultima Hora Mata)

    テレサはエル・サントへの支払いに日没までの猶予をもらうことに成功。ビッグTにコカインを届けさせるが、デボンからコカインは偽物だったと言われてしまう。すり替えられたと考えたテレサはコカインを取り戻すためポテと2人でビッグTの元へ乗り込む。一方、エピファニオとカミラは、誘拐されたイサベラを取り戻すため身代金を払うことに決める。そこへカミラを捜すジェームスが、ボアスから家に戻ったと聞かされ訪ねて来る。