モダン・ファミリー シーズン8

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

エピソード

各エピソードには「ネタバレ」が含まれている場合がございます。
注意してご覧ください。

  • 第1話 3つの都市の物語(A Tale of Three Cities)

    それぞれ愛する家族と共に過ごすためにNY、ミズーリ、フアレスへ行った3家族。クレアとフィルは出張のため子供たちと別れるが、もう少し楽しみたくなり、こっそり残ることにする。しかし子供たちも帰宅せずNYに残るつもりでいた。いとこの結婚式で故郷に戻ったグロリアは妹と再会。ジェイはケンカ別れした2人を仲直りさせようとして、さらにヒートアップさせてしまう。キャメロンの実家では祖母の危篤状態が続いていた。
  • 第2話 偏見なんて持ってない!(A Stereotypical Day)

    クローゼットのドアが壊れ18時間閉じ込められたフィル。悪夢にうなされ、ドアが閉まることに異常に反応してしまうが家族は冷たかった。ジェイは近所に黒人の一家が引っ越してきたことに動揺していた。ちょうど同じ日に防犯カメラを設置したのだ。白人の差別主義者だと思われないためにいろいろと策を練る。リリーが友達に差別的な発言をしたのを聞いたキャメロンとミッチェルは注意するが、反省のない様子にショックを受ける。
  • 第3話 気まぐれな立候補(Blindsided)

    キャメロンのチームで大活躍する、将来も有望な選手ドワイトが引っ越すことになった。有力な選手を失いたくないキャメロンはミッチェルに相談することもなく、自宅に住まわせることに決めてしまい、怒ったミッチェルは反撃に出る。進路相談で進学に向かないと言われたルークは課外活動で点数を稼ごうと生徒会長に立候補することに。クレアも本気ならと応援することにするが、ルークより前にマニーが2度目の立候補していた。
  • 第4話 憧れのお天気キャスター(Weathering Heights)

    不動産のプロとしてテレビ出演することになったフィル。撮影に行くと大ファンのお天気キャスターと遭遇。思い切って飲みに誘うとOKをもらい意気投合。楽しみすぎて思わぬ失敗をしてしまう。ジョーの発音が気になるグロリアはスピーチセラピーを受けさせるが自分も気になり相談。エクササイズを習うが元の話し方を忘れてしまう。ドワイトの居候生活をキャメロンとミッチェルも楽しみはじめていたがリリーが反抗的になっていた。
  • 第5話 ロッド・スカイフックの復讐(Halloween 4: The Revenge of Rod Skyhook)

    ハロウィーンの日。ルークは自分が主催のパーティーを自宅で開くことになった。大人たちは出かけるが、気になって見に来たフィルとクレアは参加者が5人だけなのを見て人を集めようと奮闘する。マニーもルークではなくジェイの天敵アールの孫娘のパーティーに行くという。家族を大切にしてルークの会に行くように言うグロリアにうなずくジェイだが、孫娘のパーティーに行きアールの靴に死んだ魚を入れろとこっそり命令する。
  • 第6話 大仕掛けの同窓会(Grab It!)

    ゴルフクラブで会員募集の案内を見たフィル。入会には会員の推薦が必要と知るとジェイに推薦してくれるように頼むがジェイは阻止しようとする。久しぶりに一人の夜を楽しめると思ったグロリアだったがマニーはパーティーで恥をかいたと帰宅しジョーも寝る気配がない。芝居に出かけたミッチェルとキャメロン。しかしそこはミッチェルの同窓会だった。キャメロンが連れ出すためにウソをついたのだ。そしてさらなる仕掛けがあった。
  • 第7話 家族で過ごす感謝祭(Thanksgiving Jamboree)

    感謝祭の日。3家族が集まるがヘイリーは交際中の気象予報士レイナーを連れてきた。大好きな友人レイナーではあるが、突然の登場にフィルはご機嫌ななめ。2人で旅行に行こうと思うヘイリーだが言いだせない。ピエロの衣装を間違えて寄付してしまったミッチェルは激怒されるのを覚悟で告白するがキャメロンはあっさり許してくれる。あまりの寛大ぶりに、キャメロンには弱みがあり、何か大きな過ちを犯しているのではないかと疑う。
  • 第8話 秘密同盟(The Alliance)

    フィル、キャメロン、グロリアは秘密同盟を結んでいた。いい人だが悲嘆的なプリチェット家に対抗するための助け合い組織だ。今回のミッションは、キャメロンが延泊を認めたために2階に居ついてしまったロシア人を追い出すことと、グロリアが電機首輪をつけたために姿を消したステラの捜索。長期滞在を怪しむミッチェルと、電機首輪に反対のジェイに気づかれる前に解決しようと、3人はそれぞれの役割を果たすべく動き始める。
  • 第9話 スノーボールパーティー(Snow Ball)

    高校でパーティーが開催され、監視役で参加したクレアとグロリアはPTAの母親のしつこさにウンザリしていた。さらなる協力要請を断るためには彼女の気をそらすことが必要だと意見が一致。独身の校長とくっつけようと画策する。パーティーに行きたくなかったジェイはフィルに“男同士で過ごしたい”と持ちかける。断る口実だと気づかず本気にしたフィルは大喜びするが、妻たちが出かけたあと、すぐに家に帰れと言われてしまう。
  • 第10話 サーカス団長 キーフス(Ringmaster Keifth)

    新しい年を迎え集まった3家族。感謝祭のターキーを失敗したキャメロンはブタの丸焼きに挑戦するが、またしても失敗。ミッチェルがジェイからもらったコンシェルジュサービスを使ってこっそり料理を用意しようとするが、コンシェルジュはキャメロンの因縁の人物だった。新年に遺言の見直しをしたジェイとグロリアは2人になにかあった時のジョーの後見人を誰にするかでもめる。そんな3家族のもとにフィルの父親がやって来る。
  • 第11話 サージとピー(Sarge & Pea)

    親族のパーティーで母ディーディーの姿を発見したクレアとミッチェルは、災いの元の母をジェイから遠ざけようとするが、なぜか2人は穏やかなムードで余計に心配になる。大学のキャンパス見学に参加したマニーとルークは付き添ってきたグロリアとフィルの干渉にウンザリ。とうとうキレた2人は互いに本音を切り出す。リリーのバレエの発表会を非常識な母親のせいで台なしにされたキャメロンは偶然その母を見つけ復讐しよう企む。
  • 第12話 マジックバレンタイン(Do You Believe in Magic?)

    ジョーの先生から呼び出され、先生にセクシーな下着を贈ったと注意された。グロリアのものを持ち出したわけだが、叱ってくれと言われたジェイは“パパはママに贈っているでしょ”と言いかえされてしまう。バレンタインのお決まりのロールプレイ、クライブとジュリアナに成りきるため、ロマンティックな演出で準備をしたフィルだが、クレアは仕事が忙しいとあまり乗り気で無い様子。フィルは愛が冷めたのか…と落ち込んでしまう。
  • 第13話 人任せにしない!(Do It Yourself)

    洗濯機の複雑な修理を完璧にこなしたフィルは自信を深め長年の夢であった夢の商業施設ダンフィー・タワーを実現しようと土地の購入を決めるが、そこにライバルのギルが現れる。グロリアがジョーの野球のコーチを雇った。ジェイは父親の役目だと憤慨し解雇するがコーチはなぜか家のことに関わってくる。リリーが部屋の掃除を業者に依頼した。自分でやることが大切だと諭すが、パパたちも人に頼むと言われ2人は手本を示そうとする。
  • 第14話 夢の顛末(Heavy Is the Head)

    ダンフィー・タワーの着工式を迎えた。そこへ元値の2割増しで売ってほしいという業者が現れる。義理の息子の夢をかなえることが重要だと断ったジェイに感動するフィルだが、土地にシャベルを入れると土地が妙に固く…。アルバイト先で仲間が出来、思いがけず楽しんでいるアレックスは、身勝手なシフトを組む店長に仲間を代表して抗議に行く。するとその能力を買われ副店長に任命され、案の定、裏切り者と呼ばれることになる。
  • 第15話 フィズボを捜せ(Finding Fizbo)

    ピエロのフィズボが凶悪な事件を起こしていると警官がやって来た。ミッチェルが間違えて処分してしまったことが分かり容疑は晴れたが、フィズボが悪用されたことが許せないキャメロンは名誉回復のため捜し出そうとする。父親が再婚することになり義理の弟が出来ることになったフィル。ずっと弟が欲しかったと喜んで迎えるが、義弟のレイはちょっと変わった人物で、フィルが準備した父のためのパーティーを台なしにしてしまう。
  • 第16話 バスケットボール!(Basketball!)

    1年前のバスケの試合で重要なフリースローを失敗して負けたフィルは猛練習をしてきた。ようやくリベンジの時がきたが急に自信を失ってしまう。ジョーが父親より母親を怖がっていることを知ったジェイはジョーをどなりつけてみるが、怖がるどころか面白がるばかり。ジェイはなんとかして父親の威厳を示そうとする。ミッチェルはヘイリーがレイナ―に、して欲しくないことを頼まれたことを知り、詳細を聞き出し役に立とうとする。
  • 第17話 ピッグムーン(Pig Moon Rising)

    大学の合格発表の時期になった。マニーは全校合格だったがルークは敗戦続きで、残りはフィルの出身校だけになってしまった。通知メールが届いたことに気づいたクレアはフィルの静止を無視し先に結果を見てしまう。キャメロンが幼い時に友達だったブタのリリーの遺灰をこぼしてしまったミッチェル。遺灰を裏庭に埋めると言われ、なんとか取り繕おうとするが実はキャメロンは事実を知っていて、どういう行動をとるか監視していた。
  • 第18話 5分間の出来事(Five Minutes)

    長時間のフライトを寝て過ごそうと睡眠薬をのんだキャメロンとミッチェルだったが離陸直前に欠航になった。別の便を探すが睡眠薬が効きすぎてハイになった2人はおかしな行動をとる。大学からアレックスの様子がおかしいと連絡が入り急いで出かけたフィルとクレアは、入室禁止と書かれた部屋の中で驚かされることに。レイナーの誕生日にヘイリーがサプライズを用意し祝っていると逆にレイナーから超サプライズな言葉が飛び出す。
  • 第19話 おじいちゃんの結婚式(Frank's Wedding)

    フィルの父の結婚式は1920年代がテーマということで仮装をしたダンフィー家の面々だったが他には誰も仮装していなかった。もうすぐ70歳になるジェイは、もう遠慮なく“ノー”と言えるとリクエストにことごとくノーと言って過ごしていた。ところが家族が何も頼んでこなくなり不安になっていく。キャメロンの姉のパムがモデルになるためにオーディションを受けると訪ねてきた。バカな考えだと思うキャメロンだが言いだせない。
  • 第20話 すべての人に平等を(All Things Being Equal)

    フィルとジェイは駐車場の経営を開始した。管理人を募集し候補者を絞るが最後の人選で意見が合わず、こんな時のために作ったルール、コインで決めることにする。平和的な女性デモに参加することになった女性陣だが渋滞にはまってしまい動けない。キレたグロリアが裏道を使うとタイヤがパンクしてしまう。クレアがロードサービスを呼ぼうとすると、リリーが今こそ女性の力を示すべきだと言い、自分たちで交換にチャレンジするが…
  • 第21話 ひとりになりたい(Alone Time)

    忙しい日が続きストレスが限界値に達しそうなミッチェルは1晩だけホテルで1人きりで過ごしたいと思い悩んでいた。ジェイに背中を押されキャメロンに言ってみるとあっさりOK。勢い込んで出かけるがホテルにジェイがいた。その頃、1人になったキャメロンは静寂に耐えられずグロリアを訪ねる。ダンフィー家では子供3人がそれぞれパニックに陥り大混乱。クレアとフィルは家にいることに耐えられず、車での家出を実行する。
  • 第22話 涙の卒業式(The Graduates)

    マニーとルークの卒業式を翌日に控え、号泣して大騒ぎするのが目に見えているフィルの涙を事前にからしてしまおうと、ヘイリーとアレックスはルークの思い出の映像を作成。思ったとおり泣き出すフィルだが、涙はかれることなくいつまでたっても泣きやまない。マニーの元には実父のハビエルが訪ねてきた。2人きりで過ごしたいと出かけたが行き先はストリップクラブで、よりによってそこに卒業式で着るガウンを忘れてきてしまう。