ハートレスシティ ~無情都市~

ハートレスシティ ~無情都市~
ハートレスシティ ~無情都市~
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

エピソード

各エピソードには「ネタバレ」が含まれている場合がございます。
注意してご覧ください。

  • 第1話 新たな決意

    麻薬組織の中で潜入捜査官として活動していた警察官が殺される。そんな中、司法研修所を修了したヒョンミンが警察に呼び戻され、特捜部を任されることになる。ヒョンミンに与えられた任務は巨大麻薬組織のボス“天秤”を捕まえることだった。一方、天秤の下で麻薬の取り引きを任されていた“博士の息子”ことシヒョンは取り分を増やすよう天秤に求め、怒りを買ってしまう。身の危険を感じたシヒョンは天秤に反旗を翻すことにするのだが…。
  • 第2話 クーデター

    シヒョンは仲間のヒョンスと共に天秤をホテルで拘束するが、シヒョンがその場を離れている間にサファリによってヒョンスが襲われ、天秤は連れ去られてしまう。サファリはシヒョンを警察に捕まえさせるためのおとりとして天秤に自首させ、天秤から博士の息子の情報を得たヒョンミンは、博士の息子を逮捕するために動き出す。一方、ヒョンミンの恋人で特捜部に所属するギョンミは、博士の息子と関連した麻薬取り引きの情報をつかみ勝手に捜査に乗り出す。
  • 第3話 それぞれの過去

    ヒョンミンは逮捕されたウンスには黒幕がいることを突き止める。そしてギョンミはウンスの代わりに麻薬の取り引き現場に潜入することにする。キム・ポンに裏切られたサファリはキム・ポンとギョンミを捕らえ、計画を実行するために代わりの者を遣わしてジンスクと取り引きすることにするが、警察に現場を押さえられたジンスクたちは逮捕されてしまう。そんな中、シヒョンはサファリを捜し、一方のヒョンミンは連絡が途絶えたギョンミを捜しに行く。
  • 第4話 不幸な再会

    ギョンミは“博士の息子”であるシヒョンと対峙する。しかし、互いに施設で一緒に育った幼なじみであることに気づき言葉を失う。ところが突然、ギョンミはシヒョンの目の前で何者かに撃たれ倒れてしまう。翌朝、警察大学への合格の知らせに喜ぶスミンのもとにギョンミの訃報が舞い込む。スミンは博士の息子を逮捕して姉妹同然に育ったギョンミの復讐をすることを誓う。数日後、憔悴しきっていたスミンは事件に巻き込まれ、罪を着せられてしまうのだが…。
  • 第5話 黒幕を捜せ

    ギョンミを危険な取り引き現場に行かせたことに憤りを感じたシヒョンは、ミン局長を撃とうとする。しかし、潜入捜査官としての立場を忘れるなとミン局長にたしなめられ、まずは警察官の中で麻薬組織と内通している者を捜し出すことにする。一方、ヒョンミンは特捜部内に内通者がいると確信し、動き始める。そんな中、ヒョンミンによって潜入捜査官として拘置所に送られたスミンは、同部屋のジンスクを殺そうとした女と揉み合い、ケガを負わせてしまう。
  • 第6話 立ちはだかる壁

    ヒョンミンとシヒョンはそれぞれ、内通者に指示を与えた黒幕が警察のカン次長であることを突き止める。ヒョンミンは電話でカン次長を問い詰めるが、その最中にカン次長が何者かによって殺されてしまう。捜査を続けていたヒョンミンだったが、手荒な捜査方法を監察課で追及され、特捜部の部長の任を解かれてしまう。一方、拘置所での一件でジンスクの信頼を得たスミンは、出所後もジンスクに可愛がられ行動を共にすることに成功する。
  • 第7話 最初の試練

    ヒョンミンは拘置所でジンスクを襲わせた人物が誰かを探るため、監視カメラの映像を入手する。その過程でジンスクは、裏で操っていたのがヒョンスだと知ってしまう。シヒョンはジンスクとヒョンスの潰し合いを焚きつけた人物がいることをほのめかし、争いをやめるよう2人を説得する。一方、スミンはジンスクの下でホステスとして働くことにするが、最初の客はヒョンミンだった。そしてスミンは、ヒョンミンの心をつかむようジンスクから指示される。
  • 第8話 亀裂

    自分の命を狙ったのはヒョンスだと知ったジンスクはヒョンスの事務所に殴り込みをかけるが、それをシヒョンが仲裁する。そんな中、ジンスクはサファリがこの一件に絡んでいると気づく。サファリはジンスクの信頼を得ようと、取り引き相手のナンマンを差し出す約束をする。ヒョンスはナンマンを、そしてシヒョンはヒョンスを助けに行くが、折しも“釜山”のボス、チョ会長の息子であるチョ理事にシヒョンを始末するよう命じられていたサファリに捕まってしまう。
  • 第9話 縮まらない距離

    ジンスクはサファリと麻薬を取り引きする約束をする。ところが、サファリはジンスクを利用してシヒョンを始末しようと計画していた。一方、ヒョンミンは天秤の背後には“釜山”の組織があることを確信し、天秤がいる拘置所を訪ねる。またアン検事とジンスク、博士の息子が繋がっているのではないかとも疑い始める。そんな中、退屈していたスミンはシヒョンに電話をかける。そして、約束の場所で待つスミンの前にシヒョンが現れる。
  • 第10話 危険な取り引き

    サファリとの麻薬の取り引きに同意したジンスク。しかし、ジンスクは自分の代わりに取り引き現場にスミンを行かせることにする。そんな中、スミンから情報を得たヒョンミンは単独で取り引き現場を押さえようとするが、特捜部は検察の管理下に置かれることになり、アン刑事によって作戦を邪魔されてしまう。ジンスクが取り引き場所に来なかったため、サファリはスミンを殺すよう命じる。しかし、そこにシヒョンが現れ、スミンは難を逃れるのだが…。
  • 第11話 サファリの正体

    シヒョンと格闘する中、ヒョンミンに追い詰められたサファリは、自ら釜山警察庁所属の潜入捜査官だと明かす。ヒョンミンはサファリことムン・ドクペを特捜部で取り調べるが、拘束する理由が見つからず釈放することにする。一方、シヒョンはサファリが潜入捜査官であることを隠していたミン局長を責める。“釜山”のチョ理事は博士の息子を捕まえるためにソウルへ行くが、シヒョンは自らチョ理事のもとへ出向き、麻薬の流通を任せてほしいと頭を下げる。
  • 第12話 抗争の始まり

    シヒョンはスミンが博士の息子を捜し出そうとしていることを知り、衝撃を受ける。一方、ミン局長はシヒョンに“釜山”の組織への潜入を命じる。チョ理事と取り引きすることを決めたシヒョンは、ヒョンスを麻薬流通の担当者として紹介する。そして自分はチョ理事に仕えると申し出るが、その裏でチョ理事はシヒョンたちを殺すよう天秤に命じていた。そんな中、突然ジンスクのもとにチョ理事が訪ねてきて、スミンが接待することになるのだが…。
  • 第13話 取り引きの条件

    スミンとヒョンミンが会っているところを目撃したシヒョンは、スミンが潜入捜査官ではないかと疑い始める。チョ理事が殺害され警察の取り調べを受ける天秤は、遺体は博士の息子だとウソの証言をする。息子が殺されて怒りをあらわにするチョ会長は、サファリを呼び出して博士の息子を連れてくるよう命じる。一方、チョ会長のもとへ単身乗り込んだシヒョンは取り引きを持ちかけ、チョ理事を殺したのはサファリだと告げるが、非情な条件を提示される。
  • 第14話 心の傷

    シヒョンは、チョ会長に殺されそうになったスミンをすんでのところで助ける。そして、博士の息子を名乗ってヒョンミンに電話をする。ギョンミを殺したのは自分ではないと話しても信用しないヒョンミンを、シヒョンは自分を殺しに来いと挑発する。約束の場所に駆けつけたヒョンミンは、そこで麻薬所持の現行犯でチョ会長を逮捕。シヒョンは、サファリからギョンミを殺害した黒幕はチョ会長だということ、そして母親に関する衝撃的な事実も知り動揺する。
  • 第15話 権力の影

    母親の死の真相を知りショックを隠せないシヒョン。そんな中、チョ会長はサファリやシヒョンを始末するよう命令を下す。スミンはチョ会長の手下に襲われたもののシヒョンによって助けられる。シヒョンはスミンがギョンミと姉妹同然だったことを知り、潜入捜査をやめさせるようヒョンミンに警告する。一方、ヒョンミンは“チョン社長”という人物が博士の息子であると睨み、アン検事とチョン社長が会う約束をした場所で張り込むことにするのだが…。
  • 第16話 “博士の息子”との対峙

    張り込み現場に現れたシヒョンは、ヒョンミンに「一緒に“釜山”を潰そう」と持ちかけるが、ヒョンミンはこの言葉を素直に受け入れられない。スミンが潜入先でジンスクと共に危機的な状況に陥ったと知ったヒョンミンは2人を救い出す。しかしヒョンミンは “釜山”の手下に殺されそうになり、シヒョンに助けられる。朦朧とする中、シヒョンに銃を向けるヒョンミンだが、シヒョンの言葉を信じて逃がすことにする。そんな中、シヒョンはチ総長に会いに行く。
  • 第17話 2人の関係

    スミンはシヒョンがジンスクと旧知の仲だと知る。ジンスクとヒョンスがチョ会長に捕らえられ、駆けつけるシヒョン。そこに現れたヒョンミンはシヒョンを助け、ついにチョ会長を逮捕するが、チョ会長は病気を理由にすぐに釈放されてしまう。そんな中、ヒョンミンがシヒョンに自身の正体について問いただすと、シヒョンは“博士の息子”だと言い残して去って行く。一方、チ総長はチョ会長を始末するためにサファリとシヒョンを利用しようと目論んでいた。
  • 第18話 復讐の決意

    シヒョンが“博士の息子”だと知ったスミンはショックを受け、密かに復讐を決意する。サファリはチョ会長から麻薬工場の場所を聞き出し、チ総長からチョ会長を始末するよう命じられる。同じ頃、チョ会長の手下ガンモクが取り調べ中に同じ工場の名前を口にする。検察と特捜部はその現場に乗り込むが、そこに麻薬工場はなかった。一方、サファリはチョ会長を伴い大学内にある麻薬工場に行くが、チョ会長には逃げられてしまう。そこにある人物が現れる。
  • 第19話 新たな事実

    建物の屋上でスミンはシヒョンに銃を向け、ギョンミを殺したことを問いただす。その瞬間、狙撃されたスミンはシヒョンによって一命を取り留める。そんな中、黒幕が誰かを知って驚愕するシヒョン。アジトにスミンを連れていったシヒョンは、自分はギョンミを殺していないと伝える。サファリに会いに行ったシヒョンは、新たな事実を聞かされ、やり場のない怒りを覚える。一方、ヒョンミンは狙撃手が殺された事件の捜査を進めていたのだが…。
  • 第20話 最後の決断

    サファリが殺され、シヒョンとジンスクは悲しみに暮れていた。そんな中、シヒョンがギョンミと幼馴染みであり、潜入捜査官であることを聞かされるヒョンミン。事実を知ったヒョンミンはシヒョンに会って、真相を追求しようとする。一方、ミン局長はジンスクとヒョンスにシヒョンが潜入捜査官であることを告げ、2人は混乱に陥る。そんな中、ヒョンミンはシヒョンに会い、チョ会長の情報が入ったUSBを受け取り、それぞれ最後の戦いに挑む。