New Girl ~ダサかわ女子と三銃士 シーズン6

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

エピソード

各エピソードには「ネタバレ」が含まれている場合がございます。
注意してご覧ください。

  • 第1話 新婚さんの家探し(House Hunt)

    熱々の新婚シシとシュミットは友人たちとの同居生活に限界を感じマイホームを探し始めた。ウィンストンは研修中のアリーと遠距離恋愛。ニックはレーガンとニューオーリンズへ行ったきりで、アパートで唯一独り身のジェスは語学学習やジム通いなど、次々に新しいことを試して過ごしていた。そんな折、予定より1ヵ月も早くニックが戻ってきた。再びニックを好きになったジェスは、まともに顔を合わすことができず逃げ出してしまう。
  • 第2話 選挙ガール 酒ガール(Hubbedy Bubby)

    ジェスとシシは大統領選挙の応援でヒラリー・クリントンのために有権者を集めに行くことにした。するとトランプ派のシュミットは、5人集められなければウィンストンに票を入れるという賭けを提案する。受けて立ったジェスとシシは張り切って出かけるが…。ニックは遠距離恋愛になったレーガンとの関係に悩んでいた。同じくアリーと遠距離中のウィンストンのアドバイスでテレビ電話でのセックスを進められるが踏み出せずにいた。
  • 第3話 一生シングル いい生活(Single and Sufficient)

    シュミットとシシ、ウィンストンとアリーのカップルでグランピング旅行に出かけることにした。アリーと久しぶりに会うウィンストンは、離れていた分やりまくると大張り切り。そんな彼らとの旅行に不安を感じたシュミットは他にも声を掛けることにする。ニックは執筆に集中するため家にいることになったがジェスはもちろん快諾。シシにカップル旅行だと心配されると、シングルの会の仲間を誘うと言い、全会員を連れて参加する。
  • 第4話 ニューヨークに返り咲き(Homecoming)

    シュミットが高校の優秀卒業生として表彰されることになり、いつものメンバーは晴れ舞台を見るためにニューヨークにやってくる。これまでニューヨークにいい思い出がないジェスは、この旅行を楽しいものにしようと張り切っていたが思うようにいかない。ニックとウィンストンは旅の思い出に散在しようと高級レストランでの食事を楽しむが、電車賃まで使い果たしてしまう。表彰式の時間が迫る中、2人はある奇策を考え出すが…
  • 第5話 ジャイプール・アビブ(Jaipur Aviv)

    シシとシュミットが新居に引っ越すとロフトに残るのは3人だけになるため、ジェスは4人目の同居人を迎えようと提案した。するとニックはレーガンを迎えたいと言う。そこで全員で投票をおこなったところ、賛成3で反対2という結果に。ジェスは反対派の2人に憤慨し票を変えようと奮闘する。一方、シシとシュミットは内装デザインの意見が合わずモヤモヤしていた。そんな折、ウィンストンがシシたちの新居の秘密を発見する。
  • 第6話 準備ができた!(Ready)

    ジェスは突然、新しく恋を始める準備ができたと感じた。まずロビーとデートしてみるがどうもイマイチ。しかしシュミットはジムで、ロビーとジェスが他の人には通じない話題で盛り上がっているのを目撃。キスをしてみたら魔法が起きるかもしれないと、一歩進むことをジェスに勧める。執筆に専念したいニックからバーの店長をするように言われたシシは早速、モデル志望の超セクシー男を新しくバーテンダーとして雇うことにする。
  • 第7話 最後の感謝祭(Last Thanksgiving)

    ロビーに大ケガを負わせたジェスは看病で彼につきっきり。そのせいでロビーは付き合っていると誤解している様子で、感謝祭の今日もジェスたちのロフトにやってきた。シシはハッキリ終わらせるよう言うが、ウィンストンに、祝日にフラれると毎年思い出すからやめるように忠告される。シュミットは父を招いていた。父と過ごす初めての感謝祭に期待は高まる。ニックは久しぶりに会うレーガンを完ぺきな状態で迎えようと準備するが…
  • 第8話 覆面捜査官ジェイムス・ワンダー(James Wonder)

    ニックはシュミットとシシへの結婚祝いに何を贈るかをまだ悩んでいた。リクエストリストから選ぶのではなく、特別で永遠に残る物を送りたいのだ。シュミットも、好きな物でいいと言うがなかなか決まらない。ジェスには校長就任の話が持ち上がる。ぜひ就任したいジェスは保護者に気に入られようとするがうまくいかない。そこで覆面警官に応募するというウィンストンに、保護者のふりをして潜り込み自分を売り込んでほしいと頼む。
  • 第9話 オープンな関係(Es Good)

    ジェスはロビーとデートを重ね、すっかり意気投合していた。しかしいざ、ちゃんと付き合っているのかと聞かれると戸惑ってしまい“ゆっくり進みたい”と答えた。ロビーもそれに同意し2人は今時のカップルのようにオープンな関係でいようと決めた。そしてロビーから同じ職場の女性とデートすると言われたジェスは自分も相手を探すことにする。シュミットの新居では問題が発生。シュミットはニックにアドバイスをもらうのだが…
  • 第10話 クリスマス・イブイブ(Christmas Eve Eve)

    ハロウィーンが終わり、ジェスはクリスマスシーズンの到来をルームメイトたちに意気揚々と告げる。ところが全員から、今年はストレスが多いクリスマスのイベントをパスしようと言われてしまい大ショック。クリスマスのプレゼント交換は、思い合う気持ちを表現する良い方法だと考えるジェスは、贈り主を隠して1人に1つだけプレゼントする“秘密のサンタ”だけはやろうと妥協案を提案する。受け入れた皆はそれぞれ思案するが…
  • 第11話 おかえりレーガン(Raisin's Back)

    レーガンがロフトに戻ってきた。転職をしてまで戻ってくることにニックは大興奮だが、騒ぎ立てると引かれると考えてクールに振る舞うことにした。初日の夜も仕事に行くと言うのでレーガンはジェスと飲みに行く。2人は酔っ払って大いに楽しんだが翌朝レーガンが、ゆうべはいろんな秘密が暴かれたと言いだす。ジェスの秘密といえばニックに関することしかない。ジェスは慌ててシシに相談するが、なんとその会話が録音されていた。
  • 第12話 シシのボーイズ(The Cubicle)

    ロビーに入院費の請求書が届く。ケガを負わせてしまった責任を感じているジェスは自分が払うと言うがロビーも自分で払うと言って引かずケンカになる。レーガンがニックの小説をまだ読んでいないことが発覚。是非読むように皆が勧めるとなぜかレーガンとニックの間に妙な緊張感が走る。モデル事務所を始めたシシにウィンストンが仕事をゲットしてくる。続いてシュミットも仕事を取ってくるがシシは所属モデルに振り回されてしまう。
  • 第13話 モデルを探せ!(Cece's Boys)

    シシのモデル事務所はオーディションを前にモデルを増やすことにした。シシ自身は今いるモデルの世話で忙しいため、ジェスとレーガンが新人探しを買って出る。しかしスカウトは予想外に難しかった。引っ越したらニックとウィンストンとの友情が壊れるのではと心配するシュミットは、絆を保つための儀式を探していた。そして3人で高級スパへ行く。ところがシュミットが予約したコースには聞くだけで恐ろしいものが含まれていた。
  • 第14話 史上最悪のハイキング(The Hike)

    研修を終えたアリーが帰ってくることになった。ウィンストンはサプライズの歓迎会を企画してアリーの家族をこっそり招待。シシとシュミットは会場に新居を快く提供する。一方、ジェスとロビーは何をするにも意見が一致しすぎて、そんな2人を見ている仲間たちは驚くばかり。楽しくハイテンションで準備を進め2人でハイキングに出かけるが、山の中で道に迷ってしまう。雨も降り出し、避難した洞窟で驚くべきことが判明する。
  • 第15話 カレを元気にする方法(Glue)

    ニックは自作のペッパーウッド物語を出版社に送ったが、出版を断られてしまいショックを受けていた。そんな彼を見かねたレーガンは出版社を通さずに売ってくれる書店を見つけ、ニック本人による朗読会の開催を決めてきた。しかし人前で話すことが苦手なニックはパニックに陥ってしまう。その頃、ウィンストンは一大決心をしていた。協力を依頼されたシシとシュミットは喜んでOKしたが、注文が細かく理解不能で戸惑ってしまう。
  • 第16話 立派な愛の神(Operation: Bobcat)

    バレンタインデーがやってきた。新婚のシュミットとシシ、アリーと順調なウィンストン、レーガンとラブラブなニックにとっては楽しい日だ。相手のいないジェスは、みんなから同情されまいと、有名シェフを家に呼び1人でディナーを楽しむことにする。ウィンストンは、アリーはバレンタインを重視しないと言い、ジェスが悲しい思いをしないように一緒に過ごそうとするが、説得されてアリーに会いに行き思わぬ事態を招いてしまう。