ピッチ 彼女のメジャーリーグ

ピッチ 彼女のメジャーリーグ
ピッチ 彼女のメジャーリーグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

エピソード

各エピソードには「ネタバレ」が含まれている場合がございます。
注意してご覧ください。

  • 第1話 女性大リーガー誕生

    その日、全米中がある女性に釘づけとなった。MLB史上、初の女性大リーガーが誕生したのだ。パドレス傘下のトリプルA所属のジニー・ベイカーがメジャーに昇格、ドジャーズ戦の先発に起用される。幼い頃から父親と二人三脚でメジャーを目指してきたジニーは、デビュー戦を白星で飾ることができるのか。
  • 第2話 勝利の余波

    チームになじもうとするジニーだが、監督が過去に彼女に対して差別的な発言をしていたことが報道される。チームも負けが続き、ジニーが原因で混乱が起きているのではないかとささやかれ始める。そんな中、ジニーはテレビのトーク番組に出演する。
  • 第3話 ビーンボール

    過去の対戦でトミーを負傷させた投手との対決を迎えたパドレス。今回も厳しい内角攻めをする相手に、ジニーはローソンの忠告を無視し、わざと死球をお見舞いする。一方、アルはクビを回避するためオーナーの1人であるマキシンを説得しようと試みる。
  • 第4話 オールスター

    熱狂的な支持のもとオールスター戦に選出されたジニー。ケガで出場を辞退したマイクは解説者としてテレビ番組へ出演する。そんな中、オスカーは亡命キューバ人のリヴァン獲得に向けてひそかにオランダへ向かう。メジャーに上がったばかりのジニーの選出は不適当との批判が出る中、彼女は運命のマウンドへと登る。
  • 第5話 トレード

    トレード期限を前に、フロントは慌ただしくなる。GMのオスカーはプレーオフ争いを見据え、補強に向けて動く。一方、選手たちは誰が去るか情報に一喜一憂する。そんな中、ジニーはブリップがトレードされる可能性があるという話を耳にする。
  • 第6話 虚像のスター

    ナイキとの契約を終え、形の上では一流選手の仲間入りを果たしたジニーだが、作られたイメージとのギャップに悩み、契約祝いのパーティーを抜け出してしまう。一方、マイクからジニーとモメた件を聞いたアメリアは、マイクとの別れを決断する。
  • 第7話 新しいキャッチャー

    控えのキャッチャーが負傷し、急遽リヴァンが招集される。マイクはファーストで出場するが心中は穏やかではない。不満を隠せないマイクだが、チームのためと説得され、リヴァンを受け入れようとする。一方、ジニーのヌード画像流出がついに現実となった。
  • 第8話 止められない力

    パドレスのフロント陣はマイクの移籍について本人の意思を確認する。残留を望むマイクは移籍の話を一蹴するが…。一方、ジニーの元に兄のウィリーが訪ねてくる。サンディエゴでスポーツ・バーを開店するという彼にアメリアは、ジニーの名声を利用するなと釘をさす。
  • 第9話 最後の打席

    マイクがトレードされるという話が大きく報道され、パドレスの選手たちも戸惑う。だが本人からは何の釈明もないまま、トレード期限前の最後の試合を迎える。しかしケガを恐れたカブス側から要請があり、マイクの試合出場は取り消されてしまう。
  • 第10話 タブー

    マイクは残留したものの、トレード騒ぎでチームとの間に溝ができてしまう。一方、ジニーはウィリーの裏切りをきっかけにアメリアと激しい口論になる。そんな中、ジニーは先発し、疲労を心配されつつも偉業達成まであとわずかというところまで来る。