フアン家のアメリカ開拓記 シーズン2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

エピソード

各エピソードには「ネタバレ」が含まれている場合がございます。
注意してご覧ください。

  • 第1話 豪華?な家族旅行(Family Business Trip)

    夏休みが残り1週間となり、友達に自慢できるネタがないと焦りだすエディ。ネタがないとランチを用務員と食べることになってしまうのだ。ルイスは会議のために出張の準備をしていたが、仕事をせずに遊ぶのではないかとジェシカに疑われ、家族全員を連れていくことになる。エディはネタができると大喜びでホテルの隣のテーマパークで遊ぶのを楽しみにするが、現地に着いた途端、ジェシカが持ち前の倹約家ぶりを発揮してしまう。
  • 第2話 人生はチェスのよう (Boy II Man)

    ジェシカはエディの選択科目に楽器ピッコロを選び、エディの希望を一切聞こうとしない。エディにピッコロを習わせておけば大学入試で得になるという算段だ。しかし、エディは選択科目をニコルとの個人指導にしようと決意しジェシカに猛反発する。ジェシカは反抗したエディに驚きつつも、思い通りに動かそうと策を練る。一方、ルイスは急に娘が欲しくなり、あの手この手でアピールを始めるも、ジェシカは全く取り合おうとしない。
  • 第3話 結婚記念日大作戦 (Shaquille O'Neal Motors)

    もうすぐルイスとジェシカの結婚記念日。ルイスは毎年プレゼントを贈ってきたが、無駄遣いだとジェシカに喜んでもらえずにいた。そこで今年は新車を買うことにする。新婚初夜に2人で値切って車を買った時の喜びを思い出してもらうのが狙いだ。しかし、その時にあることを忘れて悔やんでいるジェシカは販売店に行く気になれない。一方、水遊びのおもちゃが欲しいエディは、エバンが大切にしている人形が高く売れることを知り…
  • 第4話 嫁姑戦争勃発!? (The Fall Ball)

    フアン家に花束が届けられた。おばあちゃんはそれが自分宛で、恋人だった男性が亡くなったと言う。衝撃の事実に驚くジェシカだが、おばあちゃんが受け取った遺産で転売用の物件を買わせてもらおうと画策する。エディの学校ではダンスパーティーが近づいていた。ルイスは若き日の憧れだったと自分のことのように喜び、乗り気でないエディと仲間たちが意中の女の子とうまくいくように服装や髪形について熱心にアドバイスするが…
  • 第5話 ハロウィーンの奇跡 (Miracle on Dead Street)

    一家は引っ越してきて初めてのハロウィーンを迎えようとしていた。ルイスはにぎやかなお祭り騒ぎとは縁のなかった通りを盛り上げようと主婦たちに働きかけ、子供たちは仮装してお菓子をたくさんもらうことに夢中になっていた。一方、ジェシカは投資物件のことで頭がいっぱいだった。近所のたちの悪い少年たちが、投資した家に卵を投げつけようと計画しているからだ。家族がまとまらないまま、ハロウィーンの夜がやってくる。
  • 第6話 おはようオーランド (Good Morning Orlando)

    秋の舞踏会から2週間が経った。エディはアリソンから手紙をもらい、自分たちがいつの間にか恋人同士になっていることを知らされる。友達全員にも恋人がいると分かり、ショッピングモールでグループデートをすることに。一方、ルイスは得意のモノマネが気に入られ朝のTV番組にゲスト出演することになる。本番でもスタジオは大爆笑。しかし中国系はバカにされているとジェシカに指摘されイメージを変えるために再び番組に出るが…
  • 第7話 誕生日と反抗期 (The Big 1 - 2)

    エディの12歳の誕生日がやってきた。ところが本人は“パーティーは不要だ”と言い、友達と遊ぶと言い残しモールへ出かけてしまう。ジェシカとルイスは手間が省けると一度は喜んだが、やはり寂しくなり、例年どおりパーティーをやろうと決めエディを迎えに行く。しかし、そこで目にしたのはエディが友達に囲まれてパーティーを楽しむ光景だった。なぜエディは自分たち抜きで誕生日を祝ったのか、2人は理解に苦しんでしまう。
  • 第8話 フアン家のフアン謝祭 (Huangsgiving)

    感謝祭は、毎年ジェシカの母が二人の娘のどちらに主催させるかを決めていた。競う姉妹だが最近は姉のコニーばかりが選ばれていたため、ジェシカは母に贈り物をし、主催者の役目を手にする。ジェシカは大喜びで感謝祭の計画を練り、そして当日、姉一家がやってきた。ところが、姉は夫婦関係が冷え切っていると言う。ジェシカは姉が同情を引こうとして芝居をしているだけだと考える。過去にも色々と妨害されていたからなのだが…
  • 第9話 女の友情の終わり方 (We Done Son)

    ジェシカとハニーは投資物件の販売方法を計画中。ジェシカは勝手に占い師に助言を求めて月500ドルを経費に計上していたが、ハニーが提案するオープンハウスのもてなしや研修への参加は断固拒否。結果、不満を募らせたハニーと言い合いになり一方的に絶交すると言い捨ててしまう。一方、エディはアリソンの誕生日プレゼントを買うために働くことを決心し、求人募集していた近所の住人を訪ねるが、そこには意外な人物がいた。
  • 第10話 サンタクロースの正体 (The Real Santa)

    クリスマスを目前にジェシカは、サンタをエバンにとって最高の存在にしようと考え、サンタが科学者だとウソをつく。すっかり納得したエバンのためにレストランでのサンタとの朝食会では、マービンに賢いサンタ役を頼みサンタ像を壊すまいとするがハプニングが起こり、サンタは中国人だとウソを重ねてしまう。エメリーは家族に心のこもったプレゼントを準備するが、ジェシカへの贈り物がハニーと同じだと知り、頭を悩ませる。
  • 第11話 アメリカ流旧正月の過ごし方 (Year of the Rat)

    フアン家は旧正月を親戚一同と祝うためにワシントンDCへ戻る予定を立てていた。ところが空港へ向かうと、予約していたのは前日の便だったことが判明。ルイスが搭乗券の日付を間違えていたのだ。どうしようもなく、オーランドで過ごすことになったが、お年玉やパレードなど旧正月ならではの雰囲気を味わえないことを嘆いていた。そんな時、アジア人コミュニティーがあることを知り、大喜びで彼らのパーティーに参加するが…
  • 第12話 ロマンスを勘違い? (Love and Loopholes)

    エメリーは愛の言葉を壁に貼ってロマンチックな気分に浸り、愛とは情熱的なものだと信じていた。そんな時、マービンとハニーがルイスとジェシカにバレンタインデーに夫婦だけで過ごす時間をプレゼントする。喜ぶエメリーだが、甘いデートをすると言った両親が自宅で確定申告に勤しんでいる姿を目撃してしまう。エディはアリソンとコンサートに行こうとするが、チケット獲得に活躍してくれたトレントが自分に権利があると言い出す。
  • 第13話 評価に翻弄されて(Phil's Phaves)

    ルイスがコンピューターを購入した。インターネットで店を検索してみると、レストランの評価サイトでBマイナスだった。納得いかないルイスとジェシカは、サイトの管理人に店を再評価してくれるよう依頼。承諾を受け、店を整えて管理人を迎えるが、現れたのは知っている人物だった。エディはアリソンのために音楽テープを作るが、そのテープが間違ってエディを好きなリーバの手に渡ってしまい、愛の告白だと勘違いされてしまう。
  • 第14話 マイケル・チャン フィーバー(Michael Chang Fever)

    マイケル・チャンを熱狂的に応援しているルイスは、兄弟で唯一興味を持ったエメリーにテニスを教えようとジェシカと3人でテニスコートへ行く。するとエメリーは初心者とは思えないすばらしいプレーをしてスカウトされ、さらに大会に出場することに。大喜びの2人はとにかく最優先でエメリーをサポートする。エディはエバンがイジメにあっていると知り、自分が助けようと、同級生たちを引き連れてイジメの現場に乗り込むが…
  • 第15話 会わせたくない2人(Keep'em Separated)

    ジェシカがハニーと2人で過ごそうとするたびにルイスが邪魔をするようになった。ルイスに友達がいないことが原因だと気づいたジェシカは、以前夢中になっていたビリヤードをやるように勧める。早速ビリヤード仲間ができ解放されるが、それが女性だと知り慌ててしまう。エディはニコルが彼氏と別れたことを知り一緒に出かける約束をしたが、ニコルを好きだった過去をアリソンが知らないことに気づき、2人を近づけまいとする。
  • 第16話 父親の役割(Tight Two)

    ルイスはモノマネやジョークで子供たちやジェシカを笑わせることに誇りを持っていたが調子に乗りすぎて脚を骨折してしまう。代わりにジェシカが店に出ることになるが、誰もクビにしないように事前にルイスに釘を刺され、従業員の管理にてこずりイライラが募る。家にいることになったルイスは学校帰りの子供たちを迎えるが、長時間一緒にいることに慣れていないため、面白いことをしなければとプレッシャーを感じてしまう。
  • 第17話 大人でも正しくない人(Doing It Right)

    エメリーとエバンを車で迎えに行ったジェシカは、学校の送迎エリアで割り込みした母親に文句を言って口論になる。その後、相手がエバンの親友JJの母親だと分かるが、さらに言い合いになってしまい、エバンが楽しみにしていたJJの誕生日会に招待しないと言われてしまう。ルイスはチリコンテストに出場することにした。5年連続で優勝しているマービンを意識して闘志を燃やし、味を高めようとエディを弟子にして試作を続ける。
  • 第18話 広がる感染 チームの危機(Week in Review)

    ルイスとジェシカはいつものように仕事や家事の予定を確認しながら、自分たちがとてもいいチームだと実感していた。ところがエディとエバンがシラミに感染して学校から早退し予定の変更を余儀なくされ、チームワークが乱れていく。エディは教員とのバスケの試合で点を奪えなければ1年間宿題が倍、奪えれば宿題が無しになるという約束をしていたが、シラミのせいで試合に出られなくなり、欠場なら関係なくなると喜ぶのだが…
  • 第19話 刺激的な生活(Jessica Place)

    ジェシカは、お気に入りのドラマの放送が来シーズンまで休みとなり、心の底からがっかりしていた。退屈しのぎに自宅前にプールを設置するが、組合の多数決で却下されてしまう。デイドラが近所の皆に反対させたと感じたジェシカは、ハニーと共にデイドラの弱みを握ろうと夜中に自宅を探りに行く。いつもお行儀のよいエメリーが急にキレまくった。驚いたエディは、何事もためずに自分の気持ちを解放すべきだとアドバイスするが…
  • 第20話 名前の由来を知って(Hi, My Name Is...)

    ある日、フアン家のトースターが故障してしまう。銀行で口座を開設すればトースターが無料でもらえるとジェシカが提案すると、エバンが自分の口座を持ちたいと貯金箱を差し出す。エバンは入念に署名の練習までして銀行に行くが、自分の名前がいきあたりばったりで決まったという話を聞いてショックを受け、名義をどうすべきか悩んでしまう。その姿を見たジェシカとルイスは参考になるようにと自分たちの名前の由来を話し始めるが…
  • 第21話 投資物件の行方(Rent Day)

    ジェシカは投資物件を売るよりも賃貸に出す方が利益になると耳にし、借り主を募集することにする。そして集まった中から、高学歴の若い夫婦なら条件に合うと判断し入居させるが、彼らの預金残高がゼロであることが判明。節約するように指導しても2人は無駄遣いばかりして家賃を払おうとしない。エディは腕時計をルイスにねだる。ルイスは自分の腕時計をエディに渡し、一週間大事にできたら買うことを考えてもいいと提案する。
  • 第22話 マッチョ・パワーに憧れて(Gotta Be Me)

    ルイスはレンタルビデオ店で家族の誰かが無断で自分の会員カードを使ってビデオを借りていることを知る。家族が出かけた隙を見計らって部屋を探すと、ジェシカのベッドの下からマッチョなアクション映画が何本も見つかり不安にかられるが、借りていたのは意外な人物だった。ジェシカは、エディの校外学習参加に反対していたが、行き先が入植者の歴史を体験できる施設だと知ると一転して参加を認め、自らも引率者として同行する。
  • 第23話 恋人が違う子に(The Manchurian Dinner Date)

    学年末の時期になり、ルイスの店で卒業記念ビュッフェを開催することになった。ルイスは子供たち3人を招待し、それぞれ友達を1人誘ってもいいと伝える。エディはアリソンを呼ぶ予定だが、ジェシカが中国系の恋人を希望しているため、何とかアリソンを気に入ってもらえるいい方法はないかと考える。エメリーは小学校の卒業式で総代としてスピーチをすることになった。誇りに思うルイスは、聞き手に感動を与えるコツを伝授する。
  • 第24話 兄弟げんかの原因は(Bring the Pain)

    テレビのチャンネル争いでケンカするエディたちを父親らしくいさめるルイス。しかし、弟のジーンが台湾からやってくると知るや否や、険しい顔になる。実は、温泉でのある一件がもとでケンカして以来、兄弟関係が冷え切ったままだったのだ。子供たちによいお手本となるように説得され弟を出迎えるが、わだかまりは消えない。エディはどうにかしてお目当ての番組を見ようと画策するが、エバンとエメリーの徹底的な妨害にあう。