ブリッジ ~国境に潜む闇 シーズン2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

エピソード

各エピソードには「ネタバレ」が含まれている場合がございます。
注意してご覧ください。

  • 第1話 絡み合う殺人(Yankee)

    息子を殺したデビド・テイトを逮捕したが、妻子も失ったマルコは立ち直りきれず、ソニアとの連絡を絶っていた。そんな中、家宅捜索中のマルコは自分の部下に銃を向けられる。警察の奴隷にされていたエバを助けた事が知れたからだ。エバはハンクの家に身を隠していたが、そこにも警官が姿を現しはじめていた。その頃、ミリー・キンタナの家から発見された大金に関連するカルテルらしき男女がメキシコからアメリカに入国していた。
  • 第2話 袋詰めの遺体(Ghost Of A Flea)

    他殺体で発見されたヨヴァンニと行動を共にしていた女エレノアは、血を洗い流していたところを見られた少年に助けを求め、女の色気を使い少年を思いのままに操り彼の家に向かう。殺されたヨヴァンニは、カルテルのボス、ファウストの護衛だったことが判明。彼と共に車に残されていた犬の剥製を作った男を訪ねると、地下からもう一人の遺体が発見される。一方、マルコは新検事と密会。その後、深夜に警部からの呼び出しを受ける。
  • 第3話 アパッチの涙(Sorrowsworn)

    マルコはファウストとロブレス警部に命じられエル・パソ市警に協力する形でエレノア・ナハトを追っていた。エレノアを目撃したカイルの友人デックスが母親と共に署を訪れ、捜査は一歩進展する。一方、ファウストの麻薬を輸送するレイとシーザーのトラックが、覆面し自転車に乗った若者の集団に襲撃され、麻薬を奪われたレイは逃亡しようとする。ボブの農場ではエバを追ってハンクの家にも現れたメキシコの警官が捕らわれていた。
  • 第4話 意外な再会(The Acorn)

    殺害されたチュチートの部屋でレイバーン国法銀行の明細書を見つけたフライとアドリアーナは、銀行の支店長を訪ね、話を聞き出そうとするがシラを切られ追い返されてしまう。支店長はその日の朝、ある電話を受けたあと、エレノアの命令で耳を切られた秘書に対し口止め料を払い口外するなと念を押していた。ソニアの姉を殺したジム・ドブスが死亡。その死に立ち会えなかったソニアは、連絡をよこさなかったジャックを責める。
  • 第5話 慰めの方法(Retribution)

    マルコの息子を殺害し服役中のデビッド・テイトは、囚人仲間から攻撃され診察室のベッドに拘束されて治療を受けていた。一方、マルコは車の後部座席に身を隠しファウスト・ガルバンの元を訪れていた。そのマルコにファウストは“準備が整った”と告げる。州検事のピンタードは汚職警官を一掃し、さらにファウストを捕らえるべく、ソニアらと共に、証人となるようエバを説得。フライは麻薬取締局のマッケンジーに呼び出されていた。
  • 第6話 口封じ(Harvest of Souls)

    ダニエル・フライとアドリアーナは情報提供者に会うことになった。ラウル・キンタナを殺害する際に“神の気配”を感じた殺し屋フランコだ。ダニエルたちは彼の話を元に記事を書く。州検事のピンタードはマルコの家を訪ねたところ警官に連れ去られそうになったこともあり民間の警備員をつけた。それにもかかわらず彼の背後に暗い影が忍び寄っていた。エバは小屋に捕らわれ拷問されている、自分をレイプした警官を見つけてしまう。
  • 第7話 悪魔との約定(Lamia)

    記事をボツにされ荒れるダニエルは、禁酒会のスポンサーと酒を飲みドラッグを吸い大騒ぎをしていた。アドリアーナに止められ責めたてられるが、ダニエルにはある考えがあり、これがきっかけで“レッドリッジ”にたどり着く。フアレスの警官を銃殺したマルコは検察の審問を受けていた。事実を話せば多くの人に影響を及ぼすため、マルコは歪曲した証言を行う。その頃、ソニアはジャックに連れられ砂漠の給水塔へ向かっていた。
  • 第8話 裏切り者(Goliath)

    恋人が襲われたアドリアーナから、フライと共にレッドリッジを調べていることを聞いたソニアは1人で現場に赴く。そこには麻薬取締局のマッケンジーが待ち受けており、デビッド・テイトの死と、マルコについて今まで知らなかったことを告げられる。一方、ロブレスは突然、海軍に連れ去られる。軍の狙いはファウスト・ガルバン一味の一掃。ファウストは“慎重になれ”というセリソラの忠告を無視したことがあだとなり窮地に陥る。
  • 第9話 引き金(Rakshasa)

    ファウストが送り込んだ殺し屋に連れ去られたソニア。殺し屋は人気のない荒野でソニアを埋めるべく深い穴を掘り始めるがソニアになす術はなかった。マルコはセリソラの娘が麻薬所持で逮捕されたことがきっかけでソニアの危機を知る。エレノアとシャーロットは売買契約のためレッドリッジを訪れていた。その家を見守るのは、シャーロットから密告を受けた麻薬取締局のマッケンジーとリバス、そして彼らに協力するハンクだった。
  • 第10話 窮地(Eidolon)

    血の海と化したレッドリッジにモンテが到着する。生き延びたエレノアとシーザー、ハイメに指示し後処理を始めるが、エレノアの帳簿が無くなっていた。まだマルコに不信感を抱くソニアだがDEAとハンクが共にいなくなったことを知り、マルコと共にレッドリッジに駆けつける。家には銃撃戦の跡とハンクの帽子が残されていたが1体の死体もなく途方に暮れる中、1台のトラックが血を振りまきながら走っているとの通報が入る。
  • 第11話 特別な仕事(Beholder)

    ファウストは自分への捜索をやめさせるため、セリソラの娘を捕らえ父親に脅迫映像を送りつける。ソニアはレッドリッジでの銃撃戦についてDEAから事情を聞かれるが、そこにはCIAのバックリーが同席しており捜査権が連邦に移ったと告げられる。憤るソニアに、命を取り留めたハンクはエレノアの帳簿の隠し場所を教える。マルコは打倒ファウストをもくろむ海軍の協力を得ようと、州検事に海軍と引き合わせてくれるよう依頼する。
  • 第12話 反撃(Quetzalcoatl)

    エレノアの帳簿を手に入れたソニア。そこに書かれていた暗号を解き、CIAの手引きで再び解き放たれたエレノアを追う。殺された麻薬取締局のマッケンジーが保管していた資料を元にある住所へたどり着いたフライとアドリアーナは、そこでエレノアを追うソニアと病院を抜け出したハンクに出くわし、互いに協力して調べを進めることにする。ファウストに捕らわれたマルコは、先に人質になっていたロミーナと共に閉じ込められていた。
  • 第13話 腐ったゲーム(Jubilex)

    麻薬を積んだと思われるトラックが国境を越え、それを追うハンクが車を停め積み荷を調べると中には意外なものが載っていた。ソニアは、交代したトラック運転手が乗るバンを追い、ある家にたどり着く。マルコは、海軍を出し抜いたファウストに捕らわれたまま、麻薬の禁断症状の続くロミーナを支えながら、逃走用の車を隠してあるという場所へ向かっていた。後始末を終えたエレノアはセリソラから父親を引き渡され、故郷へ向かう。