銃弾の副作用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

エピソード

各エピソードには「ネタバレ」が含まれている場合がございます。
注意してご覧ください。

  • 第1話 悲劇のはじまり(Pilot)

    1年前の娘の死による心の傷を抱える救命医ジョンと妻のサマンサ。ある日夜勤明けに帰宅し、妻との穏やかな時間を過ごしつつあったジョンだが、庭でケガをしたリスを発見。獣医に連れて行こうと車を走らせたジョンは、路上で少年が銃撃に遭う現場を目撃。彼の命を守ろうと救助に当たっていた最中、少年を撃った犯人の乗った車が猛スピードで向かってくるが…。
  • 第2話 彷徨う小さな命(Infection)

    他人の名義でアントワンの移送に成功したジョンとグレッチェンだが、病院に向かったジョンは彼の姿を確認できず、大きく動揺する。一方、虐待の被害から守るために隔離病棟に移した女性患者に対し、グレッチェンは彼女が病棟に留まれるよう嘘の病状を報告するよう告げる。
  • 第3話 発病(Onset)

    ギャングのボスであるアントワンの父に会うため、彼の仲間と共に刑務所に向かったジョン。全ての件から手を引きたいと彼に告げるが、逆に脅しをかけられてしまう。一方、DVの被害者であるヒラリーの荷物を取りに同居するパートナーの元に向かったグレッチェンは、そこで大きなトラブルを引き起こしてしまう。
  • 第4話 免疫応答(Immune Response)

    オニール医師が外科センターへの患者の搬送について調査を始めたため、ジョンはアントワンを別の施設へと移動したいとグレッチェンに相談する。グレッチェンが以前勤めていた美容外科医院の院長に頼むと、大金と引き換えにアントワンを保護してくれることに。そしてジョンはギャングに金を用意するよう伝えるが、時間がないため金の回収に同行するハメになる。一方、サマンサは以前関係を持ったカイルとの仲が再燃しそうになる。
  • 第5話 銃撃戦(Outbreak )

    CJたちが撃たれたことでギャング同士の報復合戦が始まり、ERに次々と患者が運ばれてくる。治療に当たっていたジョンは、脚を撃たれて搬送されてきたダリウスに呼び出され、彼の仲間と話をしろと脅される。さらにダリウスは殺し合いを止めるべく、病院を抜け出す手助けをするようジョンに迫る。グレッチェンは銃撃戦のきっかけを作った女性患者を担当し、彼女が自分の体を二の次にして幼い弟を守ろうとしていることを知る。
  • 第6話 取り調べ(Diagnosis )

    ギャング銃撃戦後の診療を終えたジョンは、グレッチェンと共に美容整形外科でアントワンとダリウスの処置を行う。ようやく帰宅して休息を取り始めた矢先、ジョンが注射器を廃棄するのを目撃したブリジットから電話があり、さらにギャング取締班のホールデン刑事がやってきてジョンを銃撃戦の現場に連れていく。一方、グレッチェンは死亡した女性患者が気にかけていた弟の様子を見るために、ギャングのたまり場に乗り込む。
  • 第7話 深入り(Fever )

    記録室のジェドが逮捕され、医療詐欺で有罪になれば懲役10年の刑を科されることに。道連れになるのを恐れたグレッチェンは、ジェドの弁護費用を稼ぐためにウェスに相談。ウェスは3万ドルと引き換えに抗ガン剤を調達するようジョンとグレッチェンに提案する。一方、ジョンの薬物乱用を疑うグレッチェンは、上層部に報告すると通告。さらにジョンの自宅に配備されていた護衛が中止され、それを機にギャングが自宅前に現れる。
  • 第8話 再発(Relapse )

    ギャングの話を立ち聞きした医師から、ロコスの襲撃計画について知らされたジョン。カウンセリングの直後だったため、当初は関わらないつもりでいたが、やはり見殺しにはできないと思い直してダリウスに警告。襲撃計画はヴァイン・シティの追悼式を狙ったものだと判明する。しかしダリウスはそれを中止するどころか、ロコスを待ち伏せすると言い出したため、ジョンは襲撃を阻止すべくロコスの縄張りに乗り込んでいく。
  • 第9話 板挟み(Deterioration )

    ジョンにすべて打ち明けられたサムは、動揺しながらも2人で乗り越えることを誓い、街を出る準備を始める。しかし、そこに召喚状を持ったホールデンが現れ、ジョンはロコスのメンバーの予備審問で証言することに。さらにホールデンの差し金で検事補に遠出を禁じられてしまったため、サムはカイルに助けを求める。一方、アントワンを帰宅させる手配をしていたジョンは、運転中にロコスに命を狙われ、ある決断をする。
  • 第10話 危険な真実(Critical )

    サムにカイルとの関係を打ち明けられたジョンは、その事実に動揺しながらも、警察にすべてを話して保護と免責を求めることを決意。グレッチェンも一緒に取引するべきだと説得するが、彼女は自分の名前を出すなと拒否する。しかしグレッチェンが美容外科にかくまわれているアントワンの様子を見に行くと、そこにはなぜかホールデン刑事の姿が。さらにジョンの父親の家にはホールデンの相棒が現れ、サムと話がしたいと迫る。