ブリッジ ~国境に潜む闇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

エピソード

各エピソードには「ネタバレ」が含まれている場合がございます。
注意してご覧ください。

  • 第1話 二つの国を分ける橋(Pilot)

    アメリカとメキシコを結ぶ橋の上で停電が起こる。その後、国境線となる橋の真ん中で、女性の遺体が発見された。現場に出動したアメリカ側の捜査官ソニアとメキシコ側の捜査官マルコ。被害者がアメリカ人の判事であったため一旦ソニアが事件を引き受けるが、2つに分断されていた遺体の下半身は別のメキシコ人女性のものである事が判明。両国にまたがるこの不可解な事件を解決するべく、ソニアとマルコは合同捜査を行うことになる。
  • 第2話 秘密のトンネル(Calaca)

    亡き夫が隠し持っていた鍵は、メキシコからの不法入国者を行き来させるトンネルの入り口のものだったと知ったシャーロット。夫への不信感が芽生えたとき、夫の法律業務を請け負っていたという男が大金を持って訪れる。判事の殺害事件を追うソニアは、もう1人の犠牲者クリスティーナを調べるため、危険な地域だという警告を無視し、チワワ州警察に赴く。そこで被害者が死んだ直後にカルテル同士の抗争事件があったことを知る。
  • 第3話 取引の条件(Rio)

    フライとアドリアーナが発見した遺体は9人の毒殺体だったが、不法入国者はもう1人いて生き延びていることが判明。殺害現場を見下ろす丘の上には誰かが住んでいると思われるトレーラーがあり、犯人であることを示唆する証拠も発見される。そんな中、再度フライの元に犯人から、生存者の女性を解放してほしければ身代金を払えとの電話が入り、身代金は4名に支払わせるようにと、エル・パソ在住の富豪の名を告げられる。
  • 第4話 砂漠の人質(Maria of the Desert)

    砂漠で縛られ動けない人質のライブ映像がネット上で広がっていく中、身代金として百万ドルが要求される。被害者がアメリカ人でないためか金の準備がなかなか整わず、マルコたちはいら立つ。FBIが介入し捜査の指揮権を奪われた中で、人質の映像に居場所のヒントがないか、ソニアはひとり画面を見続ける。そんな中、身代金の用意ができないことを見透かしたカルテルの大物ファウストがマルコに接触し、意外な提案をする。
  • 第5話 野獣(The Beast)

    FBI捜査官が殺されてから2日。それ以来、犯人からの連絡はなかった。フライは犯人からの電話については情報提供すると約束していたが、ソニアはそれを信じられず彼の電話を盗聴できないかマルコに持ちかける。砂漠で囚われていたマリアは回復に向かっていたが、強制送還しないでくれと言うばかりで捜査は進展しない。同じ頃、アメリカ人少女ジーナは1人でメキシコへ渡り、“野獣”と呼ばれ恐れられている人物の存在を知る。
  • 第6話 目撃者( I.D.)

    ゲドマン捜査官の精神分析医だったメドウズは“コロンビアのネクタイ”と呼ばれる麻薬の売人に対する残虐な処刑方法で殺されていた。娘のジーナは犯行を目撃したといいながら、何も覚えていないと言う。納得のいかないソニアはジーナを問い詰めるが、マルコは少女の気持ちを考えろとソニアを諭す。シャーロットはトンネルの秘密の重さに耐えかね、以後の交渉を任せようと友人のレイに秘密を打ち明け、リベラに引き合わせる。
  • 第7話 接近戦(Destino)

    殺された精神分析医の家に乗り捨てられていた車から、ジャック・チルドレスという男が浮上した。ソニアとマルコがジャックの家へ向かうと、犯行を示唆する資料や書物が見つかる。ジーナが殺されたことで、情報が筒抜けだということを思い知らされたソニアは捜査班への応援要請に無線を使わずにハンクの到着を待つが…。一方、トンネルに関しての交渉の窓口となったレイはシャーロットに内緒で新たな取引をリベラに持ちかける。
  • 第8話 復讐の始まり(Vendetta)

    ジャック・チルドレスを逮捕し安堵した一同だが、ソニアは彼が“橋の解体者”であることに疑問を感じていた。ジャックがはめられたのではないかと考え、皆の反対を無視し調べを進め、被害者2人と共通点のあるデビッド・テイトという元FBI捜査官の名にたどり着く。一方、フアレスでは町の有力者の名を冠した図書館の記念式典が開かれ、アドリアーナ、マルコの妻アルマ、彼女と関係を持った同僚のケニーが顔をそろえていた。
  • 第9話 裏切りの代償(The Beetle)

    デビッド・テイトは妻と息子を亡くした悲しみから、自殺したとみせかけ、死亡したヘイスティングになりすましていた。妻を寝取ったマルコへの復讐として、マルコの妻アルマに近づくためだ。そうとも知らないアルマは夫に連絡することもなく、デビッドの誘いに乗り、娘2人を連れだし4人で時間を過ごしていた。そしてそのまま砂漠の小屋に連れていかれてしまう。一方、発信器のことで激怒したリベラはシャーロットに襲いかかる。
  • 第10話 父親の罪(Old Friends)

    車を運転中にデビッド・テイトに衝突され重傷を負ったソニア。同乗していたマルコの息子グスがデビッドにさらわれるのを目の前にしながら止められなかった罪悪感から手術の必要なケガを顧みずマルコと捜索に出かける。一方、自分の車に爆弾を仕掛けられた理由を悟ったフライは禁酒の誓いを破り再び酒に溺れていた。リベラを殺したシャーロットはレイと一緒に、事の発端である発信器を銃に取りつけたティムを呼び出し問いただす。
  • 第11話 橋の上で再び(Take The Ride, Pay The Toll)

    マルコはテイトに連れられ、ゲイツ判事とクリスティーナの半身の遺体が見つかり、すべてが始まった橋へ来た。この橋で事故に遭った妻子がどのような死を遂げたかを話し始めたテイトの身体には大量の爆弾が巻き付けられており、手には起爆スイッチがあった。マルコは必死にグスの居場所を聞き出そうとするが、テイトは口を開かない。ソニアがある手がかりをつかみ必死にグス捜索を続ける中、テイトの最後の計画が幕を開ける。
  • 第12話 自暴自棄(All About Eva)

    エバに会いに農場を訪れたスティーヴン・リンダー。彼女に結婚を申し込むつもりだったが、エバは“別の道を歩みたい”と農場を去っていた。自分の力だけで捜すことは困難だと思ったスティーヴンは警察の力を借りようとソニアを訪ねる。息子を殺されて自暴自棄になり酒浸りの日々を送るマルコ。彼がフアレスの行方不明少女たちを気にかけていたことを知っているソニアは、エバの捜索が復帰のきっかけになればと捜索を頼みに向かう。
  • 第13話 決意(The Crazy Place)

    マルコは、セリアの“署内でエバを見た”という告白をソニアに打ち明け、内密で捜査を続ける。防犯ビデオに一瞬写るエバの姿を見つけ、ドラッグやレイプが行われる“パーティー”が署内で開かれたと確信したマルコはエバの居場所を聞き出すためにある男の元へ向かう。一方、シャーロットは死んだ夫とリベラの間を取り持っていた弁護士モンテと正式な契約を交わす。すると突然トンネルの秘密を知っていると言う謎の男が現れる。