ウェイワード・パインズ 出口のない街

ウェイワード・パインズ 出口のない街
ウェイワード・パインズ 出口のない街
ウェイワード・パインズ 出口のない街
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

イントロダクション

放送予定

番組表
  • この番組の放送予定は現時点で未定です。

イントロダクション

  • 生還可能性ゼロ... 映画『シックス・センス』のM・ナイト・シャマランが仕掛ける脱出ミステリー
    映画『シックス・センス』、『サイン』の鬼才M・ナイト・シャマランによる、待望のドラマ・シリーズ!



    What's HOT on FOX 「ウェイワード・パインズ 出口のない街」作品紹介


    シークレット・サービスの捜査官イーサン・バークは、失踪した2人の同僚を捜索中、「ウェイワード・パインズ(Wayward Pines)」という町の入り口に差し掛かり、交通事故に遭う。
    その後森の中で目を覚ました彼は、ウェイワード・パインズの閑静な住宅街へとたどり着くが、IDや所持品を何もかも失っており、そこから家族や職場への連絡手段は、すべて遮断されていた。

    一方で、町の外の世界では、残された事故車にイーサンの乗っていた形跡はなく、彼の消息は絶たれてしまう。なんの情報も得られない中、自身も元捜査官であるイーサンの妻は、独自に彼の行方を追うことにするが…。

    袋小路に陥ったまま、ウェイワード・パインズで失踪事件の捜査を続けるイーサン。穏やかに見える町の住人たちだが、誰一人彼に助けの手を差し伸べる者はなく、その不審な行動にイーサンはさらに疑惑を深めていく。そんな中、バーで働く女性ビバリーと出会ったイーサンは、彼女の率直な発言から、謎の糸口を見出していくように。そして、美しく理想的に見えるこの田舎町に隠された、恐るべき秘密へと迫っていくことになり…!

    マット・ディロン、ジュリエット・ルイスといったオスカー・ノミネート経験を持つ実力派俳優たちの出演も大きな話題の最新ミステリー。
    出口の見つからない“脱出不可能”な街「ウェイワード・パインズ」の全貌とは??

    見どころ

    1.映画を超えるハイ・クオリティー!鬼才M・ナイト・シャマラン、初のドラマ・シリーズ!!

    本作の製作総指揮を務めるのは、「シックス・センス」、「サイン」など神秘的な作品に定評のあるアカデミー賞ノミネート監督、M・ナイト・シャマラン。彼が自身初となるTVシリーズに挑んだことでも話題となっているこの「ウェイワード・パインズ」では、2013年International Thriller Awardノミネートの米国ベストセラー小説「Pines」を原作に、テレビドラマの枠を超越するような濃密な物語が描かれていく。
    迷い込んだ謎の町から抜け出そうとする主人公が直面する不可解なミステリーに、心理的サスペンスや異次元的出来事など様々な要素が組み込まれた、一筋縄ではいかないスケール感で紡がれるストーリー。
    その緻密な物語を、シャマラン監督が映画畑で鍛えたその手腕で、見応えのある大作へと昇華させる。
    製作陣には「MAD MEN マッドメン」や「ブレイキング・バッド」といった人気ドラマを手掛けるスタッフを迎え、TV作品としての絶妙なバランスを取りながら、主演マット・ディロンが「映画以上に映画的」と称するほどの突出した世界観を生み出している!
    これまで多くの作品で観客の予想を裏切る意外な仕掛けを施してきたシャマラン監督だけに、本作では一体どんなかたちで視聴者を驚かせてくれるのかも楽しみなところ。心地よい胸のざわめきと共に、終始にわたり予測不能な展開が広がっていく!

    2.主演マット・ディロン、TVドラマに参戦!実力派俳優が一挙集結!!

    近年米国では映画俳優が相次いでTV界に活躍の場を広げる中、マット・ディロン初のTVシリーズ主演作としても大きな話題を呼んでいる本作。80年代からフランシス・フォード・コッポラ監督の青春映画『アウトサイダー』や『ランブルフィッシュ』に出演し、その後もガス・ヴァン・サント監督の『ドラッグストア・カウボーイ』や、アカデミー賞助演男優賞ノミネートとなったポール・ハギス監督の「クラッシュ」など、映画界で着実にキャリアを積み重ねてきた彼がその存在感を惜しげなく披露してくれるとあり、このうえなく見逃せない作品となっている。
    さらに共演者には、FOXでの主演ドラマ「Empire 成功の代償」でも活躍中のテレンス・ハワードをはじめ、ジュリエット・ルイス、メリッサ・レオといったアカデミー賞受賞・ノミネート経験を持つ名優たちが顔を揃え、重厚なストーリーにより一層の深みが加わった、贅沢な演出効果が生み出されている!


    3.先の読めないストーリー展開!謎の街“ウェイワード・パインズ”の実態とは…?

    本作を支える軸となる、繊細かつ骨太なストーリーライン。原作「Pines」の世界観を膨らませるべく、薄暗く幻想的な雰囲気の中刻々と始まる物語は、あらゆる場面に伏線をめぐらせながら、予想外の驚きへと観る者を導いていく。
    失踪した同僚捜査官を捜索中に、「ウェイワード・パインズ」の街へと迷い込んだ主人公イーサン。家族や職場に連絡を取ろうと自身の素性を語る度、不可解な返答をする住人たちに、彼は得体の知れない違和感を覚える。そして、バーで働く女性ビバリーの助言から少しずつ事態を把握しようとしていくものの、街の人々の虚言的行動に翻弄され、謎から謎へと深みにはまっていってしまう。しかし、その後も持ち前の捜査力で真相を掴もうとするうち、イーサンはついにこの街に潜む驚愕の真実へと迫っていくことになり…!
    入念に描かれたミステリ-が想像力を刺激する中、押し寄せる衝撃の展開は圧巻のひと言。“出口のない街”ウェイワード・パインズで、イーサンが目にするものとは、一体何なのか!?


    通常とは何かが違う…。ウェイワード・パインズの不審な点とは…?

    ■町中にいたるところに張り巡らされた監視カメラの存在。街の中での会話や行動は何者かに規制されている…?
    ■行方不明の同僚ケイト。イーサンと再会するものの、面識のないふりをし、まともに取り合うそぶりも見せない。親切な住人たちも、特定の話題に関してはあからさまに話を反らす。
    ■住人たちに浸透する謎のルール。「街の外に出ない」、「過去については語らない」、「電話が鳴ったら必ず応答する」など。彼らは過去の記憶自体も曖昧なことが多い!?
    ■街の区域に出口なし!? 外部との連絡も取れず、街の外に出ようと車を走らせるイーサンだが、なぜか同じ場所に戻ってきてしまう。


    関連作品

    原作は注目の若手作家ブレイク・クラウチによる米国ベストセラー小説「Pines」。2013年International Thriller Awardノミネートをはじめ、その独創的なアイデアや骨太なストーリーで高い評価を獲得し、出版界でも大きな話題に。M・ナイト・シャマランの手による映像化には、各方面で期待が高まっている。

    原題:Wayward Pines