Glee シーズン6 【ファイナル・シーズン】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

イントロダクション

放送予定

番組表
  • この番組の放送予定は現時点で未定です。

イントロダクション

  • 世界中で超話題のミュージック・ドラマ、感動の最終章!!
    全ての負け犬に贈る痛快コメディー!一緒に笑えて、一緒に歌える、最高に楽しいミュージック・ドラマ。
    スペイン語教師のウィルは、母校のグリー部にかつての栄光をもたらすため、顧問として部の再建を決意。落ちこぼれ揃いの生徒たちに奮起を促し、全国優勝へと導くべく指揮を執っていく。入学当時はパっとせず、みんなからバカにされるいじめられっ子ばかりだったグリー部員たちが、歌を通じて人々とつながり、成長していく姿には誰もが共感。笑いあり、涙ありの青春ストーリーで世界に旋風を巻き起こし続ける大ヒット・シリーズ!

    ついに迎える最終章では、廃部になったグリー部を復活させるべく、卒業生たちが母校に集結。ライバル校の顧問となったウィルたちと競い合いながら、再び全国制覇へと挑んで行くことに!

    Glee(グリー)とは?
    Gleeという単語は・・・“歓喜”や“愉快”といった意味
    グリー部とは・・・イギリス生まれの、合唱団(特に男性合唱団)によく見られる名称。元々はイギリスで17世紀中頃に発祥した「グリー」と呼ばれる音楽ジャンルを歌う団体。
    この番組では、単なる合唱団ではなく、歌って踊って・・・笑いアリ!感動の涙アリ!の楽しいクラブ!

    シーズン6では…
     昨シーズン、全国大会2位という無念の結果の末、廃部を余儀なくされてしまったグリー部。一方、卒業生たちはブロードウェイ・ミュージカルで成功を収めたレイチェルを筆頭に、ニューヨークで奮闘しながら活躍をしていくように。そして、レイチェルはLAでのTVシリーズ出演が決定。仲間たちとの半年後の再会を約束し、それぞれがまた一歩、新たな道へと踏み出していくが…。

     シーズン6では、音楽室の撤収を皮切りに、校長スーの指導の下、あらゆる芸術活動を失ったマッキンリー高校。ウィルがかつてのライバル校ボーカル・アドレナリンのグリー部顧問に就任する中、故郷に集まった卒業生たちは、マッキンリー高校グリー部“ニュー・ディレクションズ”の復活を念頭に掲げ、レイチェルを中心にある策に出る…!

    見どころ
    1. 仲間たちがライバルに!?グリー部の新たな戦い!
     今シーズン、最後の戦国時代に突入する本作「Glee」。長年の紆余曲折の末グリー部を一度は全国制覇に導いたものの、敢え無く廃部を目の当たりにすることになった名顧問のウィル。そんな彼がライバル校ボーカル・アドレナリンで指揮を執ることになった中、同じく故郷のオハイオ州ではなんとブレインが元母校でウォブラーズの顧問に就任!かつての恩師とライバル争いを繰り広げようとしていた。そんな中、LAでの仕事に失敗して帰郷したレイチェルは、マッキンリー高校でのグリー部復活を決意。卒業生たちを集めながら士気を高め、NYADAの課外活動年に入ったカートと共に、ニュー・ディレクションズの再生に向け立ち上がる!
     こうしてかつての仲間たちが三つ巴の戦いを繰り広げることになる今シーズン。原点に立ち返り再び歌うことへの喜びを追求していくレイチェル、カートと、彼らの元に集まっていく新メンバーたちがどんな頑張りを見せていくのか?いま一度前を向いて進もうとする負け犬たちの奮闘を、一緒に応援したい!

    2. オリジナルメンバーが故郷に集結。それぞれの未来は?
     ファイナルを迎える今シーズンは、原点回帰ともいうべく、オリジナルメンバーを中心にしたストーリーが展開。卒業後様々な経験を経てオハイオ州に戻ってきた仲間たちは、どんな未来を歩んでいくのか?ブロードウェイで成功を収めながらもハリウッドで失敗し、逃げるように帰郷したレイチェル、カートと別れNYADAも落第して同じく帰郷を余儀なくされたブレイン、モデルの夢をかなえた後、母校でアメフト部副コーチに甘んじたサムなど、ともすれば挫折を味わい再び負け犬となった彼らだが、自分たちを支えてくれたグリー部への情熱を胸に、それぞれ指導者としての道に進むことになり…。そして、それをサポートするように、ひとりまたひとりと仲間たちも集まっていくように。一方、エマとの子供を授かり父親になったウィルも、新天地で苦戦を強いられつつ、陰ながら彼らを見守っていくが…。カートとブレイン、サムとメルセデス、サンタナとブリトニー、クィンとパックなどなど、初恋カップル/元カップルたちの恋愛の行方も最後まで気になるところ。家族のような絆を築いたこのオリジナルメンバーたちが、最後にどんなかたちで旅立っていくのか?「Glee」的ハッピーエンドに是非とも期待したい!!

    3. 最後までパワー全開!エンターテイメント性溢れるミュージカルシーン!!
     「Glee」の代名詞でもある、圧倒的パフォーマンスのミュージカルシーン。リズミカルなダンスや色鮮やかなファッションと共に、6シーズンを経て、もはや貫録さえ感じるキャストたちの表現力と歌唱力には魅せられること間違いナシ!様々なストーリーと相まって、一曲ごとに彼らの熱い思いが伝わるミュージカルシーンは、最高にエキサイティングで心に残る名場面が必ず見つかるはず。
     ファイナルとなる今シーズンは、ウィルと卒業生たちが3つのグリー部の顧問となり、新たなコラボで魅せる格別な演出も大きな見どころ。第1話ではレイチェルがアナ雪のあのヒット曲「Let It Go」を熱唱するなど、冒頭から話題曲も満載だ。
     さらに、アリアナ・グランデ、エド・シーランといった注目アーティストのヒット曲や、アラニス・モリセット、キャロル・キングやジョージ・マイケルといったベテランアーティストたちの楽曲の数々、また、ノルウェーのバンドa-haによる80年代の世界的ヒット曲「Take On Me」のGlee風アレンジなど、今シーズンも幅広いラインナップで新旧の名曲が盛りだくさん!これまで「Glee」で楽曲が使われたことによって大ヒットした曲も多数あり、今シーズンもどんな選曲にどんなアレンジが成されているのか、一曲たりとも見逃せない!究極のセットリストをチェックしながら、名実ともに成長を遂げたグリー部のパフォーマンスを、この目にしっかり焼き付けよう!

    原題:glee