B級軍人ブラザーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

イントロダクション

放送予定

番組表
  • この番組の放送予定は現時点で未定です。

イントロダクション

  • 落ちこぼれ兵士3兄弟が、駐屯地を駆けまわる!ミリタリーコメディー!
    アフガニスタンの最前線で戦っていたエリート軍人ピートは、上司を殴り一発退場。本国に送還され、落ちこぼれな弟達、デリックとランディーが勤めるド田舎の小さな駐屯地へ送られることに。しかしその新しい配属先は、掃除や洗車、いなくなったペット探しと、くだらない用事ばかりを任される雑用部隊だった!真面目におバカに突き進む、3兄弟のおもしろ軍隊生活がスタートする!

    軍隊で順調にキャリアを積み、アフガニスタンの最前線で活躍していたエリート兵士のピートは、ある日、上官を殴りつけてしまったことで、アメリカのド田舎にある小さな駐屯地へ送られることに。しかしそこには、一癖も二癖もある落ちこぼれな弟達、デリックとランディーがつとめていた!しかも弟達と共に新しく配属された部隊は、掃除に洗車、いなくなったペット探しと、くだらない事ばかりを請け負う雑用部隊!?やる気のない部下や弟達が引き起こすトラブルに、次々と巻き込まれていくピート。真面目におバカに突き進む、3兄弟のハチャメチャ軍隊生活が幕を開ける!


    見どころ

    1.3人そろえば完全無敵!? トラブルメーカー3兄弟!

    物語をひっぱっていくのは、個性あふれるヒル家の男子3兄弟!兵士だった父親を戦争で亡くしたのち、父の背中を追いかけて3人とも入隊した。少々(?) 問題のある弟2人が後方支援部隊でくすぶり続けるなか、長男のピートのみ
    順調に出世していたのだが、上官パンチ事件で彼も結局、落ちこぼれの仲間入り・・・。同じ駐屯地で、久々に3人一緒に過ごすことになる。離れていた時間が長かったためか、あまりにも個性がバラバラなせいか、はじめはなかなか噛み合わないことの多い3人だが、度重なるトラブルやミッションを乗り越えていくうち、兄弟の強い絆を取り戻していく!

    ワンマンタイプの元英雄・長男・ピート
    意地っ張りで負けず嫌いだが、責任感の強い兄貴肌。曲者揃いの小隊を、強引にまとめようと四苦八苦している。また、有能な美人小隊長・ジルをライバル視しており、いつも大人げなく競い合っている。


    ずる賢い怠け者・次男・デリック
    トラブルを見つけると、すかさず引っ掻き回そうとする、ひねくれ者の策略家。口も頭もよく回るが、恋愛においては非常に不器用という残念な一面も。バーで知り合ったシングルマザーの美女・エリンが気になっているが、苦戦している。

    愛すべきお馬鹿・三男・ランディー
    何事にも、最大限の努力とやる気を持って取り組むが、すべてがひたすら迷惑に空回りする、空気の読めないお馬鹿さん。涙もろく、すぐに泣き出す癖がある。


    2. 米軍のなんでも屋!? 新たな配属先、Rear D(リア・ディー)とは・・・

    ピートが配属されたのは、アメリカ合衆国の端っこ、フロリダにあるマギー駐屯地の“Rear D (リア・ディー)”部隊。
    Rear D (リア・ディー)とは、"Rear Detachment(=後方支援部隊)"の略。駐屯地を守り、戦争に行っている兵士の家族をサポートするために存在する部隊だ。しかし、「部隊」とは名ばかりで、仕事内容は戦闘とまったく関係のない事ばかり。“Rear D(リア・ディー)”の兵士たちは、芝刈りやペンキ塗り、洗車など、駐屯地を維持するための様々な雑用を全て任され、さらに、残された家族や地域の人々のために、どんな下らないことでも請け負わなくてはならないのだ。たとえそれが、いなくなった犬探しや、家の庭掃除であっても!

    そして、配属されているメンバーも、優秀な兵士とはとても言い難い、はみ出し者ばかり。どんなに小さくて簡単なミッションをこなすにも、一筋縄ではいかず、毎回予想もしないハプニングを次々と巻き起こしていく!


    3. 3兄弟をとりまく、個性的すぎる仲間たち!!

    ヒル家3兄弟だけでなく、彼らを取り巻く仲間たちも、負けず劣らず強烈なキャラクター揃い!

    ■父親代わりの指揮官・コディー
    3兄弟の亡き父親の戦友であり、彼らの育ての親でもあるコディーが、Rear D (リア・ディー)部隊全体の指揮を執っている。チャームポイントは左足の義足(なぜか白人用)!指揮官として、そして父親代わりとして、ピートたち兄弟や兵士たちを厳しく優しく見守っている反面、気に入らない上官にくだらない悪戯を仕掛けたり、10代の娘のデートを尾行したりと、なかなかお茶目な性格を持っている。

    ■美人で優秀なピートのライバル・ジル
    ピートと同じく小隊長を務める、美人指揮官ジルの活躍も見逃せない。セクシーかつ優秀なジル率いる小隊は、有能でよく訓練されており、ピートの隊とは大違い!2人は実力も伯仲しているため、闘志を燃やすピートとしょっちゅう張り合っては、小競り合いを繰り広げている。だが、本人たちにとっては真剣勝負でも、はたから見たらただのイチャイチャ?? 2人の関係に注目だ。

    ■ピート率いる落ちこぼれ小隊のメンバーたち
    運動不足の太っちょロシア人や、小動物のような外見のアジア人女子、ひょろひょろのオタクなど、小隊のメンバーは人種も性格も外見もてんでバラバラ。軍の一員という自覚も実力もあまりなく、それぞれが好き勝手に振る舞うため、いつもピートの頭を悩ませている。しかし、ここぞ、という時には、ずば抜けたチームワークを発揮するのだ!

    癖のあるメンバーばかりの“Rear D (リア・ディー)”部隊。様々なミッションをこなす中で、軍隊らしくまとまっていくことは出来るのか?!


    4. チームワーク抜群の俳優陣!

    やんちゃな弟達に振り回される頑固で苦労性な長男・ピートを、ユーモアたっぷりに演じているのは、大人気の科学捜査ドラマ「BONES」シリーズのスピンオフ「ザ・ファインダー 千里眼を持つ男」でも主演を務めた、ジェフ・スタルツ!そして、映画「ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜」や「マイレージ・マイライフ」に出演したクリス・ローウェルが、ピートをからかい、嘲笑うようにトラブルを起こし続ける次男・デリックを演じている。
    実はスタルツはかつて、セミプロのフットボール選手として活躍しており、またローウェルは写真家としての活動にも注力している。そのためか、作中ではそれぞれにフットボールシーン、写真撮影シーンが用意されているのも見どころだ。そしてさらに、彼らを含め、常に暴走気味の“Rear D (リア・ディー)”部隊を指揮するボス、コディーには、「アルマゲドン」、「Mr.&Mrs. スミス」、「トランスポーター2」をはじめ、数々の有名映画・ドラマに出演し、声優として2度のエミー賞も受賞しているベテラン俳優、キース・デイヴィッドがキャスティングされている。
    実力派キャストがタッグを組んで繰り広げる、落ちこぼれ部隊のドタバタ劇。体を張った演技とテンポのいい会話で進んでいく、笑いの絶えない日常から目が離せない!