NCIS ~ネイビー犯罪捜査班 シーズン15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

イントロダクション

放送予定

番組表
  • 2018/08/25(土) 05:30 第6話 交信記録(原題: Trapped) [字]
  • 2018/08/25(土) 10:30 第7話 冤罪(原題: Burden of Proof ) [字]
  • 2018/08/25(土) 21:00 第7話 冤罪(原題: Burden of Proof ) [字]
  • 2018/08/26(日) 08:30 第7話 冤罪(原題: Burden of Proof ) [字]
  • 2018/08/26(日) 18:00 第7話 冤罪(原題: Burden of Proof ) [字]

イントロダクション

  • ジャック・スローン捜査官とアビー

    8年連続*全米ドラマ視聴率第1位!世界一**の大ヒット・シリーズ!

    8年連続全米ドラマ視聴率No.1*という不動の地位を築き、世界で最も視聴されるTVシリーズ**にも輝いた大ヒットロングラン・シリーズ!

    ワシントンDCを拠点としアメリカ海軍に関する事件を捜査するNCISで、誰もが憧れる理想の上司ギブス率いるメンバーたちが活躍する姿をスリリングに描く大ヒット・アクション・ドラマ。

    主人公リロイ・ジェスロ・ギブスはNCIS(海軍犯罪捜査局)に所属する特別捜査官。元海兵隊一等軍曹のスナイパーという経歴の持ち主で、普段は口数の少ない男。ギブスの部下、特別捜査官ティモシー・マクギーは、マサチューセッツ工科大卒の秀才でちょっとオタク気質だが、コンピューターの知識では誰にも負けない頼れる存在。NSA(国家安全保障局)から加入した新米捜査官エリー・ビショップも、元情報分析官の経験を活かし、前向きな姿勢で奮闘を見せる。

    このチームを支えるのが、ゴシックスタイルの外見が印象的な科学捜査の女性スペシャリスト、アビゲイル・シュート、死体をくまなく監察しチームに貴重な情報を与える検視官のドナルド・“ダッキー”・マラードと、おとぼけ助手のジミー・パーマ―。そして、冷静沈着な局長レオン・ヴァンスが個性派揃いのNCISを指揮官としてまとめ上げる。

    重大ニュースとして、NCISきっての愛されキャラ、科学捜査分析官アビゲイル・シュートが 今シーズン限りとなってしまった。15年間の集大成となるアビーの活躍をお見逃しなく。
    そして、今シーズン第4話から新しいメンバー、ジャック・スローン捜査官が登場!






    *2009~2016年の7年連続(コメディーを除く) 米ニールセンTV視聴率調査
    **第54・55回モンテカルロ・テレビ祭 International TV Audience Award受賞
  • 見どころ1 クリフハンガーで終わった、前シーズン!

    パラグアイで窮地に陥る、ギブスとマクギー
    パラグアイのジャングルで切断された右手が発見され、他にも遺体の一部が川岸に流れついた。
    その右手が米国のSEAL隊員マシュー・ディーンのものだと判明した。彼は妻にカナダに釣りをしに行くとウソをつき、米国軍人は渡航禁止のパラグアイへ。今回派遣ではなく観光ピザで入国していた。
    マシューが居なくなる前、最後の任務もパラグアイだった。さらに一緒に渡航した元SEAL隊員ハドソンのキャンピングカーからは大量の武器が見つかり、何らかの事件に巻き込まれた可能性が浮上。ギブスたちは彼らが命令に背いて渡航した理由を探るため、パラグアイに向かったのだが…。

    最後のシーンで敵に追われ窮地に陥ったギブスとマクギー、この続きは?!
  • 見どころ2 さよなら、アビー!!

    アビーのラボでじゃれあうギブスとアビー
    大人気キャラクター、アビーの最終章がついに来てしまった…。
    2003年にシーズン1をスタート以来、15年以上にわたり絶大な人気を誇る“アビー”。
    CBSで放送されていた「犯罪捜査官ネイビーファイル(原題:JAG)」のシーズン8の第20話・第21話内で実質的なパイロット版が制作・放送され、スピンオフ作品として翌シーズンから放送を開始したNCIS。その当時からアビーは登場していたので、実質16年あまりの年月を共に過ごしてきた。

    NCIS科学捜査分析官アビゲイル・シュートは、ゴシック系のファッション、黒髪のツインテール、9個のタトゥーで強烈な存在感を放ち、NCISにはなくてはならない存在。そんな彼女は、カフパウ(カフェイン入り炭酸飲料)中毒で大の音楽好き。NCISメンバーの人気者で、寡黙なギブスでさえもアビーにはまるで甘い。友達のような、家族のような2人の掛け合いが見られなくなるのはなんとも寂しい。

    しかしながら製作陣もコメントを発表している、「我々は特別なお別れに向けて準備をしています」と。
    アビーのエンディングにふさわしいシーズンになることは間違いなし。彼女の存在を記憶に残して欲しい!
  • 見どころ3 アビーを演じた女優、ポーリー・ペレット(Pauley Perrette)

    多彩な才能の持ち主 女優 ポーリー・ペレット
    178㎝の長身な彼女は1969年生まれの48歳。シーズン1から変わらない魅力的な女優。
    本作中のアビーは、シャイでキュート、しかし事件解決の糸口を導き出す頭脳明細な捜査官。
    そんなキャラクターを見事に演じ、本物さながらの科学捜査官を熱演。それもそのはず、彼女自身、ヴァルドスタ州立大学で刑事司法学専攻、その後、NY州ジョン・ジョイカレッジ・オブ・クリミナル・ジャスティス犯罪科学専攻(修士課程)で学び、社会学や犯罪学、心理学にも精通する。アビーを演じる上で、この経験をフル活用しているからに違いない。
    最後のアビーをどのように演じるのか、今から期待したい!

    その他、彼女にはディレクター、プロデューサー、歌手、作家、パン屋、公民権擁護者、などのいろいろな顔がある。中でも有名なのがニューヨークで、亡くなったお母さんの名前を付けたパン屋を経営していることである。
  • 見どころ4 新キャラクター、ジャック・スローンが登場!

    主任犯罪心理学者として評判のジャック・スローン捜査官
    シーズン15より、新しいメンバーが登場する。ジャック・スローン捜査官だ。
    「TOUCH/タッチ」でルーシー・ロビンズを演じたマリア・ベロ。今回、彼女が演じるのは、 アフガニスタンに2回従軍経験のある元米国陸軍少尉で、NCIS(海軍犯罪捜査局)の主任犯罪心理学者として評判を築いてきた捜査官。
    ジャックは、ほかのメンバーと違い、ギブスに堂々と自分の意見を述べ、異論も唱える人物で茶目っ気たっぷりな性格の持ち主。時にギブスとの衝突もある。
    しかし、それを楽しみつつ、この2人はお互いをリスペクトする関係をこれから築いていくことになる。

    第4話の登場シーン。
    ある激しい雨の日、ギブスの家に突然の訪問者が。雨に降られて困ったジャック・スローン捜査官だった…。この時点ではお互いのことを知らないが、ある日、NCIS局長のレオンと一緒にNCISに現れる、というところから始まる。

    「NCIS」製作総指揮のジョージ・シェンクとフランク・カーデアは、「私たちはいつだってマリアの大ファンだった。他のキャラクターとは明らかに異なる才能を持つだけでなく、ギブスとユニークな関係を築いていく役柄を皆に紹介するのが楽しみだよ」と述べている。果たしてどんなストーリー展開が待ち受けるのか?!
  • 見どころ5 世界No.1の底力! 全米随一の超人気ドラマ。

    2年連続の世界No.1 ドラマ!!!
    8年連続全米ドラマ視聴者数第1位という驚異の記録を更新中の本作NCIS。15年目に突入する ロングランシリーズでありながらも、その人気は衰えることを知らず、2015年には、なんと “世界で最も視聴されるドラマシリーズ”という快挙を2年連続で達成!世界中で5,000万人以上 の視聴者を有するドラマとして、モンテカルロ・テレビ祭 にてInternational TV Audience Award受賞という偉大な栄冠を勝ち取っている。
    また、2012年には主人公ギブスを演じるマーク・ハーモンがハリウッドのウォーク・オブ・フェイムの星を獲得し、スターの殿堂入りを果たすなど、TV界の歴史にその名を刻む、輝かしい功績を残している。
    理想なるボス・ギブスの絶対的存在感と、年を重ねる毎に進化するメンバーたちのチームワーク、絶妙なテンポのよさは、本作の大きな魅力。そして、時代と共に少しずつ変化を遂げながら、米海軍を舞台としたドラマとして、その時々の社会情勢を鋭く反映。10年以上の月日を経た今もなおファンの心を掴んで離さないのは、NCISにしかできない偉業と言えよう。長きにわたるバックストーリーがありながらも、いつどこから見始めてもハマってしまう、初心者にもやさしい番組の普遍的な面白さ。
  • 原題: NCIS