BONES シーズン12 【ファイナル・シーズン】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

イントロダクション

放送予定

番組表
  • 2017/09/20(水) 16:25 第2話 人工知能革命(原題: The Brain in the Bot) [字]
  • 2017/09/22(金) 08:30 第2話 人工知能革命(原題: The Brain in the Bot) [字]
  • 2017/09/22(金) 21:00 第2話 人工知能革命(原題: The Brain in the Bot) [字]
  • 2017/09/24(日) 09:30 第2話 人工知能革命(原題: The Brain in the Bot) [二]
  • 2017/09/24(日) 25:00 第2話 人工知能革命(原題: The Brain in the Bot) [二]

イントロダクション

  • 波乱と感動のファイナル・シーズン!

    骨を手掛かりに難事件を解決する科学捜査ドラマ、感動の最終章!



    テンペランス・ブレナン博士(愛称:ボーンズ)は高い技術を持つ法人類学者。彼女の専門分野は“骨”であり、各分野のエリート研究者のみが集結するジェファソニアン法医学研究所で働いている。FBIの殺人捜査に協力する彼女たちは、腐乱死体や焼死体など被害者の遺体が原形を留めず、通常の身元確認方法が使えないような事件に関して驚くべき能力を発揮。被害者の骨に残された些細な手掛かりから、隠れた真実を読み取るブレナンを始め、そうしたデータを元に被害者の顔や現場のCG再現をするプロや、遺体に付着した虫や植物(の微生物や細菌)から証拠を見つける昆虫オタクまで、メンバー各々のエキスパートぶりは群を抜いている。

    そして、そんなブレナンたちとチームを組んで事件を解決するのは、FBIの特別捜査官シーリー・ブース。元陸軍のスナイパーであるブースは、誰よりも人情に厚い熱血捜査官。当初は科学で全てを分析するブレナンのチームを“スクインツ(目を細めるやつら)”と呼んでからかっていたが、彼らに全幅の信頼を置き、今ではよき仲間として共に捜査に挑む。また、その中でも彼とブレナンの絆はとりわけ深く、ふたりは男女を越えた“特別な相棒”として、公私に渡ってあらゆる出来事を一緒に経験。長年想い合った末、ついに結ばれたブレナンとブースはひとり娘を授かり、その後も着実に家族としての愛を育んだ後、ついに結婚。息子にも恵まれ、幸せな家庭を築くように。

    昨シーズン、自分を執拗に付け狙う連続殺人犯の存在から、悪夢に悩まされるようになった ブレナン。その正体を追ったブースたちの捜査線上には、意外な人物の名前が浮上する。 一方、ジェファソニアンでひとり調査を続けていたブレナンの前には、かつてのインターン、 ザックが姿を現す…! 果たして、一連の事件を仕組んだのは、あのザックだったのか? 連れ去られてしまったブレナンの運命は如何に!?
  • 見どころ1 ファン必見、名物キャラの意外なる再来!その真意とは…!?

    元インターンの名物キャラ、ザック登場! ファンには見逃せない展開に!!
    昨シーズンのラストにて衝撃の再登場を果たした、番組の初期メンバーでもある元インターン、 ザック。ブレナンを付け狙う連続殺人犯がかつてジェファソニアンに所属していた人物であると 悟ったブースたちは、彼女を連れ去ったのがザックであると確信し、行方を追跡するが…。
    ジェファソニアンの中で、超高IQで風変わりな個性派キャラながらも皆に愛されていたザックだが、シーズン3で秘密結社ゴルモゴンとの繋がりが判明。その後精神科病棟に送られていたものの、長年姿を消していたその彼が、実に思わぬかたちでブレナンたちの前に現れることに。
    果たして、この一連の猟奇的殺人事件は、ザックによる犯行だったのか? 空白の時を経て、BONES史上最大の驚くべき事件の歯車が、再びここに動き出して行く!
  • 見どころ2 ロングランシリーズ集大成!涙と笑顔に溢れるファイナル・シーズン!!

    さよなら、BONES!また会う日まで!
    10年以上の歳月に渡り世界中のファンから愛され続け、ついに最終章を迎える本作「BONES」。
    主人公ボーンズ&ブースのゴールデンコンビはもちろんのこと、彼らを取り巻くキャラクターたちにも思い出や思い入れがあるファンは数多くいるだろう。そんなファンの期待を裏切ることなく、今シーズンの「BONES」には、これまでのシリーズの軌跡が垣間見られるような、沢山の仕掛けが施されている。
    冒頭の名物キャラザックの登場に始まり、そこにまつわる関連のストーリーや回想を通して、ドラマを見ながら思わず一緒に頷いてしまうような、共感のエピソードが満載。さらに、またしても巻き起こる因縁の事件や、大切な人々に降りかかる大きな危険など、シリーズを通しての山場も多岐に渡って展開し、まさにファイナルにふさわしい見応えあるシーズンが創り上げられていく。ブレナンとブース、そしてジェファソニアンの仲間たちは、一体どんなエンディングを私たちに届けてくれるのか?その道筋を、共に辿って行きたい!
  • 見どころ3 最後まで持ち味炸裂!実在のキャラ、ボーンズの大いなる魅力!!

    飽くなき探究心で、最後まで骨と向き合う!
    本作の原案は法人類学者で作家のキャシー・ライクス。原作者が実際にその分野のプロというだけあり、劇中での科学捜査の内容は本格的。また、主人公ブレナンは彼女の著作に出てくる登場人物であり、著者自身がモデルとなっているため、風変わりながらも憎めないブレナンのキャラクターに、フレッシュに息を吹き込んでいる。
    さらに劇中のブレナンも副業として小説を書いており、ブレナンの作家としての活躍が垣間見られるシーンが度々登場するのも本作の見どころのひとつ。(そして、ブレナンの小説の主人公はキャシー!)
    また、法人類学の第一人者で売れっ子小説家というマルチな才能を持つブレナンは超高収入!
    その悪びれることない天才キャラも「BONES」の大きな魅力となっており、長年培ってきたその持ち味で、最後まで私たちを楽しませてくれる。時を経て家族にも恵まれ、少しずつ変化も見えてきたブレナンだが、やはりその強烈な個性はいつまでも健在。これぞ“ボーンズ”という彼女の晴れ姿を作品と共に存分に堪能しよう!
  • 原題: BONES