BONES シーズン9

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

イントロダクション

放送予定

番組表
  • この番組の放送予定は現時点で未定です。

イントロダクション

  • 人付き合いが苦手な超理論派、法人類学者のブレナンと、直感的で体育会系のFBI捜査官ブース。全く異なるタイプの2人が現場に残った被害者の“骨”から証拠を見つけ、事件を解決へと導く人気シリーズ!連続殺人鬼に脅迫を受けたブースは、ブレナンとの幸せを掴み取ることができるのか?
    テンペランス・ブレナン博士(愛称:ボーンズ)は高い技術を持つ法人類学者。彼女の専門分野は“骨”であり、各分野のエリート研究者のみが集結するジェファソニアン法医学研究所で働いている。FBIの殺人捜査に協力する。彼女たちは、腐乱死体や焼死体など被害者の遺体が原形を留めず、通常の身元確認方法が使えないような事件に関して驚くべき能力を発揮。被害者の骨に残された些細な手掛かりから、隠れた真実を読み取るブレナンを始め、そうしたデータを元に被害者の顔や現場のCG再現をするプロや、遺体に付着した虫や植物(の微生物や細菌)から証拠を見つける昆虫オタクまで、メンバー各々のエキスパートぶりは群を抜いている。

    そして、そんなブレナンたちとチームを組んで事件を解決するのは、FBIの特別捜査官シーリー・ブース。元陸軍のスナイパーであるブースは、誰よりも人情に厚い熱血捜査官。当初は科学で全てを分析するブレナンのチームを“スクインツ(目を細めるやつら)”と呼んでからかっていたが、彼らに全幅の信頼を置き、今ではよき仲間として共に捜査に挑む。また、その中でも彼とブレナンの絆はとりわけ深く、ふたりは男女を越えた“特別な相棒”として、公私に渡ってあらゆる出来事を一緒に経験していく。

    長年想い合った末、ついに結ばれたブレナンとブース。ひとり娘を授かり、その後も着実に家族としての愛を育んでいく。そんな中、連続殺人鬼ペラントの魔の手が忍びより、ブースは結婚の取りやめという苦渋の決断を迫られることに!ペラントとの因縁の対決にけりを付け、ふたりは本当の幸せを手にすることができるのか?


    シーズン9では・・・

    【昨シーズンでは…】
    ハッキングを駆使して証拠を消しながら猟奇殺人を繰り返すサイコキラー、ペラントの逮捕のため、悪戦苦闘を続けてきたブースとブレナン。ブースがあと一歩で取り逃がした後、ペラントは姿を暗ましてしまい、今度はブースに近しい人々を狙いながら、新たな犯行を始める…。
    あらゆるデータを操作しながら、他人を操り自らの手は下さずに殺人を繰り返すペラント。やがてスイーツがターゲットとなり、なんとかその場は回避するものの、ペラントはブースとブレナンの行動の全てを監視し、ブレナンにプロポーズされたブースを脅迫。彼らが結婚するなら罪のない人々が殺されることになると言い、ブースはブレナンとの結婚を白紙に戻すことに…。

    【シーズン9では…】
    結婚を断ったブースとブレナンには不穏な空気が立ち込める。仲間たちからも悪者扱いされるブースは、真実を告げる事もできずにひとり苦悩する。そして、日々の事件の捜査を続けていく中、ついにペラントが次の動きを見せることになり…。
    果たしてブースとブレナンは、ペラントの殺戮劇を止める事ができるのか?そして、ふたりの結婚への道のりは…?


    見どころ

    1.連続殺人鬼ペラントのさらなる脅威!

    シーズン7より、幾度となくブレナンたちの前に立ちはだかってきた連続殺人鬼ペラント。ハッカーとしての天才的な能力で証拠を塗り替えながら、ブレナンを殺人犯へ仕立て上げ、その後も巧みにデータを改ざんしてFBIの手を逃れてきた彼は、逃走中ブースに顔を撃たれ、逆上の末さらなる行動を試みることに。
    昨シーズン、すべての監視カメラへのハッキングによって、ブースとブレナンの行動をくまなく観察し始めたペラントは、結婚を間近に控えたふたりを前に、ブースを脅迫。ブースがブレナンと結婚すれば、無作為に5人の人間が死ぬことになると伝え、ブースがブレナンに結婚を断る理由を告げることさえ禁じてしまう。
    皆の苦悩を嘲笑いながら影を潜めていたペラントと、またしても対峙することになるブース&ブレナンとチームの面々。今シーズン、この際限なき頭脳戦に、終止符を打つ事はできるのか?

    2. ブレナン&ブース、ついに結婚なるか!?

    長年のプラトニックな関係を経て、シーズン6の最後でついに結ばれたブレナン&ブース。その後、娘のクリスティンが誕生し、家族としてもさらに絆を深めていく2人だが、今シーズンはペラントからの脅迫により、結婚がとりやめに。やっと掴んだ幸せに黄色信号が灯ってしまう。それでもお互いを信じ合おうと必死に歩み寄るブレナンとブースの胸が詰まるようなやりとりは、シーズン前半の大きな見どころとなっている。
    そして、シーズン中盤からは、様々な苦難を乗り越えたふたりが、ついに結婚にいたることに!?また、家族のようなジェファソニアン法医学研究所の仲間たちの恋愛模様や人間関係など、今シーズンも捜査の狭間に様々なドラマが巻き起こる!


    3. ボーンズは実在する!?小説家としてのもうひとつの顔。

    本作の原案は法人類学者で作家のキャシー・ライクス。原作者が実際にその分野のプロというだけあり、劇中での科学捜査の内容は本格的。また、主人公ブレナンは彼女の著作に出てくる登場人物であり、著者自身がモデルとなっている。
    そのため劇中のブレナンも副業として小説を書いており、ブレナンの作家としての活躍が垣間見られるシーンが度々登場するのも本作の見どころのひとつ。(そして、ブレナンの小説の主人公はキャシー!) さらに、法人類学の第一人者で売れっ子小説家というマルチな才能を持つブレナンは超高収入!その悪びれることない天才キャラも「BONES」の大きな魅力となっている。

    原題:BONES