アウトキャスト シーズン2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

イントロダクション

放送予定

番組表
  • 2017/06/24(土) 24:00 第2話 底なしの失望(原題: The Day After That ) [字]
  • 2017/06/26(月) 22:00 第3話 迷い(原題: Not My Job to Judge ) [字]
  • 2017/06/29(木) 07:30 第3話 迷い(原題: Not My Job to Judge ) [字]
  • 2017/07/01(土) 24:00 第3話 迷い(原題: Not My Job to Judge ) [字]
  • 2017/07/03(月) 22:00 第4話 復讐の念(原題: The One I'd Been Waiting For ) [字]

イントロダクション

  • 「ウォーキング・デッド」の原作者が描く新たな衝撃作、第2章!

    自身が幼少期から抱える“トラウマ”により、故郷の田舎街で人目を避けた暮らしを送っていた青年カイル。ある日、街で“悪霊に取り憑かれた少年”の噂を耳にしたカイルは、祈祷者としても名高い街の聖職者アンダーソンの元を訪ね、自らの過去とも深い関わりのある悪霊の存在と対峙していくことになる。

    母親から虐待を受けた幼少期、悲痛のトラブルに見舞われた結婚生活、これまで“自分の愛する人間が悪霊に取り憑かれてしまう”という数奇な運命に悩まされてきたカイルは、独りで生きる道を選ぶことにより、その苦悩から逃れられるはずだった…。しかし、皮肉にもカイルの前に現れたこの邪悪なる存在は、彼自身の運命のみならず、世界の運命さえも脅かすほどの深い闇となり、妖しい広がりを見せていくことに。果たして、カイルが導かれる先にある、その驚愕の真実とは!?

    カイルの元妻アリソンに続き、妹メーガンまでもが憑依され、衝撃のエンディングで幕を閉じたシーズン1。そんな中、幼い娘のアンバーにカイルと同じ悪魔祓いの能力が芽生え始め、シーズン2では、拡大する謎の邪悪な勢力とのさらなる戦いが始まっていく。悪魔たちがカイルに向ける“アウトキャスト”(追放された者)という言葉の真意とは、そして、カイルに託された運命とはなんなのか、その展開に注目していきたい!



  • 「アウトキャスト(Outcast)」とは・・・?

    「Cast Out=(悪霊を)追い出す」という動詞から派生し、 “追放された者”、“放浪者”、“のけ者”といった言葉を指す。
    悪霊がカイルに向けて口にする“アウトキャスト”という言葉。それが意味するものとは、一体何なのか…!?
  • 見どころ1 「ウォーキング・デッド」原作者がテレビ界にさらなる新境地を開拓!

    「ウォーキング・デッド」原作者がホラーの常識を覆す過激かつ壮大な人間ドラマを描き出す!
    本作の原作を手掛けるのは、世界的ヒットドラマ「ウォーキング・デッド」の生みの親でも あるアメコミ界の奇才ロバート・カークマン。2年間の構想を経て発表された同名アメリカン・コミック“OUTCAST”待望の実写版として解き放たれる本作は、カークマンを始めとした 「ウォーキング・デッド」スタッフが製作陣に名を連ね、早くも世界中で大きな話題を集めて いる。作者自らが、これまでのTVドラマでは成し得なかった“真のホラー”を届けたいと意気込むこの渾身の一作は、“悪魔祓い=エクソシスト”をテーマにしながら、高いストーリー性と映像クオリティーを兼ね備えた秀逸な作品となっている。
    さらに、映画「ソーシャル・ネットワーク」でアカデミー賞受賞の名プロデューサー、そしてロックバンド「ナイン・インチ・ネイルズ」のメンバーとして知られるアッティカス・ロスを音楽監督(「ドラゴン・タトゥーの女」、「ゴーン・ガール」)に迎え、一層研ぎ澄まされた作品の世界観を構築。
    なんとファーストシーズンの放送を待たずしてシーズン2の制作が決定されるという異例の快挙を成し遂げたことでも話題を呼んだ。

    原作コミックは「ウォーキング・デッド」を凌ぐセールスを記録しているだけに、本作「アウトキャスト」がテレビ界に一体どんな旋風を巻き起こしてくれるのか、大いに期待していきたい!
  • 見どころ2 本格ホラー的映像表現×心揺さぶる人間ドラマ=「驚愕のヒューマン・ホラー・ドラマ」が誕生!

    小さな田舎街で再び出くわした“悪霊騒動”を発端に、カイルは自身の過去と向き合いながら、より深く大きな闇と闘って行くことに…。
    本作の大きな見どころとなっているのが、主人公のカイルを始め、それぞれの登場人物の心情を描写した繊細なストーリー。悪霊の憑依と対峙する本格ホラーでありながらも、その裏にあるミステリーやそこに関わる人々の心の過程に焦点を当て、より深い人間ドラマが展開していく。
    幼少期からのつらい経験により心に闇を抱えた主人公カイルだが、その元凶でもある悪霊に再び挑んでいくことで避けていた世間との関わりを取り戻し、自身の過去と向き合っていくように。しかし、絶つことのできない悪霊との繋がりに、またしても苦悩していくことになり…。一方で、カイルを支える牧師アンダーソンや妹メーガンら周囲の人物たちにも、各々が抱える過去の傷を引きずりながら必死で生きていく姿が垣間見え、劇中に漂うスリルと対比した感情の交差は、言葉にならない物悲しさを誘っていく。
    数奇な星の下に生まれた青年カイルと、彼に関わる人々、そして悪霊との関係性は、一体どんなものなのか?カイルに課せられた見えない使命に導かれながら、混沌たる旅路は、どこへ向かって続いていくのか…!? 今シーズンは、さらなる闇の真相へと近づいていく・・・!!
  • 見どころ3 演技力に定評のある実力派キャストが集結!

    米国エンタメ作品のお披露目イベント“コミコン”では「ウォーキング・デッド」のキャストも制作発表を祝福!
    主演は映画「ゴーン・ガール」や「あの頃ペニー・レインと」での好演も印象的な若手の有力株パトリック・フューギット。本作ではホラーという非日常的ドラマの中に主人公カイルの細やかな人間性を吹き込み、彼のさらなる出世作との呼び声も高い圧巻の演技力を魅せつけている。
    また、アンダーソン牧師役の英国俳優フィリップ・グレニスター(「時空刑事1973 LIFE ON MARS」)やカイルの妹メーガン役のレン・シュミット(「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」)など、脇を固める俳優陣も、人間ドラマに深みを与える熱のこもった演技が光る。そんな才能満ち溢れるキャストの面々が紡ぐ「アウトキャスト」という壮大な物語。今後の未知なるストーリーは、絶対に見逃せない!
  • 原作者・製作総指揮・脚本

    ロバート・カークマン

    漫画家として知られるロバート・カークマンは「ウォーキング・デッド」の原作者であるほか、「アルティメット X‐MEN」や「マーベル・ゾンビーズ」、「Invincible」など、数々の有名作品を生み出してきた。多くのマーベル・コミックに携わり、ほかにも「キャプテン・アメリカ」や「ファンタスティック・フォー」を手がけるなど、アメリカを代表するヒットメーカー。
    また、本作を始め、ドラマ版「ウォーキング・デッド」、そのスピンオフとなる「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」でも製作総指揮として番組に名を連ね、映像制作のフィールドでも幅広く活動している。
  • 原題: OUTCAST