バツイチママは実家暮らし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

イントロダクション

放送予定

番組表
  • この番組の放送予定は現時点で未定です。

イントロダクション

  • オスカー受賞プロデューサーが仕掛けるコメディー!

    映画「ビューティフル・マインド」のアカデミー賞受賞プロデューサー、ブライアン・グレイザーが手掛ける新作コメディー!
    小学生の娘を持つバツイチママのポリーは、離婚を機に両親の家で居候暮らしをすることに。不景気なこのご時世、安定への近道は経済力のある“おじいちゃんおばあちゃん”との実家生活が一番!?自由奔放で放任主義な両親のハチャメチャぶりに悩まされつつ、家族みんなを巻き込みんだ、ポリーの新たな子育てライフが始まる。

    全13話

    見どころ

    1.バツイチ女性の新型ライフスタイル!?実家暮らしを楽しく続ける方法とは…

    本作でテーマとなるのは、離婚をしたシングルマザーの子育て生活。ネガティブなイメージも持たれがちな題材だが、本作ではそれをライトタッチなコメディーに昇華し、バツイチ女性の新たなライフスタイルを前向きに表現している。

    バツイチで小学生の娘を抱え、経済的にも不安定な状況となったシングルマザーのポリーは、両親の家で居候暮らしを始めることに。元ヒッピーで破天荒な両親だが、母親エレインの再婚相手で義理の父のマックスは、コメディー劇場の経営に成功。幸いにもポリーと娘のナタリーを受け入れるのに不自由しない、裕福な生活を送っていたのだ。そんな両親の世話になりながら、新たな一歩を踏み出すポリー。奔放な両親のナタリーへの悪影響を懸念しながらも、家族ぐるみで子育てライフを送っていくことになる。超放任主義でポリーを育てたエレインとマックスも、ナタリーに関しては祖父母のやさしい顔が見え隠れ。一方奥手なポリーに対しては、次の恋愛をけし掛ける。そんな中、ポリーの別れた夫ジュリアンも頻繁に家に顔を出し、ナタリーの父親として、離婚後もポリーと良好なつき合いを続けていて…。

    ちょっとおかしな関係だけど、家族のあり方が多様化するアメリカでは、これもひとつの選択肢!ポリーはこれから両親との実家暮らしをどうやってバランスよく続けていくのか?彼女のリアルな言動は、ストレス社会を生きる現代の女性たちに、ちょっぴり勇気を与えてくれるかもしれない。

    2.アカデミー賞受賞プロデューサーが製作総指揮!実力派俳優陣にも注目!!

    本作の製作総指揮に名を連ねるのは、ラッセル・クロウ主演の映画『ビューティフル・マインド』でアカデミー賞を受賞し、『アポロ13』などその他3作品でもアカデミー・ノミネート経験を持つ、名プロデューサー、ブライアン・グレイザー。アメリカドラマの金字塔「24」のプロデューサーとしても知られる彼は、オスカーのみならず、ゴールデン・グローブ賞やエミー賞においても数多くの受賞・ノミネートを果たし、米エンタメ界に輝かしい功績を残している。

    そんな敏腕プロデューサーが手掛ける本作では、俳優陣も演技力に定評のある個性派が顔を揃える!主演のバツイチママ、ポリー役には数多くのコメディーで存在感を見せるカナダ出身の女優サラ・チョーク(「Scrubs0恋のお騒がせ病棟」や「ママと恋に落ちるまで」、「クーガー・タウン」)。さらに、母エレイン役にはエリザベス・パーキンス(「Weeds ~ママの秘密~」、トム・ハンクス主演映画『ビッグ』、『34丁目の奇跡』)、継父マックス役にはブラッド・ギャレット(エミー賞受賞ドラマ「HEY!レイモンド」、「キャスパー」、「ファインディング・ニモ」)といった、エミー賞やゴールデン・グローブ賞でも多数の受賞・ノミネートを誇る大御所を迎えている。名優たちが繰り広げるハチャメチャ家族の演技合戦を、大いに堪能したい!