ウェイワード・パインズ 出口のない街 シーズン2

ウェイワード・パインズ 出口のない街 シーズン2
ウェイワード・パインズ 出口のない街 シーズン2
ウェイワード・パインズ 出口のない街 シーズン2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

イントロダクション

放送予定

番組表
  • この番組の放送予定は現時点で未定です。

イントロダクション

  • 絶滅危惧種:人間
    映画『シックス・センス』のM・ナイト・シャマランが手掛けるSFサバイバル・ミステリー!


    「ウェイワード・パインズ 出口のない街 シーズン2」シーズン1おさらい映像


    「ウェイワード・パインズ 出口のない街 シーズン2」放送開始記念特別番組


    映画『シックス・センス』、『サイン』の鬼才M・ナイト・シャマランによる、超傑作ドラマ・シリーズ!
    妻とのハワイでの旅行中、“災害”に見舞われ、ウェイワード・パインズで目覚めたイェドリン医師。“政府機関のプロジェクト”が行われているというその場所で、彼は医者としての任務を言い渡されるが、不可思議な街の実態を掴むことができず…。
    日常の暮らしから、突如謎の住宅街で暮らすことになった稀有の人々。彼らが降り立った“ウェイワード・パインズ”とは、西暦4000年代、地球に残された最後の“選ばれし人類”が集う街だった。2000年以上の時を経て、今目覚めいく“Cグループ”の人々。そして、この地で育てあげられた“第1世代”の台頭。破滅への外敵“アビー”の脅威も高まる中、果たして、この街はどんな変貌を遂げていくのか!?

    かつてない衝撃の展開が話題を巻き起こした、M・ナイト・シャマラン初のTVドラマ・シリーズ!
  • 見どころ① 映画を超えるハイ・クオリティー!

    鬼才M・ナイト・シャマラン初のドラマ・シリーズ、待望の続編へ!
    本作の製作総指揮を務めるのは、「シックス・センス」、「サイン」など神秘的な作品に定評のあるアカデミー賞ノミネート監督、M・ナイト・シャマラン。彼が自身初となるTVシリーズに挑んだことでも話題となっているこの「ウェイワード・パインズ」では、2013年International Thriller Awardノミネートの米国ベストセラー小説「Pines」を原作に、テレビドラマの枠を超越するような濃密な物語が描かれていく。
    謎の町で主人公が奮闘する不可解なミステリーに、心理的サスペンスや異次元的出来事など様々な要素が組み込まれ、一筋縄ではいかないスケール感で紡がれるストーリー。その緻密な物語を、シャマラン監督が映画畑で鍛えたその手腕で、見応えのある大作へと昇華させる。

    これまで多くの作品で観客の予想を裏切る意外な仕掛けを施してきたシャマラン監督。昨シーズンも冒頭での脱出ミステリーという要素から、中盤でSFサバイバルという他ジャンルへのシフトチェンジを一気に遂げ、一大スペクタクルを見せ付けてくれた実績があるだけに、続編となる今シーズンが一体どんな方向へと進んで行くのかは最後まで予測不可能! ミステリアスでさらなる波乱に満ちた展開を、大いに期待したい!
  • 見どころ② 絶滅に瀕した人類の未来・・・。ウェイワード・パインズに残された道とは?

    壮絶な展開を迎えた昨シーズンより、舞台は3年後。ウェイワード・パインズの街では、創設者デイビッド・ピルチャーの理念の下、この街で育てあげられた“第1世代”と呼ばれる若者たちが、人類存続のため、街の実権を支配していた。新たなまちづくりが必要となったウェイワード・パインズで、医師という専門職の欠員のために“招かれた”主人公イェドリン。以前の反乱による教訓を経て、さらなる統制を強いられていた街の人々だが、すぐに事情が飲み込めないイェドリンは困惑を隠せない。その後妻との再会により、段々と状況を理解していくものの、この街の有り方に、やはり疑問は尽きず…。
    謎解きがメインとなっていた昨シーズンに代わり、後日談的ストーリーが広がっていく今シーズン。
    ピルチャー流の“洗脳”を受けた第1世代がウェイワード・パインズの理想の姿をつくり上げ、着実に進歩する巨大な陰謀劇…。果たして、イェドリンはこの厳しい統制を打ち破る救世主となるのか?
    アビーによる新たな脅威への要素も見え隠れする中、“平和な街”ウェイワード・パインズの秩序が、今度はどのように保たれ、そして壊されていくのか? 恐るべき未来のミステリーを、最後まで見届けたい!
  • 見どころ③ 「スピード2」のジェイソン・パトリック主演!新たなキャストと実力派俳優が再集結!!

    主人公イェドリン医師役 ジェイソン・パトリック(「スピード2」、「スリーパーズ」)
    人気俳優マット・ディロンの初ドラマ作品としても話題となった昨シーズン。続く第2章では、「スピード2」や「スリーパーズ」など映画界でキャリアを重ねてきた実力派俳優ジェイソン・パトリックが、「ウェイワード・パインズ」という難題にチャレンジして行く!
    共演には、ジャイモン・フンスー(「グラディエイター」、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」)や、ジョシュ・ヘルマン(「マッドマックス 怒りのデス・ロード」)といった映画界で活躍する注目の俳優陣を迎え、新たに紡がれていくストーリー。昨シーズンから続投のキャストたちとの絡みにも注目が集まる中、テレンス・ハワード(「Empire 成功の代償」)やメリッサ・レオ(「ザ・ファイター」)といったアカデミー賞受賞・ノミネート経験を持つ名優たちが果たしてどんなタイミングで登場するのかも楽しみにしていきたい!
  • これまでのキーワード

    ウェイワード・パインズで、新たな驚愕のストーリーが始まる…。
    ■ウェイワード・パインズ
    一見普通の穏やかな住宅街だが、西暦4000年代、生存する唯一の人類が暮らす街。周囲は強力電流の流れる巨大な壁で囲まれている。人類滅亡を危惧した科学者デイビッド・ピルチャーにより2014年に実行された計画で、“選ばれた人々”(=本人の意思とは別に故意に拉致された人々)が、人工装置に保存され、2000年以上の時を経て目覚めさせられる。事情を知らずにその地で生活を送ることになった街の人々は、至る所に設置された監視カメラで管理され、「街の外に出ない」、「過去については語らない」、「電話が鳴ったら必ず応答する」といった特殊なルールの下に統治されて、破れば処罰を与えられる。

    ■アビー
    人類を破滅へと追いやった獰猛な動物。人間の変異により派生した生物で、ヒトのかたちをしている。
    集団で行動し、強力な破壊力を持つが、今シーズンはアビーたちの行動に変化が…!?

    ■Cグループ
    ピルチャーによって選ばれ、ウェイワード・パインズでの復活のために眠らされていた3つめのグループ。ピルチャーは眠らせた人々をいくつかのグループに分け、実験的な段階を踏みながら順番に目覚めさせていた。Aグループの人々は街の真実を受けとめきれず集団自殺で全滅し、計画は失敗。続くBグループには真実を告げずに街の統制を保っていたが、捜査官イーサンの働きにより反乱が起こった。ピルチャーはアビーを街に侵入させBグループを抹消しようとするが、混乱の中で死亡。イーサンは残った住民たちを安全な場所に逃がし、自分は爆弾と共にアビーの犠牲となる。
    今シーズンの主人公イェドリンはCグループに属する住人として、ウェイワード・パインズで目を覚ます。

    ■第1世代
    ウェイワード・パインズで育った若い世代の子どもたち。大人たちとは違い柔軟な感性を持った彼らは、ウェイワード・パインズとこれからの人類繁栄のためにピルチャー流の“英才教育”を受け、生え抜きとして育てられていた。Bグループの反乱とアビーの襲撃の最中には、用意された専用のシェルターに避難。それから3年、ピルチャー亡き後、彼の理念を引き継いだ第1世代は街の主導権を持つことに。
  • 【昨シーズンのストーリー】

    行方不明の同僚を捜索中に突然の事故に遭った捜査官イーサン。その後目覚めたのは、ウェイワード・パインズと呼ばれる“出口のない街”だった。街の外に出ようと車を走らせても同じ場所に戻ってきてしまい、外部との連絡もつかずに路頭に迷うイーサン。出口を探し森の中に逃げ込むが、街の周囲は巨大な外壁で囲われていた。イーサンの不安をよそに、幸せそうな日々を送るウェイワード・パインズの人々。しかし、彼らもまた何者かの監視下で暮らしながら不可思議な行動を取っており、街には異様な空気が流れていた。

    街の秘密を突き止めようとしたイーサンは、その後、科学者デイビッド・ピルチャーに遭遇。ウェイワード・パインズというこの街は、西暦4028年、人類が絶滅の危機に瀕した地球上に、最後に生き残った人々が暮らす場所であったことを知る。何も知らずに過去の記憶を封印して暮らす住民たちだったが、実はピルチャーによりかつての世界で拉致され、人工装置の中で眠らされた後、2000年後に目覚めさせられた人々だったのだ。滅び行く人類の未来を予測していたピルチャーは、自らの意思で街の創設を決め、そこに住む人々を厳選。ウェイワード・パインズという壮大なるプロジェクトを創り上げていたのだ。

    人類を破滅に追い込んだのは、皮肉なことに、人間の変異から派生した“アビー”と呼ばれる獰猛な動物たち。街の外には、そのアビーたちの群れが無数に生息していた。すべては人類存続のためであると自身の行動を正当化するピルチャーだが、真実を知ったイーサンは、ピルチャーの理念に反し、住民たちにも真実を告げ、自分自身の考えで行動を起こすよう呼びかけ…。

    その後、街の統制を取れなくなることを恐れたピルチャーは、外壁の防御を解除し、反乱因子を抹消しようと、アビーを街に侵入させる。彼の次の策略とは、人工装置の中でまだ眠っている“Cグループ”の人々を目覚めさせ、自分の教育理念を浸透させた若き子どもたち“第1世代”と共に、新たにウェイワード・パインズを立て直すことだった。
    大きな混乱の中、ピルチャーは命を落とし、イーサンは街の人々を逃がした後に、襲ってくるアビーたちを引き寄せ、爆薬と共に自らが犠牲となってしまう…。

    それから3年。襲撃の際に怪我を負ったイーサンの息子ベンは、病院で目を覚ます。すっかり平和な街の姿を取り戻したウェイワード・パインズ。しかしそこは、第1世代の取り仕切る、ピルチャーの理想の街だった…。
  • 原題 Wayward Pines