シングルパパの育児奮闘記 シーズン4 【ファイナル・シーズン】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

イントロダクション

放送予定

番組表
  • この番組の放送予定は現時点で未定です。

イントロダクション

  • 全米を笑いで包み込んだ貧乏コメディー!いよいよ最終章!

    家族と同居し、ダラダラと人生を送っていた23歳のフリーター、ジミー・チャンス。ある晩、夜道を運転中に助けを求めてきた女性ルーシーと一夜を共にするが、なんと彼女は逃亡犯だった!ルーシーはあえなく逮捕されるものの、数ヶ月後刑務所に面会に行ったジミーの前には、妊娠中のルーシーの姿が!しかも、父親はジミー!?
    ルーシーは死刑になり、ジミーは生まれたばかりの赤ちゃんをやむなく引き取ることに。一家に余計なお金はなく、まともな子育てをしたことがない両親は育児にも消極的。しかし、ジミーは育てることを決め、赤ちゃんはホープ<希望>と名付けられる。
    こうして、ジミーとハチャメチャ家族の育児生活がスタート。果たしてこの赤ちゃんは、チャンス家の希望となるのか…!?

    貧乏だけど愛と笑いがいっぱいのチャンス一家に全米がくぎ付けに!アメリカで放送終了したばかりの大人気ハートフル・コメディー・シリーズ。

    シーズン4では…
    ホープもすくすくと成長し、父親姿も板についてきたジミー。父のバート、母のヴァージニア、曾祖母のモーモーも、時に衝突し合いながらもホープを可愛がり、子育てに奮闘するジミーを温かく見守っている。
    昨シーズン、ジミーは長い間思いを寄せていたサブリナと結婚することに。そして、サブリナの祖母が亡くなり、遺言によりサブリナが受け継いだ大きな屋敷に引っ越すことになる!そして、ジミーとサブリナはホープに近所の友達ができるようにと、誕生日パーティーを開いたり、他の保護者たちとの交流を試みるなど徐々に子育てに真剣に取り組むようになっていき…。

    シーズン4では、相変わらずスーパーで共働きしながら、新婚生活を満喫するジミーとサブリナ。しかし、ホープが幼稚園に入園する日にいきなりトラブルが発生したり、新たな段階を迎えたホープの育児に苦労する。一方、バートとヴァージニアはジミーたちが実家を後にしたため、暇を持て余すようになり、なんとバートが市長になったり、夫婦で弁護士デビューするなど、今まで以上にクレイジーな日常を送ることに!さらに、各々が新たな生活を楽しむ中、次第に留守番をさせられることが増えてきたモーモーには、恋人が!?
    そんな中、長年死んだと思われていたヴァージニアの父親が生きていたことが判明!!ファイナルシーズンではヴァージニアを捨てた父親の秘密が暴かれチャンス一家に衝撃が走る!シングルパパとしてスタートしたジミーとハチャメチャ家族の育児生活の結末はいかに?!


    見どころ

    1.全米一クレイジー?強烈な個性あふれるチャンス一家が帰ってくる!
    毎日がてんわやんわで大騒ぎだが、家族愛に溢れた、超前向きなチャンス一家。強烈な個性を放つひとりひとりに、愛おしさを感じずにはいられない!

    ジミー:ホープの父親。シングルパパでどこか抜けていて頼り無かったが、サブリナと結婚し子育てにも力を入れるなど責任感が増してきた。
    娘 ホープ:ジミーと殺人犯ルーシーの娘。すくすくと成長し、好奇心はさらに旺盛に。幼稚園に通い始める。
    父親 バート:17歳で結婚したジミーの父親。ジミーとは友達のような関係。ヴァージニアの尻に敷かれているが、家族への想いは人一倍強い素敵なオヤジ。
    母親 ヴァージニア:15歳でジミーを妊娠。破天荒ながらもジミーを立派に育てた肝っ玉母ちゃん。ガラクタ収集癖あり。ホープの名付け親。
    ひいばあちゃん モーモー:アルツハイマーを患っており、亡き夫と勘違いしてジミーにキスをしたり、ホープに授乳をしたりするなど、家族をドギマギさせる。
    サブリナ:遠距離のイケメン彼氏がいたが、なぜかジミーに惹かれついに結婚。子供は苦手だったが、ホープの子育てを通してすっかり育児も板についてきた。

    ★2011年のエミー賞では、ヴァージニア役のマーサ・プリンプトンが主演女優賞、モーモー役のクロリス・リーチマンがゲスト女優賞へノミネート。
    ※クロリス・リーチマンは、エミー賞9回受賞の最多記録を持つ大女優。アカデミー賞受賞者でもある実力派の、ぶっ飛んだ演技は必見!


    2.ビンボーでも幸せ!!愛娘・ホープの成長を見守ろう!
    母親・ルーシーが死刑となり、ジミーとその家族に育てられることになったホープ。ビンボーな破天荒一家の中で、すくすくと活発な女の子に育っていく。そんな彼女の成長を見守ることができるのも、本作の大きな魅力!

    シーズン3では、スタスタと歩けるようになり、自分でものを食べたり、少しずつ言葉を発するようになるまで成長。今シーズンはいよいよ幼稚園に入園!新たに友達を作ることはできるのか?!
    祖母・ヴァージニア、曾曾祖母・モーモーに似たのか、小さいながらもパワフルで、そんなホープに振り回されるジミー達の姿も微笑ましい。ホープの子育てを通し、チャンス一家はさらに笑いの絶えない家族に。愛らしいその笑顔はジミー達だけでなく、視聴者たちまでも和ませてくれる。


    3.シングルパパもついに結婚!
    スーパーで働くサブリナに一目ぼれしたジミー。彼女に会うためスーパーに通い、ついにはジミー本人もスーパーでアルバイトを始めたシリーズ当初。それからサブリナも、ジミーだけでなくヴァージニアやホープとも仲良くなり、チャンス家に頻繁に訪れるようになり、子育てに奮闘するジミーを支えてくれるようになる。そして、恋人関係を経て、昨シーズン、ジミーはついにサブリナにプロポーズ!
    結婚し、サブリナが祖母から譲り受けた屋敷に引っ越した今シーズンは、ホープの子育てに奮闘しながらも親子3人で家族として自立を目指す!


    4.今シーズンも、豪華ゲストスターが登場!
    豪華ゲストスターがチャンス一家に負けない超個性的なキャラクターを演じていることも話題。本作の製作者グレッグ・ガルシアによる大人気コメディー「マイネーム・イズ・アール」より、全シーズンに登場し既にお馴染みとなったエディー・スティープルスが引き続き出演!シーズン4注目の新キャラ、長年音信不通だったヴァージニアの父親アーノルド役を、6度のエミー賞ノミネートを誇るジェフリー・タンバーが演じる。さらに、最終話では、80年代に多数のヒット曲を手掛けた歌手ケニー・ロギンスも本人役で登場!シリーズ当初、ホープが生まれて間もない頃に、ヴァージニアが子守唄として歌っていた思い出の曲「ダニーの歌」を作曲者本人がフィナーレで熱唱する?!

    ■第1、22話:ジェフリー・タンバー
    (『ハングオーバー!』シリーズのシド役、エミー賞ノミネート6回)
    ■第2,19話:エディー・スティープルス
    (「マイ・ネーム・イズ・アール」ダーネル・ターナー役)
    ■第5,13話:モリー・シャノン
    (「Glee」、「セックス・アンド・ザ・シティ」などにゲスト出演)
    ■第21話:レスリー・ニコル
    (「ダウントン・アビー ~貴族とメイドと相続人」ミセス・パトモール役)
    ■第22話:ケニー・ロギンス
    (映画『トップガン』、『オーバー・ザ・トップ』の主題歌などで80年代に大ヒットを連発した人気歌手。作曲家としても有名でグラミー賞を受賞)