BONES シーズン10

BONES シーズン10
BONES シーズン10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

イントロダクション

放送予定

番組表
  • この番組の放送予定は現時点で未定です。

イントロダクション

  • 骨を手掛かりに難事件を解決する科学捜査ドラマ!

    人付き合いが苦手な超理論派、法人類学者のブレナンと、直感的で体育会系のFBI捜査官ブース。全く異なるタイプの2人が現場に残った被害者の“骨”から証拠を見つけ、事件を解決へと導く人気シリーズ!かつてない衝撃の展開と共に新たな物語が幕を開ける!

    テンペランス・ブレナン博士(愛称:ボーンズ)は高い技術を持つ法人類学者。彼女の専門分野は“骨”であり、各分野のエリート研究者のみが集結するジェファソニアン法医学研究所で働いている。FBIの殺人捜査に協力する彼女たちは、腐乱死体や焼死体など被害者の遺体が原形を留めず、通常の身元確認方法が使えないような事件に関して驚くべき能力を発揮。被害者の骨に残された些細な手掛かりから、隠れた真実を読み取るブレナンを始め、そうしたデータを元に被害者の顔や現場のCG再現をするプロや、遺体に付着した虫や植物(の微生物や細菌)から証拠を見つける昆虫オタクまで、メンバー各々のエキスパートぶりは群を抜いている。

    そして、そんなブレナンたちとチームを組んで事件を解決するのは、FBIの特別捜査官シーリー・ブース。元陸軍のスナイパーであるブースは、誰よりも人情に厚い熱血捜査官。当初は科学で全てを分析するブレナンのチームを“スクインツ(目を細めるやつら)”と呼んでからかっていたが、彼らに全幅の信頼を置き、今ではよき仲間として共に捜査に挑む。また、その中でも彼とブレナンの絆はとりわけ深く、ふたりは男女を越えた“特別な相棒”として、公私に渡ってあらゆる出来事を一緒に経験していく。

    長年想い合った末、ついに結ばれたブレナンとブース。ひとり娘を授かり、その後も着実に家族としての愛を育み、紆余曲折を経ながらついに結婚に至ることに。しかし、日々の事件の捜査の最中、かつての宿敵であった連続殺人鬼ペラントの証言に繋がる新たな殺人鬼の存在に辿り着いたブレナンたちは、より巨大な陰謀の渦中へと身を投じることになる!
  • 昨シーズンでは・・・

    刑務所に収監されたブースの運命は?
    近年の宿敵となっていた連続殺人鬼ペラントとの攻防戦に終止符を打ち、無事結婚をしたブレナンとブース。しかし、ペラントが死の間際に示唆した過去の未解決殺人事件を巡る新たな殺人犯“ゴースト・キラー”の存在が、チームに不快なあと味を残す。そんな中、ホッジンズのかつての知人でもある富豪一家“マクナマラ家”に関わる一連の事件を巡り、ゴースト・キラーの存在が一家の長女ステファニーであったことが判明。そして、彼女のこれまでの犯罪を隠ぺいするために、様々な陰謀が渦巻いていたことが発覚し…。

    その後、ブースに情報を提供しようとして抹殺された記者フォスターが残したデータを紐解いていくと、そこにはマクナマラ家をはじめ各界の主要人物に関する様々な秘密が隠されており、何者かがそれらの情報を用いて社会を操ろうとしていたことが示唆される。ペラントの捜査の末にその事実に辿りついたブレナンたちだが、FBIの内通者の存在も浮上するなど真相に近づきすぎた仲間たちには、大きな危険が迫っていくことに。そして、ドイツへの栄転という昇進を懸けた審議会で、ブースは一転窮地に落とし入れられ、何者かにより自宅に奇襲攻撃を受ける。死闘の末襲撃者3人を殺傷し、自らも銃撃による重傷を負ったブースだったが、術後病院で目覚めると、彼はFBI捜査官を殺した犯罪者へと仕立てあげられていた…!
  • シーズン10では・・・

    ブースが刑務所に収監されてから3ヶ月。彼が囚人として苦痛の日々を送る一方、ブレナンたちはジェファソニアンで水面下での作業を行いながら事件の真相を突き止めようとしていた。
    ブースの釈放を模索しながら、フォスターのデータを元に巨大な陰謀の黒幕のへと近づいていくブレナンたちだが、やがて事態は思わぬ方向に進んでいくことになり…。そして、新シーズン冒頭より、仲間たちにかつてない衝撃の出来事が襲い掛かる!
  • 見どころ① 隠された陰謀の裏側は一体!?シリーズかつてない衝撃の幕開けが!!

    新たなFBI捜査官 オーブリー役には 「24」のジョン・ボイド!
    名士“マクナマラ家”の長女ステファニーが迷宮入り殺人事件の同一犯“ゴースト・キラー”であったことが判明し、一族とFBIを関連付ける巨大な陰謀の捜査に足を踏み入れることになったブレナン、ブースとジェファソニアンのメンバーたち。口封じのため罠にはめられたブースが刑務所暮らしに苦戦するところからスタートする新シーズンだが、残された情報を手がかりにさらなる捜査を進めるうち、チームの面々はより大きな黒幕へと近づいていくことになる。しかし、真相に迫れば迫るほどそこに巨大な陰謀が潜んでいることが明らかになり、彼らの身の危険も察知されていくことに。そして、チームはついにとんでもない犠牲を強いられることになり…!そして、ブースの釈放に合わせてFBI捜査官オーブリーという新キャラが捜査に加わると共に、今シーズンはなんとある長年のレギュラーメンバーが番組を去ることに!

    まさにシーズン冒頭より怒涛の展開が巻き起っていく新シーズン。「BONES」ファン必見の超衝撃的な出来事も発生する中、果たして、全てのパズルをつなげる鍵となる人物は、一体誰なのか?
  • 見どころ② 祝10周年❤ 通算200話記念エピソード&プロダクション最長記録も更新!

    記念すべき第200話は ブース役デビッド・ ボレアナズ が監督!
    シリーズ開始より、ついに10周年を迎えた人気ドラマ「BONES」。今シーズン、記念すべき通算200話目となる第10話では、通常のストーリーから離れた1話限りのスペシャル・エピソードが用意されている!
    1950年代のハリウッドを舞台に、ヒッチコック作品へのオマージュを捧げたレトロな映画調の物語が展開。捜査官役のブレナン&怪盗役のブースが共に事件を解決していくという、各メンバーの普段とは異なる役割分担も新鮮で、驚きのアナログ手法で事件の謎を紐解く捜査模様も楽しい、10周年を称えた特別な一話となっている。
    また、続く第16話では、制作会社である20世紀FOXテレビジョンの作品で最多となる通算206話目のエピソードに到達!奇しくも成人した人体の骨の数206本と同じ数字で迎えるこのエピソードでは、そんな偶然を喜ぶかのような、骨知識満載のストーリーが描かれている♪
  • 見どころ③ ブレナン&ブースのさらなる家族関係は?順風満帆な“妊活”にも注目!

    見せしめ的とも言える組織の落とし穴にはまり、囚人の身となり生活を送ることになってしまったブース。3ヶ月という監獄での暮らしは、表に出さないながらも彼に大きな精神的トラウマを与えることに。全幅の信頼で職務を全うしていたFBIという組織にも裏切りを受けたと感じ、出所しても様々な不信感を拭えないブースは、時に別人のような言動を見せ、ブレナンや仲間たちを戸惑わせることになってしまう。それでも強靭な精神と周囲の支えで日常を取り戻していく彼だが、シーズン後半ではこれまでの心の重荷が積み重なり、ある潜入捜査をきっかけにしてかつての苦い経験“ギャンブル癖”が再発!ブレナンとの関係にも暗雲がたちこめてしまう…。

    一方で、今シーズンはインターンのデイジーの妊娠やブレナン第2子の妊娠も発覚!ブレナンの妊娠は前回同様に演者エミリー・デシャネルの実際の妊娠に合わせてストーリーが組み込まれ、デイジー役のカーラ・ギャロも当時実際に妊娠をしていたという、驚きのリアル・ドラマが同時展開。ご長寿ドラマとなった本作ならではの、キャストたちのライフワーク的魅力が詰まった温かい演出が、作品により大きなパワーを吹き込んでいる!
  • 見どころ④ ボーンズは実在する!?小説家としてのもうひとつの顔。

    本作の原案は法人類学者で作家のキャシー・ライクス。原作者が実際にその分野のプロというだけあり、劇中での科学捜査の内容は本格的。また、主人公ブレナンは彼女の著作に出てくる登場人物であり、著者自身がモデルとなっている。
    そのため劇中のブレナンも副業として小説を書いており、ブレナンの作家としての活躍が垣間見られるシーンが度々登場するのも本作の見どころのひとつ。(そして、ブレナンの小説の主人公はキャシー!) さらに、法人類学の第一人者で売れっ子小説家というマルチな才能を持つブレナンは超高収入!その悪びれることない天才キャラも「BONES」の大きな魅力となっている。
  • 原題:BONES