銃弾の副作用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

イントロダクション

放送予定

番組表
  • この番組の放送予定は現時点で未定です。

イントロダクション

  • 命懸けの人命救助。それは、危険なスパイラルの引き金だった…。

    1年前に幼い娘を病気で亡くし、心の傷を抱えた救命医ジョン。ようやく穏やかな日常を取り戻しつつあったある日、彼は路上で幼い少年が銃撃される現場に遭遇。必死の思いで少年の命を救ったジョンだったが、自らの正当防衛のため、その場にあった銃を手に取り、現場に戻ってきた容疑者の車に発砲。一連の出来事は、彼をあまりにも皮肉な運命へと導いていくことになる…。

    「バーン・ノーティス 元スパイの逆襲」製作総指揮、マット・ニックスが手掛ける本作。とっさの人助けからギャングの抗争に巻き込まれ、深みにはまっていく医師の姿を通して、医療ミステリーと犯罪サスペンスが織り成す混乱の渦が広がっていく!
  • 【原題】Complicationsとは…

    原題である「Complications」とは、“複雑”、“混乱”、“やっかい事”、さらには医学用語で“合併症”といった意味を持つ。
    本作では、主人公ジョンの周囲でふとした要因から起きたひとつの出来事が混乱の連鎖を呼び、ひとつの病が次の病を呼ぶ合併症のように、悪化を繰り返していく…。
  • 見どころ1 「バーン・ノーティス」クリエーターが描き出す新境地!“医療×犯罪=異色のダークミステリー”

    単なる“医療ドラマ”の枠を大きく超えた 衝撃の展開は圧巻!
    スパイドラマの歴史に名を刻むヒット作「バーン・ノーティス 元スパイの逆襲」の製作総指揮マット・ニックスが手掛ける待望の新作として話題を呼ぶ本作。「バーン・ノーティス」においても“解雇された元スパイ”が主人公という珍しい設定から魅力的な作品を作り上げた彼だが、この「銃弾の副作用」では、医療現場を舞台にしながら、クライム・サスペンスの要素を巧みに融合させた新ジャンルへと挑戦している!

    医師としての使命の下に行った人命救助が不運を呼び、ギャング抗争の渦中に置かれることになってしまった主人公の救命医ジョン。ひとつの穴を埋めるために犯したひとつの偽りは、思わぬかたちで連鎖反応を生み出し、埋めれぬ穴をふさごうと、彼は苦悩を繰り返していく。医師であるがゆえのジョンの葛藤、人としての倫理観に迫りながら、止まらない負の連鎖は、どんどん取り返しのつかない事態へと発展していき…。

    救急医療現場と犯罪組織をまたいでニックス作品特有のシャープでスピーディーな展開が広がる中、“不正の正当化”へと手を染めていくことになる医師の姿が影を落とす、重厚かつスリリングなダークミステリー。次々と混乱に陥る主人公の目線を通し、観ている側も、いつしかこの混乱の世界へと引き込まれていく!
  • 見どころ2 医師が守るべき小さな命。果たして、その代償とは…?

    医師としての厳しい選択に迫られながら自ら追い詰められていくジョンだが…
    数奇な巡り合わせにより、獄中にいるギャングのトップから子供の命を守ることを託されて しまった主人公のジョン。しかし、その守るべき命に対する代償はあまりにも大きかった。
    たまたま居合わせた銃撃戦の現場で善意から行ったその少年への人命救助だったが、ジョンは 自らも正当防衛のために発砲。一連の抗争に巻き込まれる羽目になり、その後も命を狙われる 少年を、あらゆる手段を用いて助けなければいけない立場に置かれてしまう。

    子どもの父親とその子分たちの脅しまがいの指示に振り回され、自分のキャリアを失うようなリスクを冒しながら、危ない橋を渡っていくジョン。医師という立場を盾に、苦肉の策で犯した不正を補おうとすればするほど、彼は八方塞がりな状況へと陥っていく・・・。

    しかし、自らの保身や家族の身の安全など悩みの種は尽きない中、ジョンの行動の節々に見え隠れするのは、医師として人の命を救うという使命感、そして、1年前に不治の病で敢え無く命を落とした自らの娘の存在。救えなかった命に対する強いこだわりは、彼を極端な決断へと突き動かす原動力となっており、冷静に見える彼の深い心のトラウマが、観ている者の胸に突き刺さる。
    自分にとっての“正しい選択”を続けるために、"不正行為”の上塗りを重ねていくことになる救命医ジョン。やがて彼に下される審判とは、一体どんなものなのか?加速するストーリーから、目が離せない!
  • 見どころ3 様々な思いを抱えた登場人物たち。それぞれが向かっていく道のりとは?

    苦難の中でポーカーフェイスもそつなくこなす救命医ジョンに扮するのは、スティーブン・スピルバーグ製作総指揮の「Terra Nova ~未来創世記」の主演や、 「Vegas/ベガス」や「Good Wife」などのヒットドラマに出演の アイルランド俳優ジェイソン・オマラ。
    運命のいたずらで、次々と複雑な状況下に立たされていく本作の登場人物たち。歯車がかみ合わない出来事の繰り返しで窮地に立たされていく主人公の救命医ジョンを始め、ジョンと対立しながらも彼の行動に協力していく(=共犯者となっていく)破天荒な看護師グレッチェンや、娘を亡くしてから夫婦間のわだかまりに悩まされる妻のサマンサ、また、ジョンの不可解な行動に不信感を覚えていく上司のオニールといった周囲の人々との関係性も、物語の鍵となっていく。

    それぞれの抱える過去の傷やトラウマが引き起こすちょっとした出来事がまた次の問題を引き起こす引き金になるなど、目には見えない相互関係が事態の進路を大きく揺さぶることも。そして、ジョンの運命を左右する元凶となった獄中にいる少年の父親や、その手下たちの存在も、常に彼の身の安全を脅かし…。

    劇中で徐々に明かされていくそうしたキャラクターたちの素性からも、より色濃いドラマ性が生み出され、観る者を惹きつける。各俳優たちが迫真の演技で魅せる、本作での新たな一面にも大いに注目したい!
  •  

    看護師 グレッチェン
    看護師グレッチェン役のジェシカ・ゾア(「ゴシップガール」ヴァネッサ役)や ジョンの妻で弁護士のサマンサ役ベス・リースグラフ(「レバレッジ~詐欺師たちの流儀」パーカー役)といった女優陣も、自身の代表作とは大きく異なる、印象的な役どころを熱演する!
  • 妻 サマンサ
     
  • 原題:Complications