モダン・ファミリー シーズン6

モダン・ファミリー シーズン6
モダン・ファミリー シーズン6
モダン・ファミリー シーズン6
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

イントロダクション

放送予定

番組表
  • この番組の放送予定は現時点で未定です。

イントロダクション

  • エミー賞歴代最多受賞!アメリカ超高視聴率の爆笑ファミリー・コメディー!!

    個性豊かな3つの家族が織りなす爆笑コメディー!
    エミー賞に旋風を巻き起こし、ゴールデン・グローブ賞でも作品賞を受賞!コメディーブームのアメリカでトップ視聴率の大人気作、シーズン6!!

    両親と子供3人の典型的なアメリカ人一家、ラテン系の子連れ美女と裕福じいちゃんの年の差夫婦、養子を迎えたゲイのカップルという、3つの家族が繰り広げるドタバタコメディー!そしてこの3家族の関係は、なんと全員親戚!!そんな超個性的なアメリカン・ファミリーのおかしな日常を温かい笑いと共にテンポよく描く。

    シリーズ開始以来、多数のエミー賞やゴールデン・グローブ賞を受賞し、エミー賞5年連続作品賞受賞という歴史的快挙を達成!今やアメリカで抜群の知名度と視聴率を誇る人気作。おもしろ家族の勢いは、今シーズンもさらに加速する!
  • 見どころ1 多文化国家アメリカの縮図!? 面白キャラが勢揃いした、現代のアメリカン・ファミリー!

    本作「モダン・ファミリー」は、その名の通り‘モダン=現代の’家族模様を描いた物語。 アメリカの一般家庭といえば、夫婦と子供2、3人の家族が連想された時代も今は昔。現在では多種多様な文化が往来し、家族のかたちもまさにさまざま。この「モダン・ファミリー」に登場する3家族も、もちろん例外ではなく…

    ■ダンフィー家
    不動産セールスマンで‘クール・ダディ―’を目指す父フィルと、完璧主義だがちょっぴりぬけてる母クレアの夫婦と子供3人の5人家族。いわゆる昔ながらの家族構成だが、長女ヘイリーは遊びたい盛りの現代っ子、次女アレックスは冷静さと頭のよさで周囲を寄せ付けない知的少女、末っ子の弟ルークはおバカな天然キャラと三者三様。シーズン6を迎え、子供たちもぐっと成長し、どんどん大人になっていく!

    ■ジェイ&グロリア家
    会社経営者のおデブな裕福じいちゃんジェイとラテン系のセクシー美女グロリアの年の差国際結婚夫婦。グロリアの元夫との子供マニーと、豪邸で3人暮らしだったが、前シーズンで新たに次男のジョーが誕生!シーズン6では年の差を超えた夫婦の愛、そして幼いジョーや高校生マニーの成長にも注目!

    ■ミッチェル&キャメロン家
    まじめな弁護士のミッチェルと陽気なぽっちゃり主夫なキャメロンのゲイのカップル。ベトナムから迎え入れた養女のリリーと3人家族。前シーズン、同性愛婚が合法化され、無事結婚した2人!シーズン6では小学生になったリリーの育児に奮闘する!

    そして、熟年ジェイの前妻との子供はダンフィー家の妻クレアとゲイのカップルのミッチェル。 つまり…この超個性的な3家族は、みんな親戚!!
    そんなハチャメチャな大ファミリーが繰り広げる抱腹絶倒の30分!奥の深~いコメディーに、ハマること必至!
  • 見どころ2 いつでもやっぱり家族がいちばん。 愛情たっぷりのストーリー!

    マニーもついに彼女をゲット!?
    アメリカの現代社会で、ストレスのない暮らしなどあり得ない!本作で軸となる3つの家族も、些細ないざこざは日常茶飯事。複雑な血縁関係から、義理の家族との確執や、わだかまりも少なくはない。しかし、家族のかたちは変わっても、お互いを思いやるやさしさは、いつの時代も変わらない。異なる家族が、時にぶつかったり意固地になっても、それぞれの家族として、そして大きな一族として、最後はみんなで支え合ってチームワークを築いていく。最年長の堅物ジェイも、人種の違いや同性愛など、マイノリティーを受け入れる寛容さを培い、この大きなファミリーの取りまとめ役となっていく。
    もちろん、その一方でこうした異端児たちに対するブラックジョークなど、痛烈なユーモアが炸裂するのも、本作品の大きな見どころ!しかし、何が起きても団結して問題を解決し、最後はいつも家族の絆を深めていくのが、この「モダン・ファミリー」の特徴でもある。回を重ねるごとに登場人物に愛着が湧き、心がほっこり温まるファミリー・ストーリーは、ふと自分の家族を思い起こさせるような優しい魅力にあふれているのだ。

    今シーズンも様々な面白エピソードが展開する「モダン・ファミリー」だが、シーズン6では、高校生のマニーとルークはあどけなさが残りながらも恋の悩みを持つまでに成長!アレックスは大学受験で大忙しだが、相変わらず一人で淡々とこなしている様子。イケメンばかりに好意を寄せていたヘイリーだが、それももう卒業か?! そんな中、昨シーズン無事結婚したキャメロンとミッチェルは少しずつ成長していくリリーの育児に頭を抱えるなど、子供たちの成長に伴って変わっていく親子関係にも注目!今シーズンも愛情あふれる面白エピソードが盛りだくさん!
  • 見どころ3 思わず笑いが込み上げる、新感覚のモキュメンタリー!

    今シーズンも、カメラに向かって家族のあらゆる本音が明らかにされる!!
    本作の特徴のひとつでもあるのが、架空の出来事がドキュメンタリー形式で展開される “モキュメンタリー*”と呼ばれる手法。家族のストーリーにジョークやブラックユーモアを織り交ぜる典型的なコメディーの要素を持ちながらも、本作はこのモキュメンタリー方式を取り入れることで、今までのコメディーにはない独特の面白さを生み出している。
    登場人物ひとりひとりにスポットが当たり、時折彼らがカメラに向かって本音を語りかけるシーンは、まさにドキュメンタリーやリアリティー・ショーを思わせる。臨場感を高める絶妙な間と、完成度抜群のストーリーも相まって、誰もがもう、押し寄せる笑いをこらえずにはいられない!!
    *「モック(Mock=真似をする)」と「ドキュメンタリー」を掛け合わせた混成語。 架空の設定に基づいて作られるドキュメンタリー風の 映像表現手法。
  • 見どころ4 アメリカ賞レースを総なめの実力作!!

    依然としたコメディーブームのアメリカで、名実ともにトップを走る、本作「モダン・ファミリー」。 シリーズ開始以来エミー賞コメディー部門の作品賞を5年連続で受賞! これはコメディー部門作品賞の歴代最多受賞であった「そりゃないぜ!?フレイジャー」とタイ記録!! さらに、ゴールデン・グローブ賞でも、最優秀作品賞を受賞を始め、2014年も5年連続となるノミネートを果たす!(コメディー・ミュージカルシリーズ) アメリカでの人気・視聴率は衰えることを知らず、今やアメリカでの放送局ABCの看板番組へと成長。不動の人気を証明し続けている!

    ■エミー賞は「モダン・ファミリー」の家族行事!?
    全ての主要キャストがエミー賞にノミネート経験があり、これまでに受賞も多数。家族みんなが主役のこのドラマということで、あえて主演を立てないことからキャストたちは助演男優・女優部門でノミネートされるため、ノミネートリストが「モダン・ファミリー」の出演陣で埋め尽くされることもしばしば。2011年にはクレア役のジュリー・ボーウェンとフィル役のタイ・バーレルという夫婦役のふたりが助演男優賞と女優賞を共に受賞するなど毎年話題に事欠かない!

    さらに・・・グロリア役のソフィア・ヴァーガラはTV界で最も稼いだ女優として3年連続第1位に君臨!2014年の収入は3,700万ドルで男女混合でもダントツのトップ。本作「モダン・ファミリー」での出演料は1話で32万5,000ドルと言われている。
  • 原題:Modern Family