ダ・ヴィンチと禁断の謎 シーズン2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

イントロダクション

放送予定

番組表
  • この番組の放送予定は現時点で未定です。

イントロダクション

  • 映画『ダークナイト』脚本家が書き下ろす、歴史に刻まれていなかった世紀のミステリー


    大ヒット映画『バットマン・ビギンズ』と『ダークナイト』の脚本家デヴィッド・S・ゴイヤーが、孤高の天才レオナルド・ダ・ヴィンチの青年時代を綴った歴史アドベンチャー。
    芸術家、発明家、思想家と、数々の顔を持ち、現代に名を残す偉大な巨匠ダ・ヴィンチだが、若かりし頃の記録は、今も多くの謎に包まれている。
    15世紀のルネサンス最盛期、時代の枠にとらわれることなくその才能を開花させたダ・ヴィンチの意外なる素顔とは?魅惑の都市イタリア・フィレンツェで、歴史の闇に消えたその全貌が解き明かされていく!

    全10話

    シーズン2では…

    昨シーズン、その類まれなる才能を見込まれ、フィレンツェを統治するメディチ家の武器開発者として従事することになった若き天才ダ・ヴィンチ。彼はフィレンツェと敵対するローマの撃退策を練りながらも、とあることから古代人の神秘「天の宝箱」の鍵を手にし、英知の全てを記した禁断の古文書「紙葉の書」の存在を知って、その在り処を見つけることに情熱を傾けていく。また、メディチ家の当主ロレンツォの愛人ルクレツィアと出会い、お互い強く惹かれ合っていくように。しかし彼女は、ローマ教皇の側近リアリオと共謀し、フィレンツェの内情を密告するローマからのスパイという、明かせぬ秘密を持っていた…。
    そんな中、フィレンツェとローマの対立は激化し、メディチ家はフィレンツェ内の長年のライバル、パッツィ家との政略結婚に踏み切ることに。ところが、それはローマ教皇側に加担してロレンツォと弟ジュリア―ノの暗殺を試みようとした、パッツィ家の陰謀だったのだ。そして、数々の裏切りが交差する運命の式典が始まろうとするその時、全ての真相を掴んだジュリアーノの一声と共に争いが勃発。ジュリアーノは命を落とし、ダ・ヴィンチは致命傷を負ったロレンツォと共に絶対絶命の窮地に立たされてしまう…!

    シーズン2では、首筋を負傷したロレンツォを抱えて懸命に追手から逃れようとするダ・ヴィンチ。一方で、主を失ったメディチ家にはパッツィ家先導の下に聴衆が押し寄せ、名家は陥落の危機に!さらに、ダ・ヴィンチの親友ゾロアスターとニコは、「紙葉の書」を求めて新大陸への航海へ立とうとダ・ヴィンチを待つが、そこに姿を現したのは…!?果たして、ダ・ヴィンチはロレンツォとメディチ家の危機を救い、新たな冒険の船出を迎えることができるのか?

    その後舞台はフィレンツェを飛び出し、新大陸となる南米ペルーのインカ帝国、イタリア南部の強豪ナポリ王国、トルコのオスマン帝国へと展開。それぞれの思惑が絡みながら、各地でキーパーソンとなる新キャラクターも登場し、歴史の新たな旅路が始まっていく!


    見どころ

    1.人気脚本家が書き下ろす期待の大作ドラマ!

     映画『バットマン・ビギンズ』や『ダークナイト』で一躍売れっ子となった脚本家デヴィッド・S・ゴイヤーが手がける新作ドラマとして大いに注目を浴びる本作。ヒーローものの大作を得意とする彼が、本作では歴史上の偉大なヒーロー、レオナルド・ダ・ヴィンチを主人公に壮大な歴史ファンタジーを描き出す。誰もが天才芸術家としてその名を知る巨匠、ダ・ヴィンチにまつわるストーリーは数多くあれど、そんな彼には文献にも多く残されていない空白の数年間が存在していた・・・。名門メディチ家が台頭する15世紀のイタリア・フィレンツェで類い稀なる才能の持ち主として君主に見出された20代の若者、レオナルド。当時の彼が記したとされる1万3千冊のノートのうち、現存するものはわずか半分にも満たないと言われている。

    本作では、その知られざるダ・ヴィンチの真実に迫り、彼の周りに渦巻く政治的陰謀や権力闘争、宗教的観念による制約を生々しく綴りながらも、それをものともしない柔軟な発想力で時代を切り開いていく若き天才の勇姿が色鮮やかに描かれる。ゴイヤー曰く「インディー・ジョーンズとシャーロック・ホームズとアイアンマンの全ての要素を持ったスーパーヒーロー」として新たに息を吹き込まれた主人公レオナルド・ダ・ヴィンチ。史実に基づいた力強い骨組みに、禁断の愛や出生の秘密、謎の古文書を巡るミステリー的要素も加わり、稀代の巨匠の未知なる側面が今ここに明かされていく!


    2. 注目の英国俳優が熱演!
    万能の天才 レオナルド・ダ・ヴィンチ

    「モナ・リザ」や「最後の晩餐」といった数々の名画を世に送り出した芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチ。
    発明家・思想家としての顔も持ち、医学・数学・建築学などあらゆる分野に精通したこの超人的人物の才能を、本作では余すことなく知ることができる!精密なスケッチの描写力はもちろん、ハングライダーやダイビングスーツといった歴史に残る発明に関する実験的シーンなど、劇中の至るところでダ・ヴィンチの偉業への軌跡が垣間見られ、臨場感と共に心地よい興奮が沸き起こる。
    そして今シーズンも、潜水艦や輸血のシーンなど、その多岐にわたる驚きの功績が披露され、ついにはあの「モナ・リザ」誕生の秘話にも近づいていくことに…!?

    さらに、有名な自画像に見られるような立派な髭を蓄えた巨匠としてのイメージが強いダ・ヴィンチだが、若き青年レオナルドは、なんとイケメンだった!?イギリスドラマ界で活躍中の英国男子トム・ライリーが、そんな魅力溢れる色男ダ・ヴィンチを好演。セカンド・シーズンを迎えその存在感も高まる中、頭脳明晰で剣術にも長け、聡明でウィットに富んだ語り口で人々を魅了するレオナルドのキャラクターを生き生きと表現する。
    また、知性と才能、自信に満ち溢れた人物である一方で、非凡な才能が故に苦悩や葛藤を抱える若者ダ・ヴィンチの繊細な側面も丁寧に描かれ、ライリーの迫真の演技に益々魅了される。未来を見据え、創造していった男、ダ・ヴィンチに潜む”闇”とは一体?その枯れ果てぬ探究心が自らを導く行方とは…?
    今シーズン、発見や閃きの喜びの裏にある天才の苦しみはより色濃く描かれ、その人物像がさらに深く掘り下げられていく!


    3.新大陸への新たな旅路!
    圧巻の映像美で魅せる歴史スペクタクル

    イタリアの名家メディチ家が栄華を極め、ルネサンス芸術が花開いた15世紀のイタリア・フィレンツェ。本作ではダ・ヴィンチが生きたこの時代が、大作映画さながらの迫力で鮮烈に蘇る。屋敷や教会の豪華絢爛な装飾から、賑わいを見せるマーケットやバーに至るまでを広大な敷地セットで見事に再現。そこに圧倒的な技術とビジュアル効果でモダンな光が落とし込まれ、荘厳かつファンタジックな世界が広がっていく。当時の流行を反映した衣裳やメイクも美しいエッセンスとなり、巧みに融合。実在した人物やストーリーが見る者の想像力を刺激しながら、歴史という名のおとぎ話へといざなっていく。

    今シーズン、舞台はフィレンツェのみならず、新大陸南米ペルーの地へと拡大。かつての栄華を誇ったインカ帝国、マチュピチュの息を呑むような広大な景色が登場し、大航海時代を生きたダ・ヴィンチは「紙葉の書」を求めて未だ見ぬ地へと大きな一歩を踏み出していく!また、イタリアの勢力争いに伴い、ローマをはじめナポリ王国、さらにはオスマン帝国といった周辺の国々との関係性も強まり、歴史の地図はより大きな広がりを見せていく!


    時代背景

    ■レオナルド・ダ・ヴィンチ Leonardo da Vinci (1452-1519)

    「モナ・リザ」、「最後の晩餐」など数々の名画で知られるイタリアのルネサンス期を代表する画家。名実ともに史上最高の画家の一人とされ、絵画、彫刻のみならず、建築、科学や数学、工学や発明、解剖学など様々な分野で顕著な業績を残し、人類史上もっとも多才な人物としても知られる。へリコプターや戦車などダ・ヴィンチが考案・概念化したとされる近代文明も多数。
    ダ・ヴィンチはフィレンツェ西方のヴィンチ村で生まれ、フィレンツェの裕福な公証人である父親セル・ピエロと
    農夫の娘である母カテリーナの間の私生児とされている。1466年頃ヴェロッキオの工房へ入門、そこで頭角を
    あわらし、フィレンツェの君主であったメディチ家の庇護を受けるように。以後は活動拠点をフィレンツェ、ミラノと何度か往復させながらローマへ向かう。晩年はフランソワ1世の計らいによりフランスに渡り、67歳で死去。
    18歳~32歳という青年期のダ・ヴィンチに関する記録は少なく、とりわけ1477年~1478年の1年間は作品や居住地に関する記録が残っていない空白の時とされている。(※本作中のダ・ヴィンチはその空白の期間にあたる25歳頃の設定)

    ■ルネサンス Renaissance

    フランス語で“再生”の意。“文芸復興”とも呼ばれ、14世紀から16世紀にかけて、イタリアを発祥にヨーロッパ各地に広がった学問上・芸術上の革新運動。ギリシャ・ローマの古典文化を復興し、教会中心の中世的世界観を離れて、現世の肯定、人間性の解放、個性の尊重を主張。都市の発達と商業資本の繁栄を背景として、あらゆる分野で顕著な発展がしるされ、欧州近代文化の基礎となる。
    イタリアではフィレンツェ、ミラノ、ローマ、ヴェネツィア、ナポリ、フェッラーラなどの都市で、ルネサンス文化(イタリア語でリナシメント rinascimento)が開花。学芸を愛好し芸術家たちを育てたパトロンとして、フィレンツェのメディチ家、ミラノのスフォルツァ家、フェッラーラのエステ家などが知られ、レオナルド・ダ・ヴィンチをはじめ、ボッティチェリ、ミケランジェロ、ラファエロといった芸術家やダンテ、ボッカチオといった文豪たちが活躍した。

    ■メディチ家 House of Medici

    ルネサンス期のイタリア・フィレンツェにおいて銀行家、政治家として台頭。フィレンツェの実質的な支配者として君臨し、後にトスカーナ大公国の君主となった一族。その財力で才能ある芸術家をパトロンとして支援し、ルネサンスの文化を育てる上で大きな役割を果たしたことでも知られている。
    一族の記録は13世紀頃から見られるが、15世紀初頭にジョヴァンニ・ディ・ビッチが銀行業で大きな成功を収めた後、息子コジモがフィレンツェでの支配を確立、コジモの孫ロレンツォの代でフィレンツェの最盛期を迎える。
    政治・外交能力に長けたロレンツォは、イタリア各国の利害を調整する立場として大きな影響力を振るい、反対派には容赦無い弾圧を加える一方で、一般市民には気前良く振舞った。学問や芸術にも造詣が深く、ボッティチェリ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ等多数の芸術家たちをパトロンとして積極的に保護、フィレンツェ・ルネサンスの黄金時代を築く。
    「偉大なるロレンツォ」という意味を込め、ロレンツォ・イル・マニフィコとも呼ばれている。