ウォーキング・デッド シーズン2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

イントロダクション

放送予定

番組表
  • この番組の放送予定は現時点で未定です。

イントロダクション

  • 『ショーシャンクの空に』監督と『ターミネーター』プロデューサーが贈る究極のパニック・サバイバル・ドラマ!

    ベストセラーのアメコミ"The Walking Dead"原作。監督はアカデミー賞ノミネート作品『ショーシャンクの空に』のフランク・ダラボン。製作陣には『ターミネーター』のゲール・アン・ハードが名を連ねる。“ウォーカー”と呼ばれるゾンビがはびこる黙示録的なアメリカで、昏睡から目覚めた保安官リックは、ついに家族と再会。リックら生存者たちは、安住の地を見つけ出せるのか!?

    シーズン1では、アトランタ市内の病院で昏睡状態から目覚めた保安官のリックが、”ウォーカー”と呼ばれるゾンビの群れから逃れ市外の空き地で生活していた妻や相棒のシェーン達とどうにか合流する。しかし、彼らの存在はウォーカーに嗅ぎ付けられ、仲間は次々と犠牲になる。追い詰められたリックたちは、残された唯一の希望を胸に、治療薬を開発していると噂される市内の免疫対策センター(CDC)にたどり着くが、そこには絶望の淵に瀕したジェンナー博士が残っているだけだった。そして自爆装置が作動し、爆発寸前に脱出したリックたちは、壊滅したCDCを後にする…。

    シーズン2では、リックたち生存者が、新たな救いの地を求めて再び前に進んで行く。彼らはアトランタを離れ、この先何処へ向かうのか…?そこに待ち受ける運命とは??



    ★見どころ★

    ① エミー賞、ゴールデン・グローブ賞などに続々ノミネート!批評家からの注目度も高い!
    2011年1月に開催された第68回ゴールデン・グローブ賞ではなんとドラマ部門作品賞にノミネートされたヒット作であり、2011年8月に開催された第13回ティーン・チョイス・アワードでも“Choice TV: Breakout Show”部門にノミネート。そして、続く第63回エミー賞では、メイクアップ賞(人工装具)、音響効果賞、視覚効果賞の3部門にノミネートが決定している!その他にも数々の賞レースにて注目を集める、評価の高い超話題シリーズ!

    ≪速報!!≫ 本年、第63回エミー賞にてグレッグ・ニコテロ(特殊メイク)がメイクアップ賞を受賞!(受賞エピソード:シーズン1第1話「目覚めの朝」)


    ② 大人気アメコミの実写版、シーズン2も期待大!
    原作は人気作家ロバート・カークマンによるアメコミ"The Walking Dead"。2003年から今も続いているロングセラー作品。モノクロで描かれた独特なアメコミの世界を、本作では独創的な映像でテレビドラマ化!好評のシーズン1に続き、ドラマならではの世界観が形成され、シーズン2にも大いに期待が寄せられている!


    ③ ハリウッド豪華製作メンバーが集結!
    監督兼プロデュースは、映画『ショーシャンクの空に』や『グリーンマイル』でアカデミー賞にもノミネートされた鬼才監督フランク・ダラボン。製作総指揮には『ターミネーター』や『エイリアン』で有名なゲール・アン・ハード。そして、脚本は、「デクスター~警察官は殺人鬼」でエミー賞を受賞したチック・エグリーなど、強力な製作陣が集結。
    主人公の保安官リック役は、『ラブ・アクチュアリー』などに出演の実力派イギリス人俳優アンドリュー・リンカーン。リックの妻ローリ役は「プリズン・ブレイク」のサラ役でお馴染みのサラ・ウェイン・キャリーズが演じる!


    ④ パニック・サバイバルながら、ヒューマンドラマの側面も備える深みあるストーリー!
    本作では、“ウォーカー”と呼ばれるゾンビ達と戦う以上に、生き残った人間同士の様々な葛藤や過酷な生活を通して、生きるための「愛、強さ、責任感、セルフコントロール」をしっかりと描写する事も忘れない!現代文明と現代社会の安全が破壊された世界で、果たして生存者達は理性を維持し、確固たる人間性を保てるのか?

    原題:The Walking Dead