B級軍人ブラザーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

エピソード

各エピソードには「ネタバレ」が含まれている場合がございます。
注意してご覧ください。

  • 第1話 兄の左遷帰国(Pilot)

    ピート・ヒル軍曹は上官に暴力をふるい、アフガニスタンからアメリカ本土のフォート・マクギーへと転属させられる。そこで弟2人を含む問題兵士ばかりを集めた小隊の指揮官として、後方支援業務に就くことに。最初の任務は駐留兵家族の飼い犬の捜索と、イタリア兵との演習。雑用もどきの任務に辟易するピートは、部隊を鍛えて演習に臨むことに注力する。やる気のない隊員たちに手を焼きながら、ついに演習当日を迎えるが…。
  • 第2話 不運を愛せ(Rear D Day)

    ネットにアップされた“おバカビデオ”が曹長の目に留まり、隊員たちとの悪ふざけが露見したピートは、残留家族であるロドニーの手伝いを命じられる。一方、ペレス軍曹は昇進を目指して曹長に相談するが、逆に娘の相談を持ちかけられてしまう。リアDの任務に前向きに取り組み、二度とキレないと宣言したピートは、父親の威厳を取り戻そうとするロドニーのわがままに付き合い奔走するが、要求はさらにエスカレートして…。
  • 第3話 ピートの隠れ家(Pete's Airstream)

    隊員たちにしつこくつきまとわれ、気の休まる暇がないピートは、ランディからの同居の申し出を機に、兵舎を出てトレーラーハウスに引っ越す。一人きりの時間を満喫するピートだったが、親睦を深めたいという隊員たちの熱意に押され、新居への訪問を許してしまう。しかし次々と交代でトレーラーを訪れる隊員たちや弟にうんざりし、さらには新居祝いのパーティーまで勝手に開かれ、ピートの我慢はついに限界を迎える。
  • 第4話 パレードの主役(Parade Duty)

    パレードの日が迫り、曹長は町の問題児対策に頭を悩ます。ピートの小隊には道路のフン掃除の任務が割り当てられるが、憤慨するピートは隊員たちのやる気を刺激し、パレードでの行進を目指して厳しい訓練を行う。しかし努力も空しく、行進担当はペレス軍曹の小隊に決まる。パレード当日、ピートは急きょ議員の代役を務めることになり、隊員たちにフン掃除を任せる。町の問題児たちもおとなしく、何もかも順調に見えたが…。
  • 第5話 別れ話にご用心(Brothers & Sister)

    基地に慰問ショーがやって来るが、その責任者はピートの元カノのジニーだった。戦地に赴任後、ピートは彼女への連絡を一方的に絶ち、恋人関係は自然消滅していたが、ペレス軍曹の助言で謝罪、2人はよりを戻すことになる。一方デリックはランディなしでも女性を口説けると言い出し、バーテンのエリンに助言をもらってナンパに精を出すがうまくいかない。曹長はショーで披露する歌に備えて隊員たちと作戦を練るが…。
  • 第6話 ランディよ銃をとれ(Randy Get Your Gun)

    毎年恒例の射撃試験でランディが部隊で唯一の不合格者となってしまう。落ち込むランディを心配したデリックは、再試験での合格に向けランディの特訓を開始する。一方、ピートとペレス軍曹は同点で首位となり、どちらが上か決着をつけるため様々な種目で勝負を繰り広げる。しかし、そんな2人の様子は、はたから見ると仲よくイチャついているようにしか見えない。果たしてランディの再試験と2人の勝負の行方やいかに。
  • 第7話 コイン奪還大作戦(Vets)

    “兵役感謝の日”の休日、ヒル三兄弟は朝鮮戦争の復員兵3名の基地内ツアーを命じられる。ところが復員兵たちはツアー中に軍用車を盗んで逃走、3人は町へ捜索に出かける。行きつけのバーで復員兵たちを見つけた3人は、亡き同僚のため、海兵隊に奪われた部隊コインを取り戻そうとする彼らの計画に協力することに。一行はコインがあるという海兵隊のバーへ向かうのだった。そんな中、デリックはエリンが子持ちであることを知る。
  • 第8話 仁義なきイタズラ戦争(Prank War)

    基地で恒例の“イタズラ週間”が到来。さっそく小隊旗を盗まれたピートたちは、ペレス軍曹の兵舎に侵入し、旗の奪還を試みるも返り討ちにされてしまう。デリックとランディは、暴力でやり返すことしか知らないピートにイタズラのいろはを教えることにする。一方、士官学校を卒業したばかりのシュニーバーガー少尉が曹長の指導にやってくる。隊員たちよりも年下だが階級を笠に着て尊大な態度を取る彼に対し、曹長の不満は募り…。
  • 第9話 将軍、来訪す(General Inspection)

    マレー将軍による基地の視察が行われることになった。尊敬する師の来訪に、曹長はピートとペレス軍曹をたきつけ、視察の準備に取り組ませる。ピートは隊員たちの禁制品を没収し、基地の清掃を命じる。一方、ペレス軍曹は将軍御用達のスナック菓子の補充を任され、ランディと共に買い出しに向かう。視察当日、意気揚々と整列した隊員たちに、少尉から視察中止が告げられる。期待を裏切られた曹長は自暴自棄になり…。
  • 第10話 涙の再会(Homecoming)

    毎年恒例の海兵隊とのアメフト対決の日が迫った。曹長は敵将との賭けに勝つべく、元選手のピートをQBに据える。一方デリックは、エリンの息子サムの誕生日にサムの父親を戦地から呼び戻すと約束。ランディの提案で、アメフトのイベントの一環として感動の再会を演出することになった。ところが当日になってもサムの父親は現れず、試合も海兵隊に大差をつけられてしまう。果たして曹長の賭けと、再会の行方は…。
  • 第11話 脅威の最新兵器(Paint Cart 5000 vs. the Mondo Spider)

    ペンキ塗りの任務を与えられ、改造カートで意気揚々と作業に取りかかるピートたち。そんな中、シュニーバーガー少尉が最新のクモ型ロボットのテスト参加者を募る。参加を切望する隊員たちのため、ピートはしぶしぶ少尉に頭を下げに行く。その頃デリックは、曹長の依頼で彼の肖像写真を撮っていた。退屈な撮影にうんざりし、曹長に不満をぶちまけるデリック。やがて迎えたテスト当日、隊員たちを待ち受けていたものは…。
  • 第12話 恋する3連休(Army Men)

    3連休を与えられた隊員たち。ランディとピートはレンジャーになるための訓練に参加する。しかし、そこにペレス軍曹も参加することが判明。恋愛感情が芽生えていたランディは戸惑ってしまう。一方、デリックは恋人のエリンと休日を過ごす。エリンの自宅では最近よく物が壊れ、そのたびに元夫が修理にやってきていた。2人がよりを戻すことを恐れたデリックは、隊員たちの力を借りて彼女にアピールしようと考える。
  • 第13話 マクギー基地よ永遠に(Alive Day)

    毎年恒例の連隊舞踏会が近づき、士気が上がるマクギー基地。そんな中、ランディはピートが戦地で危うく死にかけた“生存感謝の日”をケーキで祝う。一方デリックは、引っ越しを決めたエリンとの最後の思い出に舞踏会に誘おうと計画していたが、結局ケンカ別れしてしまう。さらに曹長の勤続30周年を祝うはずだった舞踏会が経費削減のため中止に。意気消沈する曹長のため、ピートは自分たちの手で舞踏会を開こうと計画する。