アトランタ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

エピソード

各エピソードには「ネタバレ」が含まれている場合がございます。
注意してご覧ください。

  • 第1話 ペーパーボーイ(The Big Bang )

    アーンはヴァンという元恋人との間に幼い娘がいる黒人の青年。彼はプリンストン大学の学生だったが休学し、ヴァンの部屋に身を寄せつつ歩合制の仕事をしながら暮らしていた。思うように稼ぐことができず金欠に悩むアーンは、ヴァンに家賃を支払うよう言われ途方に暮れる。彼が職場で仕事をしていると、同僚が彼にあるラッパーの映像を見せる。その話題になっているというラッパーはアーンのいとこで、映像を見た彼は驚くのだった。
  • 第2話 危機の隣で(Streets On Lock )

    発砲事件を起こしたアーンとアルフレッドが、逮捕されて留置場へと入れられる。アルフレッドは保釈金を納付しアーンより早く釈放されるが、アーンは警察のシステムの都合で保釈金をすぐに納付することができず、しばらく留置場へ残ることに。初めて逮捕された彼は、様々な罪で留置場へ送られた人々と奇妙な時間を過ごすのだった。釈放されたアルフレッドは、逮捕されたことにより自らの名がさらに世に知れ渡ったことを実感する。
  • 第3話 怪しい男と怒れる女(Go for Broke )

    保釈金を元恋人のヴァンに払ってもらい、留置場を出たアーン。歩合制の仕事で稼げないと嘆く彼がアルフレッドに職業を聞くと、アルフレッドは麻薬の売人だと告げる。ラップで共に成功したいと考えるアーンは、アルフレッドの言葉に戸惑うのだった。そんなアーンがヴァンの部屋で彼女と顔を合わせると、ヴァンは不機嫌な態度を見せる。逮捕されたことが原因だと考えた彼は、ヴァンの機嫌を取り戻すために彼女をデートに誘う。
  • 第4話 ストライサンド効果(The Streisand Effect )

    アーンとアルフレッドがクラブの駐車場にいると、ザンという男が彼らに声をかける。ザンは、ネット上に様々な動画を投稿し人気を集めている男だった。彼はアルフレッドの音楽を称賛するが、自らを写真家と名乗るその怪しい男にアルフレッドたちは警戒する。翌日、アーンはダリウスと一緒に質店へ出向く。金欠に悩むアーンが新品の携帯電話を売ろうとすると、ダリウスはなぜかその店で見つけた刀をアーンに買うよう勧めるのだった。
  • 第5話 J・ビーバー(Nobody Beats the Biebs )

    青少年支援活動の一環として開かれるバスケットボールの試合に出場するアルフレッド。MVPを目指してやる気満々の彼は、会場入りするジャスティンという男の姿を目撃する。ジャスティンはやんちゃな性格が人気の歌手で、彼も試合に出場するために会場に来たのだった。アルフレッドに同行していたアーンは、ある女性に呼び止められる。違う名前で声をかけられたため人違いだと感じつつも、その女性の話に耳を傾けるアーンだった。
  • 第6話 私の価値(Value )

    レストランの席で1人、誰かを待っているかのように見える女性がいる。彼女はヴァンの友人のジェイドで、久々に故郷のアトランタに戻ってきたばかりだった。しばらくするとヴァンが現れ2人は再会を祝う。しかし、どんな話題になってもヴァンを見下すような態度をちらつかせるジェイドに、ヴァンはいらだち、最後にはレストランを出てしまう。駐車場にいるヴァンを見つけたジェイドは彼女に謝り、仲直りを試みようとするのだった。
  • 第7話 人種転換(B.A.N. )

    アルフレッドがテレビ番組に出演する。政治や社会問題について討論する番組で彼はラッパーとして招かれていた。“多様な性に対する容認と黒人の文化”をテーマに女性学者と意見をぶつけ合うアルフレッド。司会者は、彼が性転換者に嫌悪感を抱いていると指摘する。その一方で、女性学者は彼の歌詞に性的な多様性が認められると主張。また番組には、自らの人種に違和感を覚えるという若者が登場し、番組に悩みを打ち明けるのだった。
  • 第8話 VIP(The Club )

    クラブにゲストとして招待されたアルフレッド。VIP席でアーンたちと飲むが、NBA選手のいる別のVIP席のほうが盛り上がっていることが気になり、人気ラッパーを自負している彼は納得がいかない。アルフレッドのマネージャーであるアーンは、クラブのオーナーの男から報酬を受け取るために彼を見つけようとする。しかし、オーナーはアーンと顔を合わせても、すぐに姿をくらますのだった。そんな彼にアーンは不信感を募らす。
  • 第9話 奴隷解放記念日(Juneteenth )

    アーンとヴァンが、奴隷解放記念日のパーティーに出席する。パーティーのホストは白人男性のクレイグと、その妻である黒人女性のモニーク。アーンとヴァンは夫婦を装い、彼らの豪邸を訪れるのだった。職を失ったヴァンの目的は、モニークの幅広い人脈を通して新たな職を得ること。アーンも彼女に協力し、よき夫を演じようとするが、ホストの2人や出席者たちの気取った態度に戸惑い、居心地の悪さを痛感させられるのだった。
  • 第10話 青い上着(The Jacket )

    散らかった部屋で目を覚ますアーン。そこはヴァンやアルフレッドの家ではなかった。前夜に知人の家で、アルフレッドやダリウスたちとパーティーをし、アーンはそのまま朝を迎えたのだった。目覚めた彼は、上着がなくなっていることに気づく。知人に聞いても上着を見ていないと言われ、前夜に行ったストリップクラブに忘れたと思った彼は、再びそのクラブを訪れる。しかしそこにも上着はなく、アーンはアルフレッドの元へと向かう。