アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル

アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル
アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル
アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

エピソード

各エピソードには「ネタバレ」が含まれている場合がございます。
注意してご覧ください。

  • 第1話 危険なチェックイン(Checking In)

    スウェーデンから2人の旅行者がホテルを訪れる。案内された部屋に入ると悪臭がひどい。どうやらベッドから臭いがするようだ。たまらずベッドを調べる2人だったが… 刑事のジョンはある事件現場を訪れ、裸の男女がベッドで悲惨な姿になっているのを目撃する。女性は胸を突き刺され、男性は目をくり抜かれ、舌は切られている。すると何者かがジョンに電話をかけてきて言う。「同じことをもう一度やる」と。
  • 第2話 明かされる秘密(Chutes and Ladders)

    しばらくホテル・コルテスに住むことになったジョンは消えた息子のホールデンを見かける。さらに警察署には、なぜかホテル・コルテスからジョン宛てに小包が届く。ホテルの新オーナーであるドレイクはホテルでファッションショーを開催する。ドレイクの息子 ラクランはスカーレットと仲良くなり、ホテルの秘密の部屋へ案内する。一方、ファッションショーで型破りな行動が目立ったモデルのトリスタンに伯爵夫人が目を付ける。
  • 第3話 溺愛する母(Mommy )

    ホールデンを失ったアレックスは今でも息子を忘れられずにおり、娘のスカーレットがホールデンを見たと言い出したことが、母親である彼女をさらに追い込んでいく。一方、ドノヴァンが伯爵夫人に捨てられたことを知ったアイリスは、息子とこのホテルを出て新たな生活が送れると喜ぶ。しかしドノヴァンはそんな母親に嫌気が差し、「死ね」と言い残してホテルを出て行ってしまう。ショックを受けたアイリスは自ら命を絶つことを選ぶ。
  • 第4話 悪魔の晩餐会(Devil's Night )

    ヘイゼルはハロウィーンの前夜“デビルズ・ナイト”に備えて準備を進めていたが、この時期に息子を失ったことで不安定になるとジョンに打ち明ける。ホテルにはマーチの訳ありな招待客が集まってくる。自分も招待されていることを知らされたジョンは、指定の部屋を訪れ、招待客が何者かを聞かされる。アレックスは遂にホールデンと再会し、家に連れて帰るが、息子の様子がおかしいことに気づき、真相を知るべく再びホテルに出向く。
  • 第5話 血塗れのルームサービス(Room Service )

    ドノヴァンはラモーナの家に出向き、伯爵夫人に復讐しようと持ちかける。
    ジョンはマーチが捜査中の連続殺人事件の犯人だと考え、ホテルを捜索すべきだと訴えるが、精神的な問題があると判断され免職されてしまう。永遠の命を得て絶望的になるアイリスはリズに励まされて自分を取り戻し、何とか前向きに生きようと決意する。アレックスはホールデンの傍にいるために伯爵夫人に仕え、子供たちの世話をすることに同意するのだった。
  • 第6話 33号室(Room 33 )

    アレックスは自分と息子のことを夫に隠そうとするが、そのことでジョンはさらに自分がおかしくなっていると感じ、自暴自棄になる。ラモーナは復讐のために33号室に侵入する。伯爵夫人への気持ちを断ち切れないドノヴァンは、ホテルにとらわれて戸惑うアグネッタとヴェンデラに、1つのサイクルから抜け出すには目的が必要だと助言する。初めて本気で愛する人に出会えたリズは、伯爵夫人に打ち明けて許可をもらおうとするが…。
  • 第7話 奪われた時間(Flicker )

    十戒事件の容疑者の収容先を知ったジョンは、自分が治療を受けると見せかけて入院することに成功する。ホテル・コルテスの改装作業中に一画を塞いでいた壁を取り外すと、中は異様な雰囲気が漂っていた。伯爵夫人は女優を志していた頃、映画スターのヴァレンチノと妻のナターシャと知り合い、親密な関係になっていた。だがヴァレンチノの訃報を聞き、失意の中でマーチと結婚。欠かさず墓参りをする伯爵夫人の前に2人は再び現れた。
  • 第8話 十戒事件の殺人魔(The Ten Commandments Killer )

    ジョンは十戒事件の犯人がホテル・コルテスにいると知り、リズに居場所を教えろと詰め寄る。サリーに意外な所へ案内され、次第に事件と犯人の真相が明らかになっていく。一方、ジョンは初めてコルテスを訪れた時のことを思い出し始める。自宅でアレックスとの生活を維持しながら、ホテルでジェームズ・パトリック・マーチとの交流やサリーとの関係を続ける二重の人生を送っていたのだった。
  • 第9話 復讐と陰謀(She Wants Revenge )

    伯爵夫人は最愛のヴァレンチノが閉じ込められていたと知って怒りに震えるが、新たな出発のために着々と準備を進めている。伯爵夫人の元に戻ったドノヴァンは彼女への思いをさらに強める。ラモーナ・ロワイヤルは自分のつらかった過去を語った後、伯爵夫人に復讐するために、ドノヴァンの誘いに乗ってホテル・コルテスに出向いていく。ウィル・ドレイクはエバースから結婚はやめた方がいいと忠告されるが聞く耳を持たなかった。
  • 第10話 溢れる憎悪(She Gets Revenge)

    トリスタンを殺され、復讐を企むリズは伯爵夫人を殺す計画を練る。しかしそれは自分の命を懸けた戦いになるはずだ。彼女には死ぬ前にどうしてもやりたいことがあった。ドノヴァンは伯爵夫人に再び受け入れられたと喜ぶ一方で、本当に彼女が愛しているのは別の男だと悟り、激しく嫉妬する。アレックスは自分の血を分けたマックスと彼の友達たちが騒ぎを起こしていることを知り、ジョンに助けを求める。
  • 第11話 バトル・ロワイヤル(Battle Royale )

    復讐を目論むリズとアイリスは伯爵夫人の部屋へ押し入り、銃を撃ちまくる。そして新たな客として魔女の血を引くクイニーがホテル・コルテスを訪れる。一方、ジョンは姿を消した家族を取り戻すため、再びホテルに戻るはめになる。そして十戒を完成させれば家族を返すというマーチの言葉を信じ、最後に残っていた十戒の1つ“殺すなかれ”を象徴する人物を探すことに。
    そこでジョンが選んだ最後の犠牲者とは…
  • 第12話 血の歴史、再開(Be Our Guest )

    リズとアイリスは新たなオーナーとしてホテル・コルテスの経営を始める。
    しかし相変わらず客を殺してしまう幽霊たちに手を焼いた2人はある作戦に出る。さらにリズはトリスタンと話すために女性霊能者と接触する。霊たちの声がやまないホテルに霊能者は興味を深め、内情をより探ろうとする。それを快く思わないジョンは彼女を悪霊のパーティーへ招待する。彼女にとって恐ろしい夜が始まろうとしていた。