アジアズ・ネクスト・トップ・モデル シーズン4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • この番組の視聴方法

エピソード

各エピソードには「ネタバレ」が含まれている場合がございます。
注意してご覧ください。

  • 第1話 宙に浮かぶ女(THE GIRL WHO HAD NO BED )

    トップモデルを目指して14人の女性達が競う米人気オーディション番組のアジア版。最初の課題のウォーキングを終えた直後、早くも衝撃の発表が言い渡される。続く写真撮影では、宙吊りの透明な球体の中でポージング。恐怖からパニックに陥る者も現れ、候補者たちは初回から難易度の高い課題に翻弄される。今シーズンからは得点の一番低い者が脱落するというスコア制を導入。闘志と度胸で高得点を獲得し、頭角を現すのは誰か?
  • 第2話 弾みをつける女(THE GIRL WHO BOUNCED BACK)

    一流モデルを目指して女性達が競う米人気オーディションのアジア版。今シーズンからスコア制が導入され、課題と写真撮影の総合点で脱落者が決まる。今回のテーマはトランポリン。ライバルが余裕で宙返りを披露する中、足首を痛めて、最下位の危機に立たされる者も。写真撮影では、トランポリンで跳びながら空中でポーズをとるという難題に挑戦。絶妙なバランスとタイミングと表情で高得点を出すのは誰か?そして2人目の脱落者は?
  • 第3話 新しい髪の女(THE GIRL WHO GOT CUT )

    候補者たちは恒例のイメチェンで新しい髪型に変身する。しかし中には変化を受け入れられない者も。新しいヘアスタイルで12人が挑むのは、モデルの名刺代わりとなるコンポジット・カード用の写真撮影。ポーズだけでなく、ヘアアレンジや完成写真を選ぶセンスも試される。ところが、撮影を前に1人が体調を崩して病院へ運ばれてしまう。果たして撮影に復帰できるのか?変化を味方に飛躍するのは、そして変われずに自滅するのは誰?
  • 第4話 風に吹かれる女(THE GIRL WHO CRASHED AND BURNED)

    11人は不安定なパドルボードの上でヨガに挑戦。候補者たちはバランスを崩して次々と水に落ち、最後は2人の一騎打ちとなる。続く自動車の宣伝写真撮影では、スピンする車をバックにポーズをする。恐怖にすくむことなく、ドレスをうまく風になびかせ大胆なポーズを決められるかが鍵となる。審査では、満場一致で高評価を受ける者もいれば、厳しい審査員の叱責に動揺し涙を流す者も。脱落者の発表ではシンディが異例の決定を下す。
  • 第5話 NYへ羽ばたく女(THE GIRL WHO WENT TO THE BIG APPLE )

    タイの新進デザイナーによる衣装をまとい、ポーズをとったまま30分間静止しマネキンになりきる候補者たち。微動だにしない美女たちに、人々も思わず足を止める。続く写真撮影のテーマは、美しさと聡明さと個性を兼ね備えた「イットガール」。候補者たちは超大物スタイリストの登場に浮き立つが、グループ写真としての調和を保ちつつ個性を見せるのは簡単ではない。苦戦の末に、憧れの大舞台への招待という特典を手にする勝者は誰?
  • 第6話 見放された女(THE GIRL WHO FELL OVERBOARD )

    候補者たちは、テーマカラーでのトータルコーディネート対決に挑む。勝者への特典に加え、家族と離れて気丈に戦い続ける候補者たちにうれしいご褒美が…。川を下る遊覧船での写真撮影では、容赦なく飛ぶユー・ツァイの怒号を浴び、候補者たちはまたもや苦戦を強いられる。そつなく乗りきればアジア各国で有名になるビッグチャンスをつかめるが、委縮して力を発揮できない者も。さらに審査では撮影中の出来事が波乱に発展する。
  • 第7話 輝く笑顔の女(THE GIRL WITH THE DIAMOND SMILE )

    戦いもいよいよ後半へ突入。候補者たちはイケメン俳優とのロールプレイに挑み、相手の笑顔を引き出そうと奮闘。さらに写真撮影では、恋人同士という設定で男優とペアでの撮影に挑む。評価のポイントは、人を魅了する自然で美しいスマイル。しかし初対面の男性と密着しながら本物の恋人同士のような親密さを表現し、輝くような笑顔を見せるのは簡単ではない。苦戦した揚げ句、現場で泣き出した候補者に、指導者のユー・ツァイは…。
  • 第8話 人の心をつかむ女(THE GIRL WHO DROVE INTO THE SPOTLIGHT)

    候補者たちは一流ブランド3社へ“顔見せ”に出発。評価のポイントは個性、プロ意識、表現力。各社のモデルとして実際に起用されるチャンスだけに意気込む6人だが、熱意が空回りしてしまう者も。続く自動車のプロモーション・ビデオの撮影では3テイクしかチャンスがない上、以前候補者を激しく叱責した自動車ディーラー社長が現場に現れる。厳しい視線に候補者たちの緊張は高まる。そして審査では驚きの結果が発表される。
  • 第9話 限界と闘う女(THE GIRL WHO SANK WITHOUT A TRACE )

    候補者6人は、激しい筋トレの直後にランウェーを歩く課題に挑戦。涼しい顔でウォーキングをこなした勝者は至福のご褒美を獲得する。スキンケアブランドの写真撮影ではシーズン3のファイナリストが登場。しかし喜びも束の間、候補者たちは冷たい水を顔に浴びせられながら水着でポーズをするという、精神的にも肉体的にもハードな撮影に苦戦し、ついに1人が音を上げてしまう。審査では、体の露出に関して審査員同士の意見が対立。
  • 第10話 つまずく女(THE GIRL WHO TRIPPED AND FELL )

    シンディとケリーにウォーキングのレッスンを受け、クセなどを細かくチェックされた5人。ヘアケア製品の宣伝写真の撮影では、ランウェーの上でヘアスタイリストに髪をセットされる間、髪の美しさを前面に出したショットを撮影する。もちろんウォーキングも評価対象。ところが、ある者はドレスのすそにつまずき、またある者はショーで絶対にしてはならない重大なミスを犯してしまう。わずかなミスが命取りとなり脱落するのは誰?
  • 第11話 表紙を飾る女(THE GIRL WHO HAD IT COVERED )

    SNSで効果的に自分をアピールするコツをカリスマブロガーから伝授された4人。課題では、シンガポールの観光スポットであるセントーサ島をペアで周り、自分たちで広報用の写真と動画を撮影する。続いて憧れのファッション誌の表紙撮影に挑戦。それぞれに与えられたテーマを完ぺきに表現しようとしのぎを削る候補者たちに、またもユー・ツァイの怒号が激しく飛ぶ。トップ3入りを果たすのは誰か。かつてないほどの接戦の結果は?
  • 第12話 決勝へ進む女(THE GIRLS ON THE ROAD TO THE GRAND FINALE )

    最後の決勝進出者が発表され、ついに優勝候補3人が明らかに。最終決戦を控えた3人は、指導者ケネスが投げかけるさまざまな質問に思わず本音を吐露。シンディやケリー、ユー・ツァイら審査員も、今までの道のりを振り返り、思いを語る。候補者が一番苦しんだ課題は何か?仲間との関係は?頻繁に意見を戦わせる審査員たちはお互いをどう思っているのか?今まで明かされなかったそれぞれの心の内を、未公開シーンを交えて紹介する。
  • 第13話 栄冠を勝ち取る女(THE GIRL WHO WALKED AWAY WITH EVERYTHING )

    興奮と緊張を隠せない3人の前に、思いがけない訪問者が現れる。最後の戦いは、近未来的オートクチュールでの写真撮影、そしてファッションショー。喜びの再会と憧れの指導者からの応援メッセージに力を得た3人は、著名人をはじめ大観衆が見守る中、いよいよ最終決戦に臨む。優勝にふさわしいのは、緊張にも奇抜な衣装にも負けず、光る個性を堂々と発揮できる者。シーズン4のアジアズ・ネクスト・トップ・モデルの座に輝くのは?